いただきもの&探偵リヒトシリーズ新刊構想開始

こんにちは、FLIPです。

さぁて。

寂しいお誕生日を過ごした先日でしたが、一週間を経過したところでようやくプレゼントが届きました。

緑

我らがABBの誇る画伯、あんず姫よりいただきました!

わ~~ぱちぱちぱち!

ちなみにもう一人ABBの誇る画伯がいるのですが、そちらからは届いておりません!

まあ、それはよいとして。

なんかワタシの好きな花はなんだとか、いろいろ聞いてきていたあんずっこ。

力作です!

UOきっての貧乏人である彼女ですから、かえってモノでごまかすことが出来なかったのでしょう。その健気さに涙するワタシです。

うん。ホントに嬉しいねぇ。

大事な時期だから、あんまりUOばかりという訳にもいかないでしょうが、まあ気晴らし程度でもインしてくれれば充分ですよ。これからもよろしく!

ちなみに最近UO専用のTwitterアカをとりました。

本アカも普段からそんなに発言はしていないのですが、リアルつながりも多いため、UOネタを話すことがはばかられておりました。いや、別にナイショとかじゃなく、逆にUOの知り合いにあんまりリアルを見せたくないといいますか。

こちらの世界ではワタシはあくまでもFLIPであり、Licht&FLIP Detective OfficeやBOOKSHOPのオーナーなのですから。

で、なぜこんな話をしだしたのかといいますと、そのUO用Twitterアカのアイコンのことが言いたかったからなのです。

これです。

20110420232203

さっきの絵と同じく、だいぶん前にあんずタンが描いてくれたイラストを使っているのです。

簡単な絵ですが、実に良い雰囲気だとは思いませんか?

しっかし、せっかくのアカウントですが、いかんせんフォローする人が見つからない。もちろんワタシの交友範囲の狭さが原因なわけですがね……。

公式とか、お気に入りの方を勝手にフォローして眺めているだけになってしまっております。

まあ、フォローかえってこないと割り切って、いろんなUOプレイヤーさんをフォローしてみよう! 残念ながらワタシにフォローされてしまったみなさんは、せめてブロックしないでくださいませ。お願いです。後生ですから。

 

で、ようやく今回の記事のタイトルの後半のネタに触れるときがやってきました。

構想開始。

もちろん新作です。

ちと番外編のようなものも企画しておったのですが、昨年からの超多忙によりストップしておりました。

そんな中、ここ最近の記事にも書きました通り、多忙さは変わらないにしても、ようやく「物語を考える」といった類いのことに頭が回るようになってきましたわけですが、そうなると、久しぶりでもありますし、ここはうちの主力商品の直球勝負で行くべきではなかろうか? そう思ったのです。

ということで、探偵リヒトシリーズ新刊の構想を本格的に開始しました。

やはりものが推理小説ですので、ネタとプロットをまとめるまでが少々時間のかかる作業になりますが、出来るだけ早く執筆の段階まで進めたいと思います。

もちろん、当店のメイン執筆家であるNaominもすでにアップを開始しております。

また、作業の進捗などご報告したいと思います。

 

FLIP

探偵リヒトシリーズ最新刊、増刷完了! & いただき絵!

こんにちは、FLIPPYです。

長すぎることで有名……ではない、当店最新刊「探偵リヒトの事件簿6 息づく街 –Alive Haven-」も発売から一週間が経過。

誰も買ってくれないのではなかろうか? という予想を裏切り、初版分は早々に完売。本日増刷分を出荷いたしました!

2012UO000422

↑ 完成直後、死にかけているナオミン先生

このような悲惨な状態で作品を書き上げた、当事務所自慢のナオミン先生の苦労に報いるべく、ワタクシも製本頑張りましたよ?

そんなこんなで、精根尽き果てつつある我々一族に嬉しいプレゼント!

ギルドABBのネズミ姫、あんず師匠からイラストをいただきました!

20120504211427

ふむふむ。

2頭身なのに、なかなかクールな雰囲気がでているリヒト探偵。

実際の緑よりもすこし明るめの色が、意外といい感じ。

そしてお次は……

20120505214236

我らがナオミンいただきました!

なぜか海とカモメをイメージしたという、ナイスセンス。

こちらも本人より明るめの、ほんのりパステルチックなトーンでまとまっています。

そのかわいらしい色使いの中で見せる、きりっと引き締まった表情が素晴らしい! 本人にももう少しきりっとするように言っておきましょう。

 

やっぱり、こういうプレゼントは嬉しいですね~~^^

あんさま、ありがと!

籠もる者、さすらう者

こんにちは、FLIPPYです。

Naominは相も変わらずヘイブンの銀行を臨時の書斎として執筆に励んでいるようです。前作に引き続きなかなか難産のようで、公共施設なのに勝手に缶詰状態になっております。ごはんを食べに行く余裕もないようで、日々みなさまに食べ物や飲み物を差し入れていただきながら頑張っているようですので、完成までもうしばらくお時間をくださいませ。

2012UO000346

↑ 差し入れの豚の丸焼きをもりもり食べつつ執筆に精を出すNaomin先生と、いつも応援してくれるステキ女子・Sさま

 

というわけで、新作発売まではもう少しかかりますので、情報を。

今度の作品が完成していないにもかかわらず、次の企画が水面下で進行中でございます。細かくは申せませんが、探偵リヒトシリーズの番外編もしくはまったく別のものとして発表することになるでしょう。推理小説ではなく、なんていうのかな……難しいのですが、ブリタニアの世界観や歴史に興味がある方には楽しんでいただけるのではないかとワクワクしております。

また、現在他シャードへの書店の進出を目論み中です。

とりあえず現状では飛鳥に店舗付きで進出することを考えておりますが、レンタルベンダーのみでの進出は他鯖についても検討中です。ただ、Sakura以外ではまったくキャラが育っておりませんので前途多難でございます。メインシャードでないことをご理解の上、本屋さん活動をサポートしてやろうという奇特な冒険者さま、ギルドさま、よかったら声をかけてやってくださいませ。

 

ところで、Naominが缶詰状態の今、我らが探偵Licht氏はどうしているのでしょうか?

 

……どうやら自慢の船で、ブリタニア大航海を満喫中のようです。

ブリ近郊の事務所前から出港し、各地の宿に宿泊しながら見聞を広めているようです。

ヘイブンにしばらく寄港したのち、ニュジェルムの豪華な宿の居心地の良さに一週間も逗留し、一路北の果てへ。

2012UO000355

思い立って立ち寄った献身の神殿では自分は誰のために生きているのか、しばし考えにふけり

2012UO000356

北極デシート島では、かの有名なかまくらに……あえて入らず上に乗って叫んでみたり

気ままなものです。

その後東回り航路をとったLicht探偵は、ユーを眺めつつスカラブレイに入港、滞在ののち南下して、現在はジェロームの港に寄港している模様です。まだしばらく時間をかけつつ、このあとは南海に存在する名誉・武勇・謙譲の各神殿を巡り、海上マーケットやヘイブン、マジンシア辺りを周遊ののち、帰途につくつもりのようです。おそらくNaominの執筆が終わる頃には戻ってくるのではないでしょうか?

2012UO000357

↑ なぜかスカラブレイの港でLicht探偵を出迎えるギルドABBのネズミ姫・あんずさん

本当に、事件がないときの探偵ほど、社会不適格な人種はいないものだと、山のように仕事を抱えているワタクシFLIPPYは思うのでした。

 

最後にそんなわたしの近況ですが……え? いらん? いや、まて……まってください。

最後まで読んでください。

 

ギルドABBにも活気が戻ってまいりました。

ネズミ姫ことあんずさまがようやく復調の兆し。やはりあんさまが戻ると活気が出ますね。

もうIRCのお留守番をする生活には疲れたのです。

嬉しかったので、彼女の一族の戦士・のすたる君にちょっと装備を提供してみたり。

 

あとは酒場の復活までこぎ着けることができればいうことなし。

 

以上でした。

それでは新作の完成を楽しみにお待ちくださいね!

執筆から逃避して最近を振り返るのはキモチいい。

こんにちは。FLIPPYです。

探偵リヒトシリーズ第五巻

ただ今当事務所の作家、ナオミンが缶詰状態で執筆中です。あと1~2週間くらいで刊行したいと思っております。
前作で事務所移転の顛末を書きましたが、この作品で事務所移転完了後、すなわち現在の状況に作品が追いつくことになりますので、早めに完成させたいところであります。

なお、既刊分は相変わらずのんびりしたペースでお買い上げいただいており、本当に感謝感謝でございます。ただ、現在在庫補充がめんどくさくてルーン撒きなどを行っていませんので、新刊発売時には久しぶりにちゃんと宣伝したいと思っております。

そんなわけでナオミンの執筆が完了した暁には、営業部長兼製本係長のワタシも多忙を極めることとなりますので、家主のFLIPと共に今はのんびりさせていただいております。

そんな私たちの最近ですが……。

我らがギルドABB。

元々狩りをするには厳しい陣容の我々ですが、頼みのギルミス・クリスサンが他鯖に出稼ぎに。期待の復帰戦士・マグナムさんはYGWにて修行中。残されたワタシとアンズ師匠は飲んだくれたり、ファッションデザイナーの修業をしたりと、ひたすらインドアな生活を送るしかない近況です。

そんなワタシの惨状に救いの手をさしのべて下さるのが、HMF-ホットミルクファミリーさま

HMFのマリンさん、その身内のリロさんのご招待により、図々しく主催イベントに顔を出させていただくワタシです。

初DOOM対岸

UO000091

対岸に渡る骨ドラに惨敗して以来、あきらめていたDOOM対岸に連れてきていただきました。

公開イベントとして行われたので、人数も多くグルグル回ります。

UO000092

ついて行ってるだけという説もありますが、うちのFLIPもパパ殴りに参加! ちょっと強い人になった気分を満喫したようです。

なんだかよくわからん性能のAFも初ゲット! とっても有意義なDOOM参戦でした。

そして数日後、HMFのBar営業日にお礼かたがた伺います。

UO000095

相変わらず店長夫妻のラブオーラに包まれた店内ですw

そしてマリンさんや猪木さんともおしゃべりを。

そんな中で判明したのですが、猪木さんとワタシ、以前に出会っていたことが判明。ここには詳細は書きませんが、今ここに猪木さんがいてくれるということがとっても嬉しく感じる、そんな再会でした。これからもよろしくね! そのあとも、マリンさんと2Fに作られたひみつのペアシートで語らったり、最後はマリンさんになぜか自宅まで見送っていただいて終了。

またまた数日後にはHMFで行われたイベントサークル「ミスリル錬金術師」さま主催のイベントにも参加!

真っ赤な衣装に身を固めたミスリル錬金術師・ブリュンヒルデさんの水先案内により、参加者全員が騎士団となり、各地を巡ります。

う~~ん。

スバラシイ。

ワタシは文字のみで、ブリタニアでの物語を紡いでいるわけですが、やはりこういうイベントはリアルタイムでもあるし、参加者の反応を見ながら対応しつつ進行しなくてはイケナイ……。それだけで、到底ワタシには無理っぽく思えますが、多少のアクシデントも物語の中に飲み込んできれいに進行するその手腕……。こういうこともできるんだな……素直に感服いたしました。

UO000100

スタートから最後のオチにいたるまで、ストーリーだけでなく様々な小道具や演出にまで磨かれたステキなイベントでした!

こんなに楽しい日常を提供してくれるマリンさんには、頭あがらないッスw

いつもありがとね^^

 

そして昨日。

ABBも負けてはおりません。

夜になりアンズ師匠の号令の元、出雲に集合です。そう、恒例の壱の市です。

露店だけではなくていろんな参加型のゲームがあるこのお祭が大好きなアンズ師匠。一緒に行かないと泣きそうだったのでついて行きました。

IzumoでもワタシはFLIPPY。しかしアンズ師匠とクリスサンは別人です。

アンズ師匠は「Avaritia」などという、ちょっと小洒落た名前を名乗ってやがります。ネズミのくせに生意気です!

そこでワタシとクリスサン(仮)は共同戦線を張ります。

UO000109

 

UO000110

命名。あう゛ぁたん。

ゲームに参加するあう゛ぁたんに我々は全力で声援を贈ります!

ゲームでの「あう゛ぁたん」のへっぽこぶりと、この名前が妙にマッチします。ついには司会のスプーキーお爺さまにまで「あばたん」呼ばわりされて泣きじゃくる我らがあう゛ぁたん。あ~楽しかったw

で、今回の壱の市。

ワタシ的にもうひとつ特筆すべきことが!

出張酒場として参加されていた「Bar 宵闇亭」サマ

単にワタシが知らなかったというだけですが、何となく席について出てきたメニューを見てビックリ!!

ずら~~っとならんだ単品メニューやドリンクにも驚きですが、セットメニューの凝りようが半端ではない。ちょっと感動ですよ。

この日は特設の机が物を置きにくかったようで、盛りつけが思うようにできなかったようですが、失礼ながらメニューを見てるだけでも至福の気分ですw お隣の女性など「王様セット」(名前ちょっと違うと思いますw)を注文したところ、豚の丸焼きに野菜が添え付けられた巨大な皿を驚愕しつつも一口で完食!!

これはABBの誇る豪腕料理人のアンズ師匠にも体験していただかなくては!!

というわけでIRCで呼び出しますが、しばし待てといいつつ一向に来ない!!! しびれを切らしてワタシがアンズ師匠ことあう゛ぁたんを探したところ、のんきにゲームに参加してやがりました。

結局負け残りの対戦ゲームで、お祭の最後まで抜けることができなかったあう゛ぁたん。へっぽこです。

盛りつけの腕前は超一流ながら、その適当かつゲテモノなメニューゆえに伸び悩んでいる孤高の天才料理人・アンズ師匠のためにも、後日本営業の時にでもあう゛ぁたんを引っ張っていきたいと思っております。

UO000114

こうして今回の出雲の旅は終わりを告げたのでした……。

 

さあ、そろそろ現実逃避はやめにして、執筆の続きをガンバロウ!(頑張るのはナオミンです)

もうすぐで新作をお披露目できる……はずですので、お楽しみに♪

絵。いただきました! & 新作進捗

こんにちは、FLIPPYです。

我らがギルドABBの頼れるギルミス、クリスサンより待望の似顔絵をいただきました!

今までクリスサンの名参謀、Anzu師匠には何度か似顔絵を描いていただいておりましたが、ようやく親分にも描いていただくことができて光栄です!

fromkurisu

いっつも着ている黒ローブ、髪の色、肌の色も丁寧に再現していただきましたが、普段していないイヤリングもクリスデザインで付けていただきました!

LとF。

もちろんこれは、Licht & FLIP Detective Office のL&Fです。うれしいですね^^

クリスさんが気にされていたのは「女性っぽい」ということですが……確かに女性っぽいですけれど、まあそれはそれでワタシの新たな魅力? ということで!

 

夜中に色々試行錯誤しながら描いてくださったクリスサン。

ありがとう!

ますます忠誠度が高まりましたです!

 

探偵リヒトシリーズ 第五巻

ようやく最終的な構想がまとまりましたので、あとはナオミンの執筆を待つばかり。意外と筆は速いので近日中には完成することでしょう! 興味を持っていただける方は、ぜひそれまでに既刊を読んでいただければよりお楽しみいただけるでしょう。売り切れ分も昨日補充いたしましたので、よろしくお願いいたします!

 

昨日の夜は、アンズ師匠の服飾デザイン開発のためのモデルを勤め、その後服を見せびらかしに行くと連れて行かれたのは、健康ランド まおう亭サマ。多くの方がご存じの通り、数々の浴場を満喫できる健康スポットです。

我々ふたりも、服も鎧も脱ぎ捨てていざ入湯!

……服を見せびらかすのとは、あまりに真逆の展開です。……まあ、いいか。

このまおう亭の大浴場はいろいろな罠で楽しませてくれるわけですが、幾度となく階下に落ちまくるアンズ師匠は、素っ裸でまおう亭を駆け回ります。正直ちょっとSS載せるのがためらわれるくらいのヘン○イっぷり……。こっちが恥ずかしくなるから、もうちょっと恥じらいを覚えましょうね?w

その後は白犬亭さまにアンズ師匠に連れて行かれ、ようやくアンズ謹製の服をお披露目。

もうちょっと改良の余地はありそうだけど、そのアイデアが湧くまでは大事に着させていただきますよ! アンズ師匠!

ちなみにこちらの掘りバカ日誌blogさまの記事に出ていた「ネズミの行進」

……うちのナオミンが醸造したお酒じゃないかw

「ネズミの行進」とはもちろんネズミっ子・アンズ師匠をイメージして付けた名前です。Bar NKT用に造ったお酒なので、アンズ師匠から人の手を渡ってあちらにまでたどり着いたのでしょう。面白いですね。

 

昨晩のラストは最近仲良くさせていただいておりますリロさんとおしゃべり。

調子に乗ってくるとイロイロ口調が乱れる彼女が楽しいです^^

内緒の場所に連れてってくれてありがとね~。これからの進捗を楽しみにしている!

 

そんなわけで、なかなか充実の週末、土曜日でした。

ギルドABB 流浪の旅。そして読者発見!

こんにちは、FLIPPYです。

暑い日々が続きますが、ワタシは今日もマントを脱ぎません。

そんな中、我らがギルドABBは転換期を迎えておりました。

不便が売りの北極砦で細々と営業を続けてきたBar NKTもろともに、砦解体の時を迎えました。

思えばほんの数ヶ月前、ヘイブンのルーンからここフェルッカの最果てにあるBar NKTに来たのが始まりでした。

sg000781

何となく縁を感じ、ギルドABBに参加させていただいたのも、この砦と酒場があったからこそ。しかし当ギルドのクリス大将とアンズ参謀のカスタマしたい熱は日ごとに高まるばかり。……そしてついに決断の時が。砦解体です。小市民なワタシには一大イベントですが、首脳陣二人はあっけないくらいにサバサバしたものです。

FLIP一族の雑用係で鍛えた手腕で黙々と荷物を運び出し……そして、解体。

 

uo000900uo000902

で、感傷に浸る余韻もなく建設。

uo000903

そしてこの土地でアンズ参謀の手によるニューカスタマイズ・ニューGHが誕生した……のですが、酒場運営の地の利などを考えモヤモヤするうちに、ワタシがきちんと完成したニューGHのSSを撮るまもなく。

この1ヶ月後、今度は移転です!

うちの首脳陣は、落ち着きがありません。

というわけで、ギルドABB次の安住の地は……

UO000032

上のSSの中心、緑の点の場所。Fブリゲートから上にダッシュで5秒の好立地。GHと共に北極の場末……というより世界の果てでひっそり営業していたBar NKTも首都・ブリテイン近郊で再スタートを切ることに! さあ、この地でどんなステキカスタマが!?

ん?

UO000033

なぜクラシックハウス……。

カスタマ熱が行き過ぎて一回りしてしまったようです。

そんなわけで、紆余曲折を経て誕生、未だ整理が進まないこのニューGHに昨日思わぬお客様が!

パトリシアさん、フラーリさん、ノラさんご一行!

いきさつは知りませんが、どうやらアンズ師匠が引っ張ってきた模様。

UO000029

慎ましく始まったお茶会でした。

で、ココでワタシに嬉しい情報が。皆さんワタシの小説のことをご存じで、買うだけでなく(w)実際に読んでくださっているとのこと!

それなりに売れてはいる探偵リヒトシリーズですが、なんと言っても長いので、実際に読んでいただけているのかが不安の種でした。やっぱりこうして実際に読んだ感想をいただけるのは作家冥利に尽きますね~~

あまりのうれしさに、探偵リヒト本人も参戦! パトリシアさんにサインをおねだりされて、テレテレしながら一筆書いたりしておりましたw 調子ノンナ?

お茶会の方も、ニューGHへの来訪者にアンズ師匠が大張り切り! 色々運んできますw

UO000031

気がつくと狂乱のサバトへ。フラーリ先輩の飲みっぷりスゴイッス!

こうして大盛り上がりの大宴会。みなさんありがとう! この調子で早くBar NKTが再開できるといいな。

ガンバレ首脳陣。

 

探偵リヒトシリーズは現在第5作の構想をひねり出している最中です。時々めげそうになりますが、読者の方がいると思うと、俄然やる気が湧いてきます。

まあ、事件を解決するのはリヒト、本を書くのはナオミンなので、ワタシは製本と営業を頑張ることにいたしましょう。

それでは!

さくらまーけっと 2011年5月

こんにちは。FLIPPYです。

先月のお花見に続き、先日行われました「さくらまーけっと」に行って参りました。

もちろん目的は行商。

前回のマル秘温泉秘密ショップに続き、今回は……

ミステリといえばサスペンス、サスペンスといえば、みんな大好き断崖絶壁!

というわけで開店です!

sg000891

サスペンスショップ ダンガイ&ゼッペキ

……というわけで、今回も旧作三作品を販売いたしました。新作はギリギリ間に合わなかったです。残念。しかし、こんな体たらくなのに、あちらこちらからお客様が! 事前に製本していたのですが、本店から在庫を引っ張ってくる羽目に。

途中で、わたしの座っている横の方に、サンダルが揃えておいてあったり(!)、横でクリスさんが似顔絵行商を始めたりととても楽しく商売させていただきました!

まあ、その後、ギルドが詐欺の片棒を無理矢理かつがされたりする事件がありましたが、その後も最近アクトの多い四人でまったり過ごすことができて、楽しかったです。

さあ、今度こそ本当に新刊でます!

今週中には出版できるように、今、Naominが缶詰状態で執筆中。原稿が上がったらわたしが一気に製本してすぐに出版しますので、ぜひお買い求め下さいね!

では、さくらまーけっと恒例のこれで今日はお別れです。

sg000895

桜咲け!

Anzu画伯

こんにちは、FLIPPYです。

ギルドABBが誇るAnzu師匠は絵も描ける。

そんな彼女が立ち上げたブログ「杏の色々日記」には最高にカッコイイ紳士のイラストが。

20110417004948_original

ワタシですねぇ。……へへへ。

どうやら書きやすいから練習台、ということのようです。

さらに後日、再びワタクシの絵を描いてくださいました!

あえてここには掲載しませんので、上のリンクからどうぞ。こちらは桜を背景にとってもまったりなワタクシです。お気に入り!

やっぱり嬉しいものですね。

ありがとう。Anzu師匠。

 

管理人 FLIPより

UOをしていない人にはわかりにくい話ですが、自由あふれるUOでは「UO絵描きさん」と呼ばれる多くの人が、ゲーム内で行商したりして注文をとって絵を描くという活動をされています。まあ、ワタシが営む本屋さんも、他のゲームではまず考えられません。実際一度やめたUOに私が戻ってきたのも、もう一度UO内で本屋さんをやりたかったというのが大きな要因です。

Anzuさん。CGでの絵描きに慣れてきたら、ぜひ行商デビューしてくださいね。

一緒に行商しようぜ?

ギルド。

UOに復帰はしてみたものの、どうにもこうにも孤独民のワタクシです。

このままではイケナイということで、PC酒場でリハビリを……と思い立ちました。

しかし、いわゆる老舗は微妙に参加しにくいので、ひっそりとやってそうな新進気鋭の酒場を探します。

そこで見つけたのがフェルッカのデシート島という最果ての地で営まれている「Bar NKT」

最果ての地ではありますが、立派な砦の屋上で営まれるそのお店はなかなか壮観です。

1回目、おとなしく帰ったワタクシでしたが、2回目……どうもギルドにお誘いいただいているような、そうでもないような微妙なアプローチを感じます。普通ならはっきり言われないとそのまま退散してしまうワタクシでしたが、その時は何を血迷ったのか、ついつい自分からギルド加入を持ちかけてしまいました。

結果。(クリックで拡大)

sg000780

Bar NKT を運営するギルド「Angry Bear Blue」通称「ABB」にFLIPPYが加入させていただきました!

FLIP一族の中でFLIPPYが一足早く孤独民から卒業です。

どうやらこじんまりとしたギルドのようですが、楽しめるといいなぁ。

 

…………その後。

呑むのが好きなギルメンAnzuサンに引きずられて連れっていっていただいて、飲んだくれる毎日。

FLIPPY! 製本は大丈夫なのか!?

Anzu VS FLIPPY

  • 某老舗PC酒場さんで迷惑も顧みず殺し合う我々。弱いAnzu嬢を葬った上に脱がすFLIPPYと、なすすべもなくおそらく聴くに堪えない罵詈雑言を投げかける幽霊なAnzuサン。