ひみつショップ「肉は肉屋、本は本屋」 於 Pop Up Market In Moonglow

こんにちは、FLIPPYです。

昨日、緊急告知させていただきましたとおり、Pop Up Market In Moonglowにて新刊の先行販売をさせていただきました。

Naominの執筆と校正作業が当日昼までかかり、そのあとワタシがイベント直前まで製本作業に没頭するという強行スケジュールでしたが、何とか間に合って一安心でございました。

一週間前、(差入れがもらえるから)お気に入りのニューヘイブン銀行バックヤードで執筆を開始した時は、こんな感じで余裕だったNaominも

2013UO001580

今朝11時には、作家っぽい悲鳴をあげつつ、本気の締切前モードに!(でも、差入れは募集中)

2013UO001588

そんなこんなで、なんとかお菓子時には執筆&構成を完了させたのでした。

下の画像でおわかりの通り、たくさん差入れをいただきました。ありがとうございます!

2013UO001590

で、そのあとはワタクシFLIPPYの独壇場。

製本平社員のあんずっこを招集し、必死の製本作業が続きます。

なんと言っても、今回はこの日のマーケットに合わせたムーングロウでの物語になっているため、何が何でも販売にこぎ着けなくてはなりません。

2013UO001593

そんな苦難を経て、なんとか製本も完了。

ワタシは久しぶりのひみつショップ営業に心躍らせ、ムーングロウに向かったのでした。

ひみつショップとは、マーケットなどのイベントの動員をあてにしつつ、あえて会場からつかず離れずな場所で隠れるように営業するという、マーケット中心部を盛り上げたいと願う主催者様からすると迷惑極まりない行商スタイルであります。

が、2011年春「サクラサク♪お花見大宴会2011」の片隅で「マル秘温泉秘密ショップ」を営業し、長い眠りから覚め行商を再開、その後数々のひみつショップを続けて参りましたので、あえて空気は読まない方向で。

 

*~*~なつかしのひみつショップ写真館~*~*

sg000842

マル秘温泉秘密ショップ

sg000890

サスペンスショップ「ダンガイ&ゼッペキ」

UO000043

ひみつショップ「路地裏の散歩者」

UO000146

ひみつショップ「海の家の管理人は見た?」

2012UO000279

ひみつショップ「陸の孤島」

 

……というわけで、独りよがりなノスタルジーは置いといて、今回のひみつショップの場所を物色するワタシでしたが、ムーングロウの街の中心部は、かなりシンプルなんですよね。建物の配置も、建物の構造も。なかなか隠れ場所が見つからず、焦るワタシ。

しかし、開催の時間は刻々と迫ります。

というわけで、肉屋を占拠しました。

2013UO001600

ひみつショップ「肉は肉屋、本は本屋」堂々のオープンです!

肉屋と本屋の夢のコラボが実現です。

とまあ、バカなことをやってるうちに、マーケット開催です。

ワタシが知る限り、Sakuraでの大々的なマーケットはずいぶん久しぶり。ワクワクしつつ会場に駆けつけますが……。

2013UO001603

出だしは人もまばらで、正直不安な幕開けでした。

ですが、ひみつショップはそれなりに順調です。実は開店前、時間がないところわざわざうちの新刊を買うためにインして下さった方のご来店もあり、それが呼び水となったのでしょうか? なかなか順調です。

あんず社員も宣伝のルーン撒きに走り回り

ヘイブンの闇商こと、ちゃんさまも姿を変えてお忍びにいらっしゃったり

2013UO001604

いっつも、こっちが恥ずかしくなるくらい熱烈に応援してくれるしおりさんもやって来たり

2013UO001607

マーケット運営の合間に来て下さる方があったり、たまたまこの魔窟に飛び込んでしまって、買わざるを得ない雰囲気に負けてしまう方があったりと、(残りを店頭用にと思って)たくさん印刷した新刊も、在庫わずか!

もちろん、ひみつショップ名物の、覗いた瞬間固まって微妙な笑顔と共に去って行かれる方もそれなりに……。

でもまあ、それも含めて、久しぶりのひみつショップ営業を満喫させていただきました。

そして、こんな一幕も……。

2013UO001608

↑ 遅れて絵描き行商として参戦のギルドABBの大ボス、クリスサンと、さわやかに描いてくれと無茶な要望を出すヘイブンの闇商。

唯一残念だったのは、お金が足りなくて買えないという方も複数いらっしゃったこと。

しかし、当店も本の売り上げで一族郎党生活しておりますし、今までにもたくさん「お金を貯めて買いに来る!」と言ってくださった方もいらっしゃいますから……ここは定価販売の方針をあえて貫きました。ぜひお金を貯めて再びご来店いただけることを夢見ております。

……と、ここで聡明なワタシは気付きました。

なんか……妙に繁盛しすぎてないか?

もしや!

というわけで、会場中心部へ駆けつけてみると……まあ見事に人でごった返しています。

不覚にもSS撮り忘れましたが、行商もたくさん、くじには長蛇の列……まさに祭り!

やはりみんな、お祭りが好きなんですねぇ。素敵な光景です。

しかも、ワタシ的に嬉しいのは、本文化の普及に熱心な庭梅さんが催事請負されているだけあって、本屋さんの出店も目立っていたこと。あまり会場内をゆっくり見る時間はなかったのですが、とりあえず戦利品!

2013UO001617

kobutorijiisanさん著 : WildFancy Story

2013UO001618

Yumemiさん著 :

  • AIは恋心を抱くのか
  • ブリタニア恋愛帳
  • いろは忍法帳

読ませていただくのはこれからですので、感想は書けませんが、タイトルや装丁を見ただけで、作者さんや作品のタイプが浮かんでくるような、魅力的は作品達です。

やはり、本文化はこの世界には欠かせません。ライバルが増えると、うちの売り上げも下がりそうですので、手放しで喜んでばかりもいられないわけですが!

そして、ついにマーケットもフィナーレへ。

新たに始まった首長制度に基づき、ムーングロウ首長からの依頼という形で実現したこのイベント。やはりブリタニアの世界はこうでなくっちゃと思わせてくれる、素晴らしいイベントでした。世界の仕組みに乗っかるのも乗っからないのも自由。でも、乗っかってこその楽しさがあるのは間違いない。そう思わせてくれるイベントでした。

2013UO001615

画像は切れていますが、上の方には例のごとくくじに並ぶ長蛇の列もあったりします。

市政よりも、自分の市のイベントよりも、我が子の世話に心奪われている首長さまと、首長さまの数倍堅苦しいごあいさつを披露される庭梅小路町長さまの見事なコントラストでイベントは締めくくられました。

お疲れさまでした!

 

ワタシはそっと会場を離れ、ひみつショップの撤去作業を開始。

スカスカになった在庫入れをのぞき込み、ため息ひとつ。

「こりゃまた……増刷大変だなぁ」

でも、やっぱり、笑顔は隠せないワタシでした。

 

というわけで、この日先行発売いたしました探偵リヒトの事件簿シリーズ最新刊「とけない魔法」

近日中に店頭での販売を開始いたします。

それに合わせて当サイトでの告知と内容紹介も掲載いたしますので、お楽しみに!

 

ではまた。

 

FLIPPY

【緊急告知】本日の「Pop Up Market In Moonglow」にて新刊先行発売!

こんにちは、お久しぶりのFLIPPYです。

いきなりの告知ですが、本日8/10、21時より開催の「Pop Up Market In Moonglow」にて、探偵リヒトシリーズ新刊を緊急発売いたします。

とは言え、おそらくいつものひみつショップ形式で店を構えますので、見つからなかったらごめんなさい。

本日はこの新刊と「BRITANNIA 孤島大辞典」のみ持参いたしますので、他の作品がご希望の場合はお店までお越し下さい。

 

なお、店頭ではまだ最新刊は発売開始しておりません。

だって、ついさっき製本が完了したところなんですもの。

ムーングロウでのマーケットに合わせた、ムングロでの物語になっておりますので、店頭販売開始前に、まずは今日のマーケットでの先行発売とさせていただきました。

 

後日、店頭販売開始に合わせて、作品詳細などはこちらのサイトに掲載させていただきます。

では、みなさまのお越しを、こっそりとお待ちしております!

 

FLIPPY

いただきもの&探偵リヒトシリーズ新刊構想開始

こんにちは、FLIPです。

さぁて。

寂しいお誕生日を過ごした先日でしたが、一週間を経過したところでようやくプレゼントが届きました。

緑

我らがABBの誇る画伯、あんず姫よりいただきました!

わ~~ぱちぱちぱち!

ちなみにもう一人ABBの誇る画伯がいるのですが、そちらからは届いておりません!

まあ、それはよいとして。

なんかワタシの好きな花はなんだとか、いろいろ聞いてきていたあんずっこ。

力作です!

UOきっての貧乏人である彼女ですから、かえってモノでごまかすことが出来なかったのでしょう。その健気さに涙するワタシです。

うん。ホントに嬉しいねぇ。

大事な時期だから、あんまりUOばかりという訳にもいかないでしょうが、まあ気晴らし程度でもインしてくれれば充分ですよ。これからもよろしく!

ちなみに最近UO専用のTwitterアカをとりました。

本アカも普段からそんなに発言はしていないのですが、リアルつながりも多いため、UOネタを話すことがはばかられておりました。いや、別にナイショとかじゃなく、逆にUOの知り合いにあんまりリアルを見せたくないといいますか。

こちらの世界ではワタシはあくまでもFLIPであり、Licht&FLIP Detective OfficeやBOOKSHOPのオーナーなのですから。

で、なぜこんな話をしだしたのかといいますと、そのUO用Twitterアカのアイコンのことが言いたかったからなのです。

これです。

20110420232203

さっきの絵と同じく、だいぶん前にあんずタンが描いてくれたイラストを使っているのです。

簡単な絵ですが、実に良い雰囲気だとは思いませんか?

しっかし、せっかくのアカウントですが、いかんせんフォローする人が見つからない。もちろんワタシの交友範囲の狭さが原因なわけですがね……。

公式とか、お気に入りの方を勝手にフォローして眺めているだけになってしまっております。

まあ、フォローかえってこないと割り切って、いろんなUOプレイヤーさんをフォローしてみよう! 残念ながらワタシにフォローされてしまったみなさんは、せめてブロックしないでくださいませ。お願いです。後生ですから。

 

で、ようやく今回の記事のタイトルの後半のネタに触れるときがやってきました。

構想開始。

もちろん新作です。

ちと番外編のようなものも企画しておったのですが、昨年からの超多忙によりストップしておりました。

そんな中、ここ最近の記事にも書きました通り、多忙さは変わらないにしても、ようやく「物語を考える」といった類いのことに頭が回るようになってきましたわけですが、そうなると、久しぶりでもありますし、ここはうちの主力商品の直球勝負で行くべきではなかろうか? そう思ったのです。

ということで、探偵リヒトシリーズ新刊の構想を本格的に開始しました。

やはりものが推理小説ですので、ネタとプロットをまとめるまでが少々時間のかかる作業になりますが、出来るだけ早く執筆の段階まで進めたいと思います。

もちろん、当店のメイン執筆家であるNaominもすでにアップを開始しております。

また、作業の進捗などご報告したいと思います。

 

FLIP

営業部長兼製本係長の新年初仕事

こんにちは、営業部長兼製本係長のFLIPPYです。

少々なりを潜めておりました当店、および探偵事務所スタッフですが、新年を迎え、気持ち新たに精力的に活動を開始しております。

Naomin先生も、ほったらかしになっていた次回作の準備をようやく本格的に始めるきざし。

Licht探偵もウォーミングアップ……と称して、釣りに行っておりますね。しかし、探偵いるところに事件あり。そろそろ何かが起きそうな気配です。

ガゴ少女のNANAもホームセンターの商品補充や、さらなる職人の高みを目指してドタバタと。

当グループオーナーのFLIPは、各種素材を集めるために狩りへ! ……ゆくために、得物を鍛え直しているようです。

そして、当Licht&FLIP BOOKSHOP店長にして、営業部長兼製本係長のワタクシFLIPPYはと言えば……。

年末には、完売しておりました「BRITANNIA 孤島大辞典」を大増刷! が、すでに現在残り5部となっておりますので、お買い求めはお早めに。

もちろん、当店の主力商品であります「探偵リヒト」シリーズもきっちり在庫を整えて、みなさまのお越しを待っております。

……いやしかし、孤島大辞典の増刷作業は年末のことでした。

では表題の、初仕事とは?

いやまあ、セキュア整理とか、日々のFマジンシア植栽のお世話など、細かいことはしておりましたけれども。

あえて初仕事と銘打つなら……これですかね?

2012UO001051

当BOOKSHOPの入口脇のお庭をWinter仕様に!

……え? 肩すかし?

い……いやまて。この小さなスペースに凝縮された冬模様! そり! トナカイ! そして雪だるま!

そりの上でふんぞり返るは、ミスターパンプキン!

どうです! ステキでしょう!

……え? 内装好きな人ならこんなもんじゃないって?

…………まあ、それは否めますまい。

しかし!

ワタクシはあくまでも本屋さん!

本屋さんにしてはがんばっている! ですよね! ね!

……もうよしましょう。

 

まあそんな感じで、代わり映えのしない当店ですが、お越しいただくみなさまに少しでも季節を感じていただきたく、初仕事に精を出したFLIPPYでした。

とにかく原稿が上がってこないことには、増刷作業くらいしかやることがないのですよ。

すなわち悪いのは作家。

おっと。Naominがこちらを見ている。いや、睨んでいるのでしょうね。あれは。

ではワタクシは仕事に戻るとしましょう……。

 

今年は何冊か新作を発表できるような気がいたします。

きっと。

たぶん。

どうぞみなさま、本年もLicht&FLIP BOOKSHOPをご愛顧下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

2013年 お正月
Licht&FLIP BOOKSHOP
店長 営業部長兼製本係長
FLIPPY

実は本屋だったんです、と自分に言い聞かせる

さて、実はまだ活動している当店です。

こんにちは、オーナーのFLIPです。

5月に最新刊を出して以来、完全になりを潜めておりました。

一部交流のある方を除けば、まだやってたんか状態ではございますが、細々と営業を続けております。

実際この一年はとても多忙で、新刊を書く状態ではありませんでした。時間そのものは捻出できたのでしょうけれど、創作をするという心のゆとりが持てなかったという意味です。

でも、UOでの生活は変わらず続いており、そのことはFマジンシア花壇で咲き続けるFLIPPYの花が証明してくれます。

2012UO001047

なんとはじめに植えた花は2011年6月27日。

FマジンシアにNANAがホームセンターをオープンしたはよいものの、当時バブリーだったTマジンシアに比べると、あまりに寂しい町並み。ならば我が手で! とうちの営業部長FLIPPYが植え始めたのがこの時でした。

そしてかれこれ1年半……。

Fマジンシアのセントラルガーデン(勝手に命名)は色とりどりの花が咲き乱れるステキスポットに!

もちろん、わたしの植えたお花はほんの一部です。主に(というかほぼ完全に孤軍奮闘)でお世話を続けていらっしゃるHさま、花壇のそばにおうちを持ったばっかりに、植栽用の農薬やらお水やらを暖かく提供せざるを得なくなってしまった(いやいや、自主的なご好意ですねw)Kさまをはじめとしたみなさまの功績です。

それでも埋まりきっていなかった花壇を白いお花で埋め尽くしてくださった、EM Nekomataさん主導のイベントにご参加されたお一人お一人のチカラも忘れてはなりません。クリスマスイベントでしたので、終わったら一斉に撤去……? と思っていたところ、今日現在まだまだ白いお花が残っていて、とっても嬉しい今日この頃です。

なんだか花壇の話になってしまっておりますが、このマジンシア植栽って、ひとやすみが許されないんですよね。

一日サボるとお世話画面が真っ赤っか。数日おくと枯れ果てます。

ということは、この一年半、何日もログインしなかったことは無かったということ。(長期間家を空けたことはありますが、ノートなどで対応!)

このコツコツ度合いを執筆の方にも活かしたいものです。

よし。話題を戻せた。

来年も変わらず多忙になりそうですが、ようやくそんな中、自分なりにペース配分が出来るようになってきたような気がしないでもありません。

やはりワタシは、本屋をしたくてこの世界にいるのです。

だから、来年はもっと新作も出して、行商もして、精力的に行こうと思いますよ!

……というわけで。

FLIPPY営業部長兼製本係長よりひと言!

2012UO001041

これからもよろしくお願いします!

本屋の近況

こんにちは、FLIPです。

UOは普通にインいるものの、ここしばらくは店舗経営、執筆共に余裕がなく滞っておりました。

確かにモチベーションが低下していた部分もあったのかもしれませんが、実際他の部分の多忙さがひどかったということです。そういう時期に無理矢理頑張っても仕方ないので、まあいいかなって思っていたりします。

しかし、今、この記事を書いているということは、落ち着いてきたということです。

まずは、細々と補充はしていたものの、在庫も出し尽くし売り切れが多くなってきた我が本拠「Licht&FLIP BOOKSHOP」の作品補充からスタートしております。今現在、探偵リヒトシリーズ第5巻まで補充完了いたしましたので、あとは第6巻と「孤島大辞典」の補充を残すのみ。とりあえず一気に作業してしまいたいと思っております。

と、まあ、そんな感じで私がくすぶっているうちに、ここSakuraでは、なんと本イベントが行われるらしいということ。

コンテスト&即売会みたいな感じなのかな?

正直なところ、私はコンテストへの出品というのは、そもそも興味がありませんのでそれはよいのですが、本好きが集うということ自体は嬉しいことです。

どうやら応募作が出そろったらしいので、当日までに拝見させていただきたいなと思っております。

なお、当日は完全に他の予定と被ってしまっているので、即売会にも参加できません。これは残念です。

自分の出店については、もし出せたとしても、どうせさくらマーケットの時のように、ちょっと離れたところでひみつショップをこっそりオープンする感じになるでしょうから、まあよいのですが(そんな行商なら、したければいつでもできますし)、まだ見ぬ名作を入手するチャンスを逃さざるを得ないというのが非常にツライ。うまくいけば23時頃にはインできるかもしれませんが、そもそもイベントは22時までとのこと。

ダメだこりゃ。人間あきらめが肝心ですな。

で、とりあえず本屋の補充を終えたあとは、「NANA’s HomeCenter」の商品も整備しないといけません。

不人気店ですが、それでもところどころ売れていたりするのですよ。

赤字ですがね……。

こちらのお店は、もともと儲けるつもりというよりも、普通の生産品が色々揃っているお店、というコンセプトなので、商売的な勝利を収めることはほぼ不可能ですが、それを逆手にとって、のんびりやろうと思います。

最後に新刊ですが……今までは上に書いたように、とても執筆できる状態ではなかったので、完全にこれからです。

しかし、しばらく完全に執筆から離れて思うのは、やはり私は本屋をやるためにこの世界に来たんだな……ということ。

本屋の活動がほぼ止まっていたここ最近、何とも張り合いがありませんでしたから。

振り返って、じーっとそんなことを考えていたらだんだんやる気が出てきた今日この頃なのです。

まずは予定通り、ちょっと趣向を変えた番外編を書き上げ、それからおもむろに本編の続編に取りかかりたいと思います。

とりあえず年内には番外編を刊行したいと思います。

地味~に、でも着実に作品を重ねてゆきたいですね。

 

とは言え、私はただのオーナー。

FLIPPYに、Naominに、Lichtに、NANAにそろそろ頑張っていただかなくてはなりません。

ではまた。

No tags for this post.

感謝するのはこっち。感動するのもこっち。

こんにちは、FLIPPYです。

探偵リヒトシリーズ最新刊「息づく街」の発売から、はやひと月少々が経ちました。

今回は宣伝も行商もUO内ではこれと言ってしておりませんので、既刊分と合わせてのんびりとして売れ行きです。

で、まだまだ販売部数は知れているのですが、見事? この第6巻までついてきてくださっている猛者の方々より感想文ならぬ感想本などもたくさんいただき、まとめてお礼を申し上げよう。そんな趣旨の今日の更新です。

代表して、本でご感想をいただいている皆さま宛てを中心に御礼を。

まさかまさかの発売翌日の感想をいただいたあなた。

楽しんでいただけたようで、嬉しかったです。

付属のルーンブックもご活用いただけたようで、苦労が報われますです。

執筆中からお世話になり、無理矢理作品押しつけちゃったのに……普段UO本読む習性があるとも思えないのに、すぐに読んで感想をくださったあなた。今回の作品はあなた無しではあり得ませんでした。ありがとう。

某ひみつ結社のあなた。

まままさか、そんな読み方していただいていたとは……。アラがいくらでも出てくること請け合いです。

が、ホントに気に入ってくださっているんだと感じて(よい意味で)ぞくぞくっといたしましたよ!

そして、熱心な読者にして、なおみんの大切な友人でもあるあなた。

「今回も長くなっちゃった……」と、頭を抱えたときはいつも、あなたの応援の声を思い出しつつ頑張っていたのです。なおみんは。

感想に書いていただいた、あの人(わかりますかね?w)の再登板ですが、全くそんなことは書きながら考えてなくて。そもそもあんな重要な役どころになるとも考えてなくて。

でも、最後の方になってきて、勝手に動き始めてくれたんですよ。

だから最後の台詞も自然に出てきたのです。

いつもいつも、こちらが伝えたい空気、気持ち、そんなのを敏感に感じてくださって、ありがとう。

 

他にもいろんな方からご感想いただいております。

まとめてしまって、失礼ながら、本当に有り難うございます。

2012UO000437

 

それにしても、嬉しいのは。

みなさん、感想に「ありがとう」ってつけてくださっているということ。

別にお礼がほしくて書いてるわけじゃない。

でも、お客様として、お金出して買ってくださって

大切なプレイ時間を割いて読んでくださって

わたしの描いた世界に何かを感じて

そして、お礼の言葉を口にしてくれる。

 

ホントに感謝。

そして感動。

 

そんなパワーを皆さまからいただきつつ。

ぼちぼち次回作の構想でも練り始めようかと、L&F Detective Office、L&F BOOKSHOP一同。

ただいま会議中でございます。

しばらくおまちくださいね。

探偵リヒトシリーズ最新刊、増刷完了! & いただき絵!

こんにちは、FLIPPYです。

長すぎることで有名……ではない、当店最新刊「探偵リヒトの事件簿6 息づく街 –Alive Haven-」も発売から一週間が経過。

誰も買ってくれないのではなかろうか? という予想を裏切り、初版分は早々に完売。本日増刷分を出荷いたしました!

2012UO000422

↑ 完成直後、死にかけているナオミン先生

このような悲惨な状態で作品を書き上げた、当事務所自慢のナオミン先生の苦労に報いるべく、ワタクシも製本頑張りましたよ?

そんなこんなで、精根尽き果てつつある我々一族に嬉しいプレゼント!

ギルドABBのネズミ姫、あんず師匠からイラストをいただきました!

20120504211427

ふむふむ。

2頭身なのに、なかなかクールな雰囲気がでているリヒト探偵。

実際の緑よりもすこし明るめの色が、意外といい感じ。

そしてお次は……

20120505214236

我らがナオミンいただきました!

なぜか海とカモメをイメージしたという、ナイスセンス。

こちらも本人より明るめの、ほんのりパステルチックなトーンでまとまっています。

そのかわいらしい色使いの中で見せる、きりっと引き締まった表情が素晴らしい! 本人にももう少しきりっとするように言っておきましょう。

 

やっぱり、こういうプレゼントは嬉しいですね~~^^

あんさま、ありがと!

探偵リヒトの事件簿 最新作「息づく街–Alive Haven-」完成!

こんにちは……FLIPPYでございます。

はぁ……はぁ……よ……ようやく完成いたしました。

Licht&FLIP BOOKSHOPが贈る、
本格推理小説「探偵リヒト」シリーズ第6弾!

「息づく街 –Alive Haven-」

わ~! ぱちぱちぱち!

まずは画像をご覧ください。

2012UO000424

右上の袋がパッケージ後の状態となります。

えーと。

こらこら、だれですか?

袋の中、本の数を数えているのは?

え?

あの緑の本なんだって? やだなぁ、知らないんだ?

あれはね、ガーゴイル本って言ってね、一冊100ページもあるグレートな本なんだよ。

え? なんでそれが9冊も並んでるのかって?

あははは! バカだなぁ。それは9冊ないとおさまらなかったからじゃないかぁ! あっはっは……。

 

 

 

マジごめんなさい。

いやね? はじめはね、短編を書くつもりだったんです。

気がついたらこうなってしまっていたのです。

 

前作の時も言っていたのですが、そろそろ本当にサイト上でも読める仕組みを考えなくてはなりません。が、当店はあくまでもブリタニアに本店を構える本屋さんです。まずは非難を恐れず……堂々発売です!!

ボリュームが大きいだけに、いつもよりも登場人物も多めでお贈りします!

今回の舞台はそう! リヒトとナオミンが初めてであった街、ニューヘイブンです。

Amser市長からの招待で、久しぶりにニューヘイブンの地を踏みしめた二人を怪事件が襲います。

ニューヘイブンを中心に、新・旧マジンシア、武勇の街ジェローム、そして最高学府ライキューム。多くの街を背景にリヒトとナオミンが大活躍。

長すぎるのは承知の上! でも読んで!

 

またあらためて作品紹介のページは作ります。

とりあえず販売開始の告知と長すぎる事へのお詫びでした!

 

商品案内

探偵リヒトの事件簿 第6作

「息づく街 –Alive Heaven-」

本編 100ページガゴ本 9冊
まえがき・あとがき・登場人物紹介・現場検証用ルーンブック各一冊付属

価格 : 9000gp

 

2012年5月5日 初版

著者 FLIP・Naomin
印刷 FLIPPY
発行者 Licht&FLIP Detective Office
発行所 Licht&FLIP BOOKSHOP

 

よろしくお願いします!

籠もる者、さすらう者

こんにちは、FLIPPYです。

Naominは相も変わらずヘイブンの銀行を臨時の書斎として執筆に励んでいるようです。前作に引き続きなかなか難産のようで、公共施設なのに勝手に缶詰状態になっております。ごはんを食べに行く余裕もないようで、日々みなさまに食べ物や飲み物を差し入れていただきながら頑張っているようですので、完成までもうしばらくお時間をくださいませ。

2012UO000346

↑ 差し入れの豚の丸焼きをもりもり食べつつ執筆に精を出すNaomin先生と、いつも応援してくれるステキ女子・Sさま

 

というわけで、新作発売まではもう少しかかりますので、情報を。

今度の作品が完成していないにもかかわらず、次の企画が水面下で進行中でございます。細かくは申せませんが、探偵リヒトシリーズの番外編もしくはまったく別のものとして発表することになるでしょう。推理小説ではなく、なんていうのかな……難しいのですが、ブリタニアの世界観や歴史に興味がある方には楽しんでいただけるのではないかとワクワクしております。

また、現在他シャードへの書店の進出を目論み中です。

とりあえず現状では飛鳥に店舗付きで進出することを考えておりますが、レンタルベンダーのみでの進出は他鯖についても検討中です。ただ、Sakura以外ではまったくキャラが育っておりませんので前途多難でございます。メインシャードでないことをご理解の上、本屋さん活動をサポートしてやろうという奇特な冒険者さま、ギルドさま、よかったら声をかけてやってくださいませ。

 

ところで、Naominが缶詰状態の今、我らが探偵Licht氏はどうしているのでしょうか?

 

……どうやら自慢の船で、ブリタニア大航海を満喫中のようです。

ブリ近郊の事務所前から出港し、各地の宿に宿泊しながら見聞を広めているようです。

ヘイブンにしばらく寄港したのち、ニュジェルムの豪華な宿の居心地の良さに一週間も逗留し、一路北の果てへ。

2012UO000355

思い立って立ち寄った献身の神殿では自分は誰のために生きているのか、しばし考えにふけり

2012UO000356

北極デシート島では、かの有名なかまくらに……あえて入らず上に乗って叫んでみたり

気ままなものです。

その後東回り航路をとったLicht探偵は、ユーを眺めつつスカラブレイに入港、滞在ののち南下して、現在はジェロームの港に寄港している模様です。まだしばらく時間をかけつつ、このあとは南海に存在する名誉・武勇・謙譲の各神殿を巡り、海上マーケットやヘイブン、マジンシア辺りを周遊ののち、帰途につくつもりのようです。おそらくNaominの執筆が終わる頃には戻ってくるのではないでしょうか?

2012UO000357

↑ なぜかスカラブレイの港でLicht探偵を出迎えるギルドABBのネズミ姫・あんずさん

本当に、事件がないときの探偵ほど、社会不適格な人種はいないものだと、山のように仕事を抱えているワタクシFLIPPYは思うのでした。

 

最後にそんなわたしの近況ですが……え? いらん? いや、まて……まってください。

最後まで読んでください。

 

ギルドABBにも活気が戻ってまいりました。

ネズミ姫ことあんずさまがようやく復調の兆し。やはりあんさまが戻ると活気が出ますね。

もうIRCのお留守番をする生活には疲れたのです。

嬉しかったので、彼女の一族の戦士・のすたる君にちょっと装備を提供してみたり。

 

あとは酒場の復活までこぎ着けることができればいうことなし。

 

以上でした。

それでは新作の完成を楽しみにお待ちくださいね!