探偵でもない本屋店長でも作家でもないただのオーナーからのご挨拶

こんにちは、Licht&FLIP BOOKSHOP、Licht&FLIP Detective Office、ならびにNANA’s HomeCenterオーナーのFLIPです。

さて、また年を越してしまいます。

今年もうちの一族は忙しさにかまけ、表に出る活動がほとんどできないままでした。このような状態で年末を迎えることに寂しさを覚えつつも、それでも一族揃ってブリタニアの住人であるまま年末を迎えることへの安堵感もあります。

前半は、本当にまったく活動ができませんでしたが、後半になり、何を思ったか、倭国進出を目論んでしまいました。

倭国は首長さんを中心にとてもまとまっているイメージ。

そこに、ムーングロウ首長のTakkyさんが、短文館コンテストという、本好きには垂涎のイベントを催して下さったのが後押しとなり、現在拠点も構え、準備中です。

短文館には第二回、第三回と参加させていただき、第二回では最優秀賞をいただきました。正直なところ、今までも本に関するコンテスト的なイベントはずっと避けておりました。自信がないのはもちろんですが、読んで楽しんで下さる人がいれば別にいいという感覚もあり。そして、反面、やはり人気具合が気になってしまう俗物根性が増幅されてしまうのも自分的にあまり嬉しくなく。

でも、結果的に参加させていただいてとても良かったと感じています。

競争を変に煽らない運営方針と、ひとつひとつの作品を公平に愛そうとするTakkyさんの姿勢、そのあたりが良かったと感じた要因だと思います。

第三回は、賞はいただけなかったものの、開票前日に見た限りでは思いの外票を入れて下さっている方が多く、嬉しかったですね。一生懸命書き上げたとは言うものの、締切前日の正味一日で構想から完成までこぎ着けてしまっただけのことはあるひねりのない物語で、もう投票対象外にしてほしいくらいでしたので、嬉しいやら驚くやら。

でも、おそらくですが、今までLichtやNaomin、NANA達のやりとりを存分に書いてきた経験が、何の変哲もないラブストーリーをほんの少しは「読める」ものにしてくれたように感じています。

なにはともあれ、倭国以外からも多様な作家さんが集まった短文館コンテスト。とても楽しませていただきました。私がブリタニアに降り立った頃から知っている桜の作家さんも遠征してこられていたのもとても感慨深かったです。

さて、昨日はうちのFLIPPYが、夜遅くに各地を散歩していたようなのですが、その道中。

「探偵さんだー」(FLIPPYは本屋店長なのですけれど^^)

いきなり声をかけてくれた方がいらっしゃったようです。シリーズのファンだとおっしゃって下さったようで、NANA推しのようでした。ずっと新刊が出ていないのに、覚えて下さっている方がいることに、FLIPPYも大変喜んでいましたし、我ら一同、あらためて新刊発売に向かって頑張らねばと気を引き締めた次第。

さあ、新年ですね。

ブリタニアで暮らす全ての皆さんにとって良いお年でありますように。

 

FLIP

 

ところがまだ生きていた

こんにちは、FLIPです。

いやぁ……休止はしていなかったのですがね。

その証拠にFマジンシアの植栽はずっとキープしていたのです……が、ガーデナーDEEDを試したらほぼ壊滅してしまい、証拠にも何にもなりゃしません。現在復旧作業中ですが、2011年6月のお花も泣く泣く撤去せざるを得なかったのは残念でなりません。

壊滅状態の花壇を再び満開にせんと意気込む、営業部長兼製本係長

壊滅状態の花壇を再び満開にせんと意気込む、営業部長兼製本係長

とにかくまとまったプレイ時間が取れない日々がずっと続いておりましたが、ようやく多少は時間が取れそうな状態になって参りましたので、お店の方もそろそろ復活しようと思います。

まずはブリ近郊のLicht&FLIP BOOKSHOPの商品補充。これはFLIPPYのお仕事。また面倒な製本作業が待っています。

そしてFマジンシアのNANA’s HomeCenterの商品補充。ガーゴイルの少女NANAがアップを始めました。

それが落ち着いたらFLIPPYを他シャードに派遣し、BOOKSHOPの支店計画を進めましょう。

そして、これらの作業と並行して、出版せずにたまっている探偵Lichtの活躍譚をNaominが書き始めることでしょう。

なりを潜めすぎて存在すら忘れ去られてしまったお店達ですが、また動き出しますのでよろしくお願いいたします!

 

No tags for this post.

いただきもの&探偵リヒトシリーズ新刊構想開始

こんにちは、FLIPです。

さぁて。

寂しいお誕生日を過ごした先日でしたが、一週間を経過したところでようやくプレゼントが届きました。

緑

我らがABBの誇る画伯、あんず姫よりいただきました!

わ~~ぱちぱちぱち!

ちなみにもう一人ABBの誇る画伯がいるのですが、そちらからは届いておりません!

まあ、それはよいとして。

なんかワタシの好きな花はなんだとか、いろいろ聞いてきていたあんずっこ。

力作です!

UOきっての貧乏人である彼女ですから、かえってモノでごまかすことが出来なかったのでしょう。その健気さに涙するワタシです。

うん。ホントに嬉しいねぇ。

大事な時期だから、あんまりUOばかりという訳にもいかないでしょうが、まあ気晴らし程度でもインしてくれれば充分ですよ。これからもよろしく!

ちなみに最近UO専用のTwitterアカをとりました。

本アカも普段からそんなに発言はしていないのですが、リアルつながりも多いため、UOネタを話すことがはばかられておりました。いや、別にナイショとかじゃなく、逆にUOの知り合いにあんまりリアルを見せたくないといいますか。

こちらの世界ではワタシはあくまでもFLIPであり、Licht&FLIP Detective OfficeやBOOKSHOPのオーナーなのですから。

で、なぜこんな話をしだしたのかといいますと、そのUO用Twitterアカのアイコンのことが言いたかったからなのです。

これです。

20110420232203

さっきの絵と同じく、だいぶん前にあんずタンが描いてくれたイラストを使っているのです。

簡単な絵ですが、実に良い雰囲気だとは思いませんか?

しっかし、せっかくのアカウントですが、いかんせんフォローする人が見つからない。もちろんワタシの交友範囲の狭さが原因なわけですがね……。

公式とか、お気に入りの方を勝手にフォローして眺めているだけになってしまっております。

まあ、フォローかえってこないと割り切って、いろんなUOプレイヤーさんをフォローしてみよう! 残念ながらワタシにフォローされてしまったみなさんは、せめてブロックしないでくださいませ。お願いです。後生ですから。

 

で、ようやく今回の記事のタイトルの後半のネタに触れるときがやってきました。

構想開始。

もちろん新作です。

ちと番外編のようなものも企画しておったのですが、昨年からの超多忙によりストップしておりました。

そんな中、ここ最近の記事にも書きました通り、多忙さは変わらないにしても、ようやく「物語を考える」といった類いのことに頭が回るようになってきましたわけですが、そうなると、久しぶりでもありますし、ここはうちの主力商品の直球勝負で行くべきではなかろうか? そう思ったのです。

ということで、探偵リヒトシリーズ新刊の構想を本格的に開始しました。

やはりものが推理小説ですので、ネタとプロットをまとめるまでが少々時間のかかる作業になりますが、出来るだけ早く執筆の段階まで進めたいと思います。

もちろん、当店のメイン執筆家であるNaominもすでにアップを開始しております。

また、作業の進捗などご報告したいと思います。

 

FLIP

実は本屋だったんです、と自分に言い聞かせる

さて、実はまだ活動している当店です。

こんにちは、オーナーのFLIPです。

5月に最新刊を出して以来、完全になりを潜めておりました。

一部交流のある方を除けば、まだやってたんか状態ではございますが、細々と営業を続けております。

実際この一年はとても多忙で、新刊を書く状態ではありませんでした。時間そのものは捻出できたのでしょうけれど、創作をするという心のゆとりが持てなかったという意味です。

でも、UOでの生活は変わらず続いており、そのことはFマジンシア花壇で咲き続けるFLIPPYの花が証明してくれます。

2012UO001047

なんとはじめに植えた花は2011年6月27日。

FマジンシアにNANAがホームセンターをオープンしたはよいものの、当時バブリーだったTマジンシアに比べると、あまりに寂しい町並み。ならば我が手で! とうちの営業部長FLIPPYが植え始めたのがこの時でした。

そしてかれこれ1年半……。

Fマジンシアのセントラルガーデン(勝手に命名)は色とりどりの花が咲き乱れるステキスポットに!

もちろん、わたしの植えたお花はほんの一部です。主に(というかほぼ完全に孤軍奮闘)でお世話を続けていらっしゃるHさま、花壇のそばにおうちを持ったばっかりに、植栽用の農薬やらお水やらを暖かく提供せざるを得なくなってしまった(いやいや、自主的なご好意ですねw)Kさまをはじめとしたみなさまの功績です。

それでも埋まりきっていなかった花壇を白いお花で埋め尽くしてくださった、EM Nekomataさん主導のイベントにご参加されたお一人お一人のチカラも忘れてはなりません。クリスマスイベントでしたので、終わったら一斉に撤去……? と思っていたところ、今日現在まだまだ白いお花が残っていて、とっても嬉しい今日この頃です。

なんだか花壇の話になってしまっておりますが、このマジンシア植栽って、ひとやすみが許されないんですよね。

一日サボるとお世話画面が真っ赤っか。数日おくと枯れ果てます。

ということは、この一年半、何日もログインしなかったことは無かったということ。(長期間家を空けたことはありますが、ノートなどで対応!)

このコツコツ度合いを執筆の方にも活かしたいものです。

よし。話題を戻せた。

来年も変わらず多忙になりそうですが、ようやくそんな中、自分なりにペース配分が出来るようになってきたような気がしないでもありません。

やはりワタシは、本屋をしたくてこの世界にいるのです。

だから、来年はもっと新作も出して、行商もして、精力的に行こうと思いますよ!

……というわけで。

FLIPPY営業部長兼製本係長よりひと言!

2012UO001041

これからもよろしくお願いします!

本屋の近況

こんにちは、FLIPです。

UOは普通にインいるものの、ここしばらくは店舗経営、執筆共に余裕がなく滞っておりました。

確かにモチベーションが低下していた部分もあったのかもしれませんが、実際他の部分の多忙さがひどかったということです。そういう時期に無理矢理頑張っても仕方ないので、まあいいかなって思っていたりします。

しかし、今、この記事を書いているということは、落ち着いてきたということです。

まずは、細々と補充はしていたものの、在庫も出し尽くし売り切れが多くなってきた我が本拠「Licht&FLIP BOOKSHOP」の作品補充からスタートしております。今現在、探偵リヒトシリーズ第5巻まで補充完了いたしましたので、あとは第6巻と「孤島大辞典」の補充を残すのみ。とりあえず一気に作業してしまいたいと思っております。

と、まあ、そんな感じで私がくすぶっているうちに、ここSakuraでは、なんと本イベントが行われるらしいということ。

コンテスト&即売会みたいな感じなのかな?

正直なところ、私はコンテストへの出品というのは、そもそも興味がありませんのでそれはよいのですが、本好きが集うということ自体は嬉しいことです。

どうやら応募作が出そろったらしいので、当日までに拝見させていただきたいなと思っております。

なお、当日は完全に他の予定と被ってしまっているので、即売会にも参加できません。これは残念です。

自分の出店については、もし出せたとしても、どうせさくらマーケットの時のように、ちょっと離れたところでひみつショップをこっそりオープンする感じになるでしょうから、まあよいのですが(そんな行商なら、したければいつでもできますし)、まだ見ぬ名作を入手するチャンスを逃さざるを得ないというのが非常にツライ。うまくいけば23時頃にはインできるかもしれませんが、そもそもイベントは22時までとのこと。

ダメだこりゃ。人間あきらめが肝心ですな。

で、とりあえず本屋の補充を終えたあとは、「NANA’s HomeCenter」の商品も整備しないといけません。

不人気店ですが、それでもところどころ売れていたりするのですよ。

赤字ですがね……。

こちらのお店は、もともと儲けるつもりというよりも、普通の生産品が色々揃っているお店、というコンセプトなので、商売的な勝利を収めることはほぼ不可能ですが、それを逆手にとって、のんびりやろうと思います。

最後に新刊ですが……今までは上に書いたように、とても執筆できる状態ではなかったので、完全にこれからです。

しかし、しばらく完全に執筆から離れて思うのは、やはり私は本屋をやるためにこの世界に来たんだな……ということ。

本屋の活動がほぼ止まっていたここ最近、何とも張り合いがありませんでしたから。

振り返って、じーっとそんなことを考えていたらだんだんやる気が出てきた今日この頃なのです。

まずは予定通り、ちょっと趣向を変えた番外編を書き上げ、それからおもむろに本編の続編に取りかかりたいと思います。

とりあえず年内には番外編を刊行したいと思います。

地味~に、でも着実に作品を重ねてゆきたいですね。

 

とは言え、私はただのオーナー。

FLIPPYに、Naominに、Lichtに、NANAにそろそろ頑張っていただかなくてはなりません。

ではまた。

No tags for this post.

(今さら)はじめてのMLボスとか出逢いとか

こんにちは、FLIPです。

もうすぐお正月休みも終わりですね。

まあ、すぐに三連休が待っているわけですが。

ワタシの今年のお正月と言えば、UO漬け。普段のお正月は自宅にいないことも多いのですが、今年はたまたまどっぷり引きこもれる感じに。

 

しかし、普段仲良くしている方々は、皆さんそれぞれ正しいお正月の過ごし方をされているようで、全く出会いません。そこで、一族の中で唯一戦闘がメインとも言えるワタシ、FLIPは思い切っていろいろ装備を揃えることに。

そう思い立って一時間後……レアフェスの尋常ではない価格帯にすっかり金銭感覚が狂ってしまったワタシは、すっかり見違えたお姿に。

早速今まで散々骸の山を築いてきたベドラムに……レッドデスが他のを引き連れてくるとまだ厳しいものの、何とかなる! 最奥の赤ネームネクロマンサーもナントカ倒し、鼻高々!

実はいきなり戦闘に励むようになったのは、その前の日、Steezさんご一行に初MLボスに連れて行っていただいたからなのですが、いくら鍵を集めても、一人でボスに突入するなどという変態的行動には踏み切れません。そんなわけで一人ヘイブンに戻ったところ、またしてもSteezさんが! 結局鍵集めをお手伝いいただき、魔法使いFLIPPYと交代してお仲間さん達とボス戦へ!

なんで図書室に鹿の化け物がいるのかとか、激しく燃えさかる炎に引火しない本の根性に感服してみたり、いろいろの思いが胸をよぎるうちに終了。とりあえずGドラ・マツコの回復は頑張った。

さらに今日は、鍵など集めるつもりは毛頭なかったにもかかわらず、かってに集まってしまった光晶洞。

とりあえず必要な人がいたら差し上げよう、というくらいの気持ちでヘイブンに戻ると、そこにはやはりStee……以下略

そんなわけで、今日もWispの親玉みたいなヤツを討伐! 本当にお世話になりました。今回はワタシが名誉を取って突撃……とのご指示だったのですが……名誉は間違えて普通のWisp相手にとってしまうわ、何度も死ぬわ、まさに戦力外の大活躍。それでも皆さんは優しく、初挑戦のワタシに戦利品を下さいます。ぜひまた違うところの鍵を集めてヘイブンを徘徊いたしますので、よろしくお願いします。

ワタシは実際のところ、強いボスを倒すということよりも、珍しい生産素材がほしいんですね。それをホームセンターのNANAに横流しすることで、ちょっとは高級な生産品を作ってほしいのです。だって今のままだとあまりにショボイ品揃えなんですもの……。

で、話は戻って、昨日の朝。

さっき述べた、ワタシの装備強化の途中。どうしても人間着用可能の回避足が見つかりません。

疲れ果ててヘイブンに立ち寄ったワタシのそばに忍び寄る怪しい人影……Sakuraはヘイブンの豪商といえばこの人、ちゃんさまです。売買リストにはないもののおそるおそる尋ねてみます。……が、やはりお持ちでないご様子。……が、なんと後ほどお会いしたときにはすでに見つけて入手済!

さすが豪商です。おかげさまで目指す装備の最後のひとピースがはまったのでした! ありがとう、ちゃんさま! 他にも我がBOOKSHOPの他鯖出店計画のご相談にも乗っていただいたり……まさか途中まで冗談だと思われていたとは……。うはは。

なんだかとめどない活動日記になってきましたが、最後にひとつ。

これも昨日の夜の出来事です。

Steezさんに連れられてのボス退治の帰り、ヘイブンの街に一人佇むナイスガイ。

彼の名はアヴァロン。ピカピカのヤングマンタグがまぶしい。

なんとなく話しかけてみます。

で、ワタシが本屋をしていることをお伝えすると、お店に来たいとのこと。

獲物です。(嘘)

早速お連れして、作品の概略をお伝えすると、買いたい! でもお金が……と、よくある展開です! 当然きちんと 逃げられないように 付き添ってヘイブンの銀行まで戻ってきます。が、ここで異変が……。

「ちょっと待っててくださいね~」

そういって駆け出すアヴァロンさん。

……ヤングだから家はないだろうし、復帰組でもないみたいだし…………逃げた?

寒空の下、疑心暗鬼にとらわれるワタシ。

……5分以上は待ったでしょう……もうだめか?

しかし、そんなワタシの目の前を駆け抜けるアヴァロンさん! ……そしてNPC。

もしかして……エスコート?

慌てて追いかけるワタシが目にしたのは、罪もない動物たちを次々に狩っては皮をはぎ、売り飛ばし、頃合いを見ては嫌がるNPCを強引にエスコートするアヴァロンさんのお姿でした! そうです。本を買うお金を稼いでいたのです!

これはこちらも礼を尽くさねばなりません。

無事本代を稼いだ彼を連れて、あえてゲートは出さずに、ブリゲートから徒歩で本屋に向かいます。

そして無事第一巻お買い上げです。ヤングさん相手なんだからあげたらいいのに、というご意見もあろうかと思いますが、二つの理由で「否」です。

まずは自分の書いた本の価値を自分で下げたくないということと、今まで買ってくださった多くの方のためにも定価販売を貫きたいということ。そしてもうひとつはやっぱり……ねぇ? ヤングさんだからこそ、ほしいものを手に入れるための努力……という楽しみに水を差したくないということ。

そのかわり、アヴァロンさんには、うちの中を案内したり、お手製のT街RBを差し上げたりいたしました。

これからも仲良くできるといいなぁ……。

 

ワタシがこの文章を書いている最中……FLIPPYはレアフェス会場付近、というよりさくらまーけっと予定地でひみつショップを開いています。

露店予定地のど真ん中でやってるみたいですが……お祭当日以外のお祭会場ほど「ひみつ」な場所はないようです。

2012UO000232

レアフェスにはひとが一杯なのに、見事に人が流れてこないようです。

たまたま近づいていらっしゃった方は、無言で走り去ることもしばしば……。

まあ……毎度のことですけどね……。

しかし、何人かは話しかけて下さり、FLIPPYも喜んでおりました。特にイベントスタッフのブレンドさま……「ひみつすぎるw」とのお誉めのお言葉とステキな差し入れ、ありがとうございました。

 

それにしても、新年早々、楽しい、嬉しい、ステキな出逢いがたくさんすぎて……感謝!

あとはいつも仲良くしている方のご帰還を待つばかり。

そんなFLIPのお正月でした。

あけましておめでとうございます

こんにちは。オーナーのFLIPです。

2012UO000209

旧年は当探偵事務所及び関連店舗のご愛顧、まことにありがとうございました。

ろくに宣伝していないにもかかわらず、地味に売れ続ける当店のベンダーを眺めておりますと、感慨深いものがあります。

昨年2月に復帰してからの一年弱の慌ただしさが思い起こされます。

まずは3月、マラスにBOOPKSHOP新店舗を建設、旧作3作品の販売を開始。

そして、ブリテイン近郊の海沿いに新探偵事務所を建設……と思ったらたまたまその北隣の塔がなくなってしまったので、急きょそこにBOOKSHOPを移設。そしてその後の活動において重要な位置を占める、ギルドABBへの参加を決めたのは4月のことでした。そして同時にAnzu師匠、クリスサン達との出逢い。

sg000780

彼女たちの存在がなければ、ワタシのブリタニアライフはここまで波には乗れなかったと思います。

クリスサン、あんさま、ありがとう。

こうして活動の基礎がしっかりしてきたころ、小説家としての活動も本格的に再開しました……が、なんせ三年近くのブランクがあります。執筆は難航を極めます。こうして復帰語初めての作品「ナオミンの災難」を刊行できたのは2011年も半ば、6月初旬のことでした。

また、まだこのサイトでは告知していませんが、姉妹店「NANA’s HomeCenter」の店長を務めるガゴ少女NANAがこの作品から探偵リヒトシリーズに登場することになりました。

彼女は11月に発売された最新作「ひだまりの記憶」でも重要な役回りをつとめ、シリーズにはなくてはならない存在に。

探偵のLichtは釣りの腕をさらに上げ、助手のナオミンは事件簿を書く感覚を取り戻したようです。

そして、縁の下の力持ち、当店の営業部長兼製本係長のFLIPPYは、日々の事件簿増刷に、さくらまーけっとなどでのひみつショップ行商など、大車輪の活躍でした。

 

こう書くと、なかなか慌ただしいながらも順風満帆に思えますが、寂しいこともあり。

ギルドABBのギルミス、クリスサンは他鯖に出稼ぎに行ったまま戻ってこないわ、参謀のあんさまはリアル事情でしばらくほとんどインできないわと、忙しくも寂しい日々が続いた2011年後半でした。

しかし、捨てる神あれば拾う神あり。

ギルドHMF所属のセクシー隊長・マリンさんとの出逢いです。

それでなくても今をときめくギルドHMFの主要メンバーの彼女ですから、なかなかにご多忙です。さらに その色香に 素晴らしい人間性に引き寄せられるのか、どこに行っても大人気の彼女です。そんな彼女とふとしたきっかけで知り合いましたが、彼女は引き籠もり孤独メンのワタシを何かと気にかけてくださいます。

ありがたやありがたや。

今年もよろしくね。

 

そんなこんなで昨日は大晦日。

今年のSakuraのお正月はなんといってもレアフェス!

「ここはワタシも探偵リヒトシリーズでベンダーに参戦しようか!? ある意味レアだし!」などと思っていましたが、100万gpが安物に見えるとんでもない品揃えを見るに、あっさり白旗です。そこでさくらまーけっとも共催されるということですので、恒例のひみつショップに切り替えて、大晦日のレアフェス会場付近を走り回って場所を物色しておりました。

その結果、目立つけど近寄りがたい……そんなひみつショップ候補地を見つけ、FLIPPYがせっせと増産した作品を抱えて、レアフェスと同じくひみつショップもプレオープンいたしました。まあ、さくらまーけっと当日でないとなかなか人は通りません。すぐ近くのレアフェス会場から聞こえてくる喧噪をよそに、ひみつショップ店長FLIPPYは座り続けます。

群衆の中の猫のような孤独感を楽しみながら佇みます。

……しかしこんな所にも拾う神がいらっしゃるモノです。

ニワトリさんが遠慮深げに歩いてきます。

「コ……コケー」(こんにちは)

なんとうちの作品の読者さんでした! うちの作品とお店ルーンの自宅設置の許可を得るために、わたしを捜してくださっていたとのこと……。さらに新米職人NANAが運営する純生産ショップであるホームセンターの方も、気に入ってくださったとのこと……。ローブに隠れたFLIPPYの瞳の端が少し濡れていたのは気付かれなかったことでしょう。

本屋さんをすべく、この世界に舞い戻ったFLIP一族ですから。

こういうのが一番嬉しい。

一年の苦労が報われた、これからの一年への鋭気をいただいた。

そんなステキな、2011年最後の出逢いでした。

 

ワタシはあんまり積極的にUO内での知り合いは増やすような活動はしていません。でもその分、ふと見つけた出逢いはたからものです。

この一年見つけたたからものを大切に、今年も新たなたからものをさがして活動して行こうと思います。

 

そろそろ新作にも取りかかろうと思います。

ちょっと短編をはさむかもしれません。

今年も……

Licht&FLIP Detective Office

Licht&FLIP BOOKSHOP

NANA’s HomeCenter

ならびに従業員一同をよろしくお願い申し上げます。

探偵リヒトシリーズ最新刊「ひだまりの記憶」発売開始!

こんにちは。FLIPです。

前回の記事で校了をお伝えした、探偵リヒトシリーズ第五巻「ひだまりの記憶」が、とうとう発売になりました!

なんと今回は、100ページガゴ本が6冊と、シリーズ最長となっております。もちろんいつも通り現場検証用ルーンブックやまえがき、あとがき、登場人物一覧も付属!

これで価格は6,000gp!

 

……高いって言うな。

 

ある意味EMレアなどよりよっぽどレアなんだから、勘弁してくださいよ……。

制作期間も丸五ヶ月かかってるんだからさ……?

 

内容についてはこちらの作品紹介をご覧下さい

 

いやぁ、あんまりグチグチ言っても仕方ありませんが、ホントに今回は苦労しました。

あなたの大切なUOタイムを奪う気満々です!

推理小説ですから事件の謎はもちろんですが、助手のNaominと前作から登場のガーゴイル少女NANAのやりとりにもご注目ください。

やっぱりシリーズ物だからこそ、登場人物にも成長してもらいたいのです。

 

作品紹介にも書きましたが、お手軽に読んでいただけるように過去作品も含めてネット上で読めるようにできないか検討中です。もちろん有料で販売しているものですから、UO内でお買い上げの方限定にいたしますけど。過去に買われた方にも(お申し出いただく必要はあるかもしれませんが)ご利用いただけるように考えたいと思いますので、とりあえずは気にせずお買い上げください!

 

それでは、現場担当のLicht、助手&執筆のNaomin、印刷・製本・宣伝その他雑用のFLIPPY、そしてすっかりFLIPファミリーに馴染んだホームセンター担当のNANA――我らFLIP一族にこれからもご声援、よろしくお願いいたします!

しばしの休息ののち、懲りずに次回作の構想に取りかかろうと思います。

公式ファンサイトリンク掲載、そして思うこと

こんにちは、FLIPです。

このたびこのサイトを公式ファンサイトリンク集に掲載していただきました。

嬉しいですねぇ……そして少々の感慨も。

 

何度か書きましたが、ワタシはUOを一度休止しております。っていうか、休止期間の方が長いのですけれど。まだまだ皮染めタブは使えません。

で、その時はほとんど発作的に休止したために、跡を濁しまくりでした。ゲーム内ではもちろん、当時作っていたサイトも一気に消去。その時もファンサイトリンク集に載せていただいておりましたが、当然連絡もせずいきなりリンク切れになったわけです。

そんな経緯があったものですから、今回復帰してサイトを再び立ち上げてからも、なかなかこのリンク集に応募する気になれずにおりました。……が、ギルメン達に支えられ、また、多くの読者の方に勇気づけられ、ようやく今度は長く続けられる! という確信を持てたので、この度再応募、そしてご承認をいただいたわけです。

個人の作るゲーム日記のようなサイトが、どんどん新しく作られて、そして消えてゆくのは世の常。そんなことにこだわる必要もなかったのかもしれませんが、ワタシはUOを思いっきり楽しんでいるらしきプレイ日記とかがいきなり閉鎖になるのを見ると、寂しく感じます。だから、自分なりに続けられる自信を持てるまではひっそりやっていようと思った次第です。

昨日の夜も、仮営業中のギルド新店舗「Bar NKT」にふらりと現れたお客様が。

ルーンも撒いてないのに……と思っていると、その方はその場にいたFLIPPYに話しかけてくださいました。

このサイトを見て来てみたこと、そして、本を買いたいと。

嬉しいですね。

最近とみに本が欲しいとお声をかけていただくことが多くなりました。まだまだ復帰してから数ヶ月。知り合いが多い、とは言えない現在ですが、このサイト、そしてワタシの作品を通じて、どなたかのUOライフにほんの少しの彩りを加えることができているのなら、それは素晴らしい。

頑張らなきゃね。

さあ、今日はNANA’s HomeCenter の商品陳列をガンバロウ。レアもの・高額商品などほぼ皆無の純生産ショップになる予定で、どう考えても儲かりません。でも、楽しくウインドウショッピングできるようなお店になったら、それで満足。

これからも貪欲に、いろんなことを楽しみたいと思います。

SAクラ Pinco’s UI 覚え書き その2

こんにちは、FLIPです。

前回の記事でコメントをいただき、調子に乗って第二弾。

そのコメントでご質問をいただいたのが、同じく日本語関連のバグ。(というか日本語対応してないのでバグといったら失礼ですね^^;)

UO000014

見えにくいですが、重量やお金、奉納ポイント、幸運などを選択して表示しておけるウインドウなのですが、これも「重量」などのタイトル部分が文字化けしてます。そこで、我が調査班は○○のひとつ覚えでやってみた!

(※ ワタシは実際のところ、この手の情報は画面左側に縦のホットバーをだして、そこに全部表示しているので、この機能はなくても問題ありません。多分ホットバーの方が見やすいです。念のため)

 

そして……

解決!

前回と同じ

\Electronic Arts\Ultima Online Enhanced\UserInterface\Pinco’s UI\Mods

の中の、今回は……コレ!

「QuickDetailsWindow」

このフォルダを開けまして、その中の「QuickDetailsWindow.lua」をテキストエディタで開きます。

結構最後の方にあるこの部分

function QuickDetailsWindow.UpdateLabelFonts()
    if QuickDetailsWindow.DetailLabelsCreated then
        local basename = “QuickDetailsWindow”
        local fontSetting = “font_verdana_italic_small

の「font_verdana_italic_small」を「UO_DefaultText」に変更すると……。

UO000026

このとーり!

奉納ポイントがずれてますが、それははじめからそうだったので、気にしません。

フォントは自分でお好みのものを入れることもできそうですが、面倒なのでデフォルトのもので統一しております。

しかし、英語でもいいからマニュアルほしい!

 

ちなみに今日の記事は、エロトーク渦巻くこちら

UO000025

カフェぽよさんで飲みながらかいておりました。

デスパのすぐ近くという立地ですが、いざお店に足を踏み入れると、ご覧の通り岩肌から流れ出す清流と、その水をたたえる沼がとってもいい感じ!

お気に入りの酒場になりそうです!