【倭国】短文館コンテスト – 会場に聖地巡礼ルーン設置

こんにちは、FLIPPYです。

さて、個人的に異様に盛り上がっている、倭国第二回短文館コンテストですが、主催のMoonglow首長、Takkyさまの計らいで、各作品の聖地(登場する場所)を巡るルーンが会場に設置されました。

うちの本屋がメインで販売している探偵Lichtシリーズには、現場検証ルーンなる物が付属しておりますが、これにはいくつか意味がありまして、まずは当然、推理の楽しみをアップさせるため。そして次は文章量を削るため。……推理物で、読者の方が推理できる程度に場所の描写をすると結構詳細に書かないといけないんですよね。

で、もうひとつが「ブリタニアの世界を楽しんでもらうため」です。

たぶん、うちの作品のルーンに登録している場所は、皆さんが行ったことがない場所ではないでしょう。でも、普通の民家、お店などをじっくり眺める機会はそう多くはないはず。でも、この世界は普通に暮らして色々眺めて、すんでいる人たちのことを妄想したりすることで、より一層深く楽しめるのではないでしょうか? だからいろんな設定を勝手に作って読者の方を現地に誘うことでより一層この世界を好きになってほしいと思い、ルーンをつけてみたのです。

いきなり話がこっちのことになってしまいましたが……。

今回の聖地巡礼ルーン。

SS001422

 

行き先は全ての投稿作品に登場する場所を網羅しているので、それだけでもムーングロウ探訪の大きな助けになります。が、それだけではなく、それぞれのルーンには場所の解説、その場所が登場する物語とその場所に絡めた作品の紹介文が添えられています。うおみんにも書いたのですが、もうTakkyさんの優勝でいいんじゃないかと思うくらいの労力と出来映えです。

あと、それぞれのルーンのそばには、それぞれの場所を連想させるアイテムが飾られているのもステキですね。

さあ、投票は26日(土)まで、結果発表は27日(日)ですよ!

まだ読んでいない方は、ぜひ会場を訪れて、投票、感想の記入をお願いします!

※ 詳細は「倭国首長通信」こちらの記事から!

 

それにしても……タヌジェラさんの内装コンテストもそうですが、終了後あっさり撤去になってしまうのが残念でなりません! ワタシが主催者だったらなかなか撤去する勇気が出ないだろうな。

まったくもって、首長の皆さまには頭が下がる思いです。

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*