【倭国】本日の倭国大行商にてあの商品が登場!

こんにちは、FLIPPYです。

さて、本日(1月23日)22時よりスカラブレイで開催される倭国大行商に、出店いたします。

本来は探偵リヒトシリーズ第三巻を発売するつもりで、先週製本に精を出しておりましたが、それは倭国支店オープンに持ち越しまして、急遽「BRITANNIA 孤島大辞典 -2016年倭国版-」を販売させていただくことにいたしました。

内容はこちらの記事をご覧下さい。

ただ、手持ちの資材などの関係上、今回は10セットのみの販売となりますので、売り切れの際はご容赦下さい。

それではスカラブレイでお会いいたしましょう!

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

 

 

 

【倭国】第3回短文館コンテスト「メリークリスマス★ブリタニア」に参加!

こんにちは、FLIPPYです。

さて現在、倭国Yewゲート近くのイベントホールでは、Moonglow首長による第3回短文館コンテストが開催されております。

作家のNaominがひっじょーに多忙で、とてもクリスマスのあたたかい物語など考えられる状況ではなく、直前まであきらめムードでしたが、前回最優秀賞をいただいているのにこのままスルーしてしまうのは、当BOOKSHOPの倭国進出を目論む現状、実によろしくありません。なんとか締切前日に一念発起させるべくNaominの頭をひっぱたいたところ、とてもクリスマスストーリーを考えているとは思えない怒りのテンションで、一気に作品を書き上げてくれました。ワタクシの編集、校正、製本作業もなんとか完了し、無事投稿することが出来、ホッとしております。

で、展示が開始されましたが、なんと17作品もの作品がずらりと並んでおります!

わお

わお

で、当書店の専属作家、Naomin先生の作品はと言えば……一番右上の角。

うーむ。

作品数の多さと相まって、ここまでたどり着かない人も多いような気がしないでもありませんねw。

まあ、投票数はともかく、出来るだけ多くの方に読んでいただきたいものです。

ワタクシも素晴らしい作品達を読み始めます。

NS000246

なんとも読み応えのある作品が揃っております。

テーマが「メリークリスマス ブリタニア」だというのが、ミソですね。

そう。

心温まるクリスマス。

恋人達のクリスマス。

そんな色とりどりのステキなクリスマスストーリーにあふれています。

 

そして

は? くりすます? 何ソレ? 爆発しろ!

……的な勢力からの作品もこっそり紛れ込んでいたりして、なかなかに面白いです。そういう作品一作だけならアレですが、たくさんの作品の中にこういう傾向の作品があると、よいスパイスになって楽しいものですね。

とにかく今回は、うちの作品の評価を見るのは怖い反面、読む側としてはとても贅沢な思いが出来そうです。

主催のTakky首長、本当に有り難うございます。

なお、展示・投票は12月26(土)24時まで、表彰式は翌27日(日)22時からとなっております。ともに会場はTユーゲートから南に徒歩すぐのイベントホール「Event Facilities Of Yew Governor」です。

作品数の割に、展示期間が短いので、ぜひぜひお早めに読みに来てくださいね!(そして何とか右上までたどり着いてください……)

 

 

第26回倭国大行商 in Vesper に出店予定!

こんにちは、FLIPPYです。

さて、本日投票締切の「第二回ムーングロウ短文館」ですが、皆さまもう投票はすまされましたか?

ワタシに限らず、おそらく参加者の皆さまも投票はもちろんのこと、感想を書き込んでいただけることを心待ちにされているのではないかと思います。まだの方はYewゲートから南にすぐのイベントホールへGO! ちなみに明日が結果発表ですよ~!

Yewゲートから南へすぐ!

Yewゲートから南へすぐ!

それはさておき、今日は倭国大行商ですね。

こんなステキな本イベントに参加しておきながら、大行商に出店しないなどあり得ない。

ということで、現在製本作業を急ピッチで進めております。

製本係長の作業風景

製本係長の作業風景

以前の大行商で探偵Lichtシリーズの第一巻を発売しましたので、今回は第一巻と第二巻をひっさげてはせ参じようと作業をしております。

……でも、間に合わない可能性もなきにしもあらず。

大行商にお越しの皆さま、冷やかし歓迎ですので、どうぞ立ち寄ってくださいね!

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

 

【倭国】短文館コンテスト – 会場に聖地巡礼ルーン設置

こんにちは、FLIPPYです。

さて、個人的に異様に盛り上がっている、倭国第二回短文館コンテストですが、主催のMoonglow首長、Takkyさまの計らいで、各作品の聖地(登場する場所)を巡るルーンが会場に設置されました。

うちの本屋がメインで販売している探偵Lichtシリーズには、現場検証ルーンなる物が付属しておりますが、これにはいくつか意味がありまして、まずは当然、推理の楽しみをアップさせるため。そして次は文章量を削るため。……推理物で、読者の方が推理できる程度に場所の描写をすると結構詳細に書かないといけないんですよね。

で、もうひとつが「ブリタニアの世界を楽しんでもらうため」です。

たぶん、うちの作品のルーンに登録している場所は、皆さんが行ったことがない場所ではないでしょう。でも、普通の民家、お店などをじっくり眺める機会はそう多くはないはず。でも、この世界は普通に暮らして色々眺めて、すんでいる人たちのことを妄想したりすることで、より一層深く楽しめるのではないでしょうか? だからいろんな設定を勝手に作って読者の方を現地に誘うことでより一層この世界を好きになってほしいと思い、ルーンをつけてみたのです。

いきなり話がこっちのことになってしまいましたが……。

今回の聖地巡礼ルーン。

SS001422

 

行き先は全ての投稿作品に登場する場所を網羅しているので、それだけでもムーングロウ探訪の大きな助けになります。が、それだけではなく、それぞれのルーンには場所の解説、その場所が登場する物語とその場所に絡めた作品の紹介文が添えられています。うおみんにも書いたのですが、もうTakkyさんの優勝でいいんじゃないかと思うくらいの労力と出来映えです。

あと、それぞれのルーンのそばには、それぞれの場所を連想させるアイテムが飾られているのもステキですね。

さあ、投票は26日(土)まで、結果発表は27日(日)ですよ!

まだ読んでいない方は、ぜひ会場を訪れて、投票、感想の記入をお願いします!

※ 詳細は「倭国首長通信」こちらの記事から!

 

それにしても……タヌジェラさんの内装コンテストもそうですが、終了後あっさり撤去になってしまうのが残念でなりません! ワタシが主催者だったらなかなか撤去する勇気が出ないだろうな。

まったくもって、首長の皆さまには頭が下がる思いです。

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

【倭国】第2回短文館コンテスト「ムーングロウ・ホラー ~月輝島奇譚~」参戦

こんにちは、FLIPPYです。

さて、なかなかBOOKSHOP支店の本格準備が整わない倭国ですが、このたびMoonglow首長Takkyさまの主催にて、本イベント、第2回短文館コンテスト「ムーングロウ・ホラー ~月輝島奇譚~」が開催されます。

第一回は前首長のKarashNekoさまの主催で開催されたのですが、とても作品を書く余裕がなく参加できなかったので、今回はなんとか……! と思っておりました。本当は、コンテスト形式の場に作品を出すのは(自信がなさ過ぎて)遠慮したいところなのですが、頑張る倭国首長さまのイベントにささやかながら華を添えることができればと思い、決心いたしました。

作品の締切が今日9月6日ということで、昨日一気に書き上げ、先ほど会場ポストに投稿して参りました。やっつけ臭が漂うとか言わないように。

テーマが「ムーングロウ」「怪談」ということで……ムーングロウはともかく、怪談はまったく未挑戦の分野。どうなることかと思いましたが、とりあえず超自然的要素があればOKという方針に甘えまくり、なんとか完成いたしました。

9月9日あたりから展示開始ということで、投票の方針なども不明ですので、自分の作品についてここで述べるのは差し控えますが、ぜひたくさんの方に読んでいただきたいと思っています。

もちろん、他の方の力作を拝見するのが個人的にはとっても楽しみです。

これをきっかけに、倭国支店の準備にも弾みがつけばいいのにな~。

それではまた!

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

 

【緊急告知】本日の「Pop Up Market In Moonglow」にて新刊先行発売!

こんにちは、お久しぶりのFLIPPYです。

いきなりの告知ですが、本日8/10、21時より開催の「Pop Up Market In Moonglow」にて、探偵リヒトシリーズ新刊を緊急発売いたします。

とは言え、おそらくいつものひみつショップ形式で店を構えますので、見つからなかったらごめんなさい。

本日はこの新刊と「BRITANNIA 孤島大辞典」のみ持参いたしますので、他の作品がご希望の場合はお店までお越し下さい。

 

なお、店頭ではまだ最新刊は発売開始しておりません。

だって、ついさっき製本が完了したところなんですもの。

ムーングロウでのマーケットに合わせた、ムングロでの物語になっておりますので、店頭販売開始前に、まずは今日のマーケットでの先行発売とさせていただきました。

 

後日、店頭販売開始に合わせて、作品詳細などはこちらのサイトに掲載させていただきます。

では、みなさまのお越しを、こっそりとお待ちしております!

 

FLIPPY

いただきもの&探偵リヒトシリーズ新刊構想開始

こんにちは、FLIPです。

さぁて。

寂しいお誕生日を過ごした先日でしたが、一週間を経過したところでようやくプレゼントが届きました。

緑

我らがABBの誇る画伯、あんず姫よりいただきました!

わ~~ぱちぱちぱち!

ちなみにもう一人ABBの誇る画伯がいるのですが、そちらからは届いておりません!

まあ、それはよいとして。

なんかワタシの好きな花はなんだとか、いろいろ聞いてきていたあんずっこ。

力作です!

UOきっての貧乏人である彼女ですから、かえってモノでごまかすことが出来なかったのでしょう。その健気さに涙するワタシです。

うん。ホントに嬉しいねぇ。

大事な時期だから、あんまりUOばかりという訳にもいかないでしょうが、まあ気晴らし程度でもインしてくれれば充分ですよ。これからもよろしく!

ちなみに最近UO専用のTwitterアカをとりました。

本アカも普段からそんなに発言はしていないのですが、リアルつながりも多いため、UOネタを話すことがはばかられておりました。いや、別にナイショとかじゃなく、逆にUOの知り合いにあんまりリアルを見せたくないといいますか。

こちらの世界ではワタシはあくまでもFLIPであり、Licht&FLIP Detective OfficeやBOOKSHOPのオーナーなのですから。

で、なぜこんな話をしだしたのかといいますと、そのUO用Twitterアカのアイコンのことが言いたかったからなのです。

これです。

20110420232203

さっきの絵と同じく、だいぶん前にあんずタンが描いてくれたイラストを使っているのです。

簡単な絵ですが、実に良い雰囲気だとは思いませんか?

しっかし、せっかくのアカウントですが、いかんせんフォローする人が見つからない。もちろんワタシの交友範囲の狭さが原因なわけですがね……。

公式とか、お気に入りの方を勝手にフォローして眺めているだけになってしまっております。

まあ、フォローかえってこないと割り切って、いろんなUOプレイヤーさんをフォローしてみよう! 残念ながらワタシにフォローされてしまったみなさんは、せめてブロックしないでくださいませ。お願いです。後生ですから。

 

で、ようやく今回の記事のタイトルの後半のネタに触れるときがやってきました。

構想開始。

もちろん新作です。

ちと番外編のようなものも企画しておったのですが、昨年からの超多忙によりストップしておりました。

そんな中、ここ最近の記事にも書きました通り、多忙さは変わらないにしても、ようやく「物語を考える」といった類いのことに頭が回るようになってきましたわけですが、そうなると、久しぶりでもありますし、ここはうちの主力商品の直球勝負で行くべきではなかろうか? そう思ったのです。

ということで、探偵リヒトシリーズ新刊の構想を本格的に開始しました。

やはりものが推理小説ですので、ネタとプロットをまとめるまでが少々時間のかかる作業になりますが、出来るだけ早く執筆の段階まで進めたいと思います。

もちろん、当店のメイン執筆家であるNaominもすでにアップを開始しております。

また、作業の進捗などご報告したいと思います。

 

FLIP

営業部長兼製本係長の新年初仕事

こんにちは、営業部長兼製本係長のFLIPPYです。

少々なりを潜めておりました当店、および探偵事務所スタッフですが、新年を迎え、気持ち新たに精力的に活動を開始しております。

Naomin先生も、ほったらかしになっていた次回作の準備をようやく本格的に始めるきざし。

Licht探偵もウォーミングアップ……と称して、釣りに行っておりますね。しかし、探偵いるところに事件あり。そろそろ何かが起きそうな気配です。

ガゴ少女のNANAもホームセンターの商品補充や、さらなる職人の高みを目指してドタバタと。

当グループオーナーのFLIPは、各種素材を集めるために狩りへ! ……ゆくために、得物を鍛え直しているようです。

そして、当Licht&FLIP BOOKSHOP店長にして、営業部長兼製本係長のワタクシFLIPPYはと言えば……。

年末には、完売しておりました「BRITANNIA 孤島大辞典」を大増刷! が、すでに現在残り5部となっておりますので、お買い求めはお早めに。

もちろん、当店の主力商品であります「探偵リヒト」シリーズもきっちり在庫を整えて、みなさまのお越しを待っております。

……いやしかし、孤島大辞典の増刷作業は年末のことでした。

では表題の、初仕事とは?

いやまあ、セキュア整理とか、日々のFマジンシア植栽のお世話など、細かいことはしておりましたけれども。

あえて初仕事と銘打つなら……これですかね?

2012UO001051

当BOOKSHOPの入口脇のお庭をWinter仕様に!

……え? 肩すかし?

い……いやまて。この小さなスペースに凝縮された冬模様! そり! トナカイ! そして雪だるま!

そりの上でふんぞり返るは、ミスターパンプキン!

どうです! ステキでしょう!

……え? 内装好きな人ならこんなもんじゃないって?

…………まあ、それは否めますまい。

しかし!

ワタクシはあくまでも本屋さん!

本屋さんにしてはがんばっている! ですよね! ね!

……もうよしましょう。

 

まあそんな感じで、代わり映えのしない当店ですが、お越しいただくみなさまに少しでも季節を感じていただきたく、初仕事に精を出したFLIPPYでした。

とにかく原稿が上がってこないことには、増刷作業くらいしかやることがないのですよ。

すなわち悪いのは作家。

おっと。Naominがこちらを見ている。いや、睨んでいるのでしょうね。あれは。

ではワタクシは仕事に戻るとしましょう……。

 

今年は何冊か新作を発表できるような気がいたします。

きっと。

たぶん。

どうぞみなさま、本年もLicht&FLIP BOOKSHOPをご愛顧下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2013年 お正月
Licht&FLIP BOOKSHOP
店長 営業部長兼製本係長
FLIPPY

探偵リヒトの事件簿 最新作「息づく街–Alive Haven-」完成!

こんにちは……FLIPPYでございます。

はぁ……はぁ……よ……ようやく完成いたしました。

Licht&FLIP BOOKSHOPが贈る、
本格推理小説「探偵リヒト」シリーズ第6弾!

「息づく街 –Alive Haven-」

わ~! ぱちぱちぱち!

まずは画像をご覧ください。

2012UO000424

右上の袋がパッケージ後の状態となります。

えーと。

こらこら、だれですか?

袋の中、本の数を数えているのは?

え?

あの緑の本なんだって? やだなぁ、知らないんだ?

あれはね、ガーゴイル本って言ってね、一冊100ページもあるグレートな本なんだよ。

え? なんでそれが9冊も並んでるのかって?

あははは! バカだなぁ。それは9冊ないとおさまらなかったからじゃないかぁ! あっはっは……。

 

 

 

マジごめんなさい。

いやね? はじめはね、短編を書くつもりだったんです。

気がついたらこうなってしまっていたのです。

 

前作の時も言っていたのですが、そろそろ本当にサイト上でも読める仕組みを考えなくてはなりません。が、当店はあくまでもブリタニアに本店を構える本屋さんです。まずは非難を恐れず……堂々発売です!!

ボリュームが大きいだけに、いつもよりも登場人物も多めでお贈りします!

今回の舞台はそう! リヒトとナオミンが初めてであった街、ニューヘイブンです。

Amser市長からの招待で、久しぶりにニューヘイブンの地を踏みしめた二人を怪事件が襲います。

ニューヘイブンを中心に、新・旧マジンシア、武勇の街ジェローム、そして最高学府ライキューム。多くの街を背景にリヒトとナオミンが大活躍。

長すぎるのは承知の上! でも読んで!

 

またあらためて作品紹介のページは作ります。

とりあえず販売開始の告知と長すぎる事へのお詫びでした!

 

商品案内

探偵リヒトの事件簿 第6作

「息づく街 –Alive Heaven-」

本編 100ページガゴ本 9冊
まえがき・あとがき・登場人物紹介・現場検証用ルーンブック各一冊付属

価格 : 9000gp

 

2012年5月5日 初版

著者 FLIP・Naomin
印刷 FLIPPY
発行者 Licht&FLIP Detective Office
発行所 Licht&FLIP BOOKSHOP

 

よろしくお願いします!

籠もる者、さすらう者

こんにちは、FLIPPYです。

Naominは相も変わらずヘイブンの銀行を臨時の書斎として執筆に励んでいるようです。前作に引き続きなかなか難産のようで、公共施設なのに勝手に缶詰状態になっております。ごはんを食べに行く余裕もないようで、日々みなさまに食べ物や飲み物を差し入れていただきながら頑張っているようですので、完成までもうしばらくお時間をくださいませ。

2012UO000346

↑ 差し入れの豚の丸焼きをもりもり食べつつ執筆に精を出すNaomin先生と、いつも応援してくれるステキ女子・Sさま

 

というわけで、新作発売まではもう少しかかりますので、情報を。

今度の作品が完成していないにもかかわらず、次の企画が水面下で進行中でございます。細かくは申せませんが、探偵リヒトシリーズの番外編もしくはまったく別のものとして発表することになるでしょう。推理小説ではなく、なんていうのかな……難しいのですが、ブリタニアの世界観や歴史に興味がある方には楽しんでいただけるのではないかとワクワクしております。

また、現在他シャードへの書店の進出を目論み中です。

とりあえず現状では飛鳥に店舗付きで進出することを考えておりますが、レンタルベンダーのみでの進出は他鯖についても検討中です。ただ、Sakura以外ではまったくキャラが育っておりませんので前途多難でございます。メインシャードでないことをご理解の上、本屋さん活動をサポートしてやろうという奇特な冒険者さま、ギルドさま、よかったら声をかけてやってくださいませ。

 

ところで、Naominが缶詰状態の今、我らが探偵Licht氏はどうしているのでしょうか?

 

……どうやら自慢の船で、ブリタニア大航海を満喫中のようです。

ブリ近郊の事務所前から出港し、各地の宿に宿泊しながら見聞を広めているようです。

ヘイブンにしばらく寄港したのち、ニュジェルムの豪華な宿の居心地の良さに一週間も逗留し、一路北の果てへ。

2012UO000355

思い立って立ち寄った献身の神殿では自分は誰のために生きているのか、しばし考えにふけり

2012UO000356

北極デシート島では、かの有名なかまくらに……あえて入らず上に乗って叫んでみたり

気ままなものです。

その後東回り航路をとったLicht探偵は、ユーを眺めつつスカラブレイに入港、滞在ののち南下して、現在はジェロームの港に寄港している模様です。まだしばらく時間をかけつつ、このあとは南海に存在する名誉・武勇・謙譲の各神殿を巡り、海上マーケットやヘイブン、マジンシア辺りを周遊ののち、帰途につくつもりのようです。おそらくNaominの執筆が終わる頃には戻ってくるのではないでしょうか?

2012UO000357

↑ なぜかスカラブレイの港でLicht探偵を出迎えるギルドABBのネズミ姫・あんずさん

本当に、事件がないときの探偵ほど、社会不適格な人種はいないものだと、山のように仕事を抱えているワタクシFLIPPYは思うのでした。

 

最後にそんなわたしの近況ですが……え? いらん? いや、まて……まってください。

最後まで読んでください。

 

ギルドABBにも活気が戻ってまいりました。

ネズミ姫ことあんずさまがようやく復調の兆し。やはりあんさまが戻ると活気が出ますね。

もうIRCのお留守番をする生活には疲れたのです。

嬉しかったので、彼女の一族の戦士・のすたる君にちょっと装備を提供してみたり。

 

あとは酒場の復活までこぎ着けることができればいうことなし。

 

以上でした。

それでは新作の完成を楽しみにお待ちくださいね!