絵。いただきました! & 新作進捗

こんにちは、FLIPPYです。

我らがギルドABBの頼れるギルミス、クリスサンより待望の似顔絵をいただきました!

今までクリスサンの名参謀、Anzu師匠には何度か似顔絵を描いていただいておりましたが、ようやく親分にも描いていただくことができて光栄です!

fromkurisu

いっつも着ている黒ローブ、髪の色、肌の色も丁寧に再現していただきましたが、普段していないイヤリングもクリスデザインで付けていただきました!

LとF。

もちろんこれは、Licht & FLIP Detective Office のL&Fです。うれしいですね^^

クリスさんが気にされていたのは「女性っぽい」ということですが……確かに女性っぽいですけれど、まあそれはそれでワタシの新たな魅力? ということで!

 

夜中に色々試行錯誤しながら描いてくださったクリスサン。

ありがとう!

ますます忠誠度が高まりましたです!

 

探偵リヒトシリーズ 第五巻

ようやく最終的な構想がまとまりましたので、あとはナオミンの執筆を待つばかり。意外と筆は速いので近日中には完成することでしょう! 興味を持っていただける方は、ぜひそれまでに既刊を読んでいただければよりお楽しみいただけるでしょう。売り切れ分も昨日補充いたしましたので、よろしくお願いいたします!

 

昨日の夜は、アンズ師匠の服飾デザイン開発のためのモデルを勤め、その後服を見せびらかしに行くと連れて行かれたのは、健康ランド まおう亭サマ。多くの方がご存じの通り、数々の浴場を満喫できる健康スポットです。

我々ふたりも、服も鎧も脱ぎ捨てていざ入湯!

……服を見せびらかすのとは、あまりに真逆の展開です。……まあ、いいか。

このまおう亭の大浴場はいろいろな罠で楽しませてくれるわけですが、幾度となく階下に落ちまくるアンズ師匠は、素っ裸でまおう亭を駆け回ります。正直ちょっとSS載せるのがためらわれるくらいのヘン○イっぷり……。こっちが恥ずかしくなるから、もうちょっと恥じらいを覚えましょうね?w

その後は白犬亭さまにアンズ師匠に連れて行かれ、ようやくアンズ謹製の服をお披露目。

もうちょっと改良の余地はありそうだけど、そのアイデアが湧くまでは大事に着させていただきますよ! アンズ師匠!

ちなみにこちらの掘りバカ日誌blogさまの記事に出ていた「ネズミの行進」

……うちのナオミンが醸造したお酒じゃないかw

「ネズミの行進」とはもちろんネズミっ子・アンズ師匠をイメージして付けた名前です。Bar NKT用に造ったお酒なので、アンズ師匠から人の手を渡ってあちらにまでたどり着いたのでしょう。面白いですね。

 

昨晩のラストは最近仲良くさせていただいておりますリロさんとおしゃべり。

調子に乗ってくるとイロイロ口調が乱れる彼女が楽しいです^^

内緒の場所に連れてってくれてありがとね~。これからの進捗を楽しみにしている!

 

そんなわけで、なかなか充実の週末、土曜日でした。

華麗なる推理小説家の裏側

ごめんなさい。

華麗だなんて嘘をつきました。FLIPPYです。

相変わらず、よく買っていただいております、うちの探偵リヒトの推理小説。まことに有難うございます。

しかし、おかげさまで本日さくらマーケットに出店予定だというのに、在庫が底をついており、大至急増刷の手配をはじめます。というかその辺の仕事は全部ワタシの役割なのですけれど。

うちの作品は長編ですので、ちょっと書写して終わりというわけにはいきません。

まずは一冊100ページのガーゴイル本を作るところから始まります。

材料は……一冊あたり、白紙スクロール×40とミツロウ×2

白紙スクロール40が地味に堪えます。材料費もさることながら、スクロ1あたり、重量も1ですので、一度にあまりたくさん持てません。ということは最大数作成を実行しても、結局つきっきりでスクロを自分のバックパックに移動し続けなくてはなりません。

で、完成したガゴ本と、前書きなどの付録用赤本、青本を、作品ごとに決まったレイアウトで、所定の色に染め上げた商品袋に配置してゆきます。ワタシ、この作業と次の書写作業だけは2Dクライアント使うんです。並べる精度はやはり2Dの方が格段に上ですので。

UO000036

なかなかに辛うございます。

そして、並べ終わったまっさらの本達に、原版から書き写してゆきます。

これは意外と楽な作業ですが、今回は4作品×6セットという大量生産だったため、なかなかに骨が折れるものの、心地よい疲労です。

 

が、そんなとき、思い出します。

探偵リヒトシリーズのセールスポイント。現場検証用ルーンブックの存在を。

時間も無いけど気力もない。そんなワタシには頼れるこの人が!

毎度おなじみアンズ師匠です。

実にお気軽に引き受けてくださいます……っていうか、むしろ嬉しそうなのが不思議です。よっぽどヒマだったようです。

 

ご存じない方のために説明すると、うちの作品はだいたいルーンブックが付属しておりまして、そこには作中の事件現場や当事務所、本屋のルーンなどが入っているのです……が、焼いたルーンはそれぞれ名前を書き換えてルーンブックに入れているので、急造のお手伝いさんではなかなかのお手間がかかるはずなのです。

しかし、そんなことはものともせず、我らがアンズ隊員は頑張ってくれました!

UO000039

こうして頼もしい仲間の協力の下、準備は完了。

店頭販売分を陳列した残り、各巻三セットを携え、本日のさくらマーケットに臨みます!

今回もちょっと変な場所で営業予定ですので、ぜひお探しの上お立ち寄りくださいね。

 

あ、そうそう。

ギルドABBが運営する酒場「Bar NKT」も今回のマーケットの合同酒場に参加させていただくようですので、色々話しかけてやってください。喜びますので。

SAクラ Pinco’s UI 覚え書き その2

こんにちは、FLIPです。

前回の記事でコメントをいただき、調子に乗って第二弾。

そのコメントでご質問をいただいたのが、同じく日本語関連のバグ。(というか日本語対応してないのでバグといったら失礼ですね^^;)

UO000014

見えにくいですが、重量やお金、奉納ポイント、幸運などを選択して表示しておけるウインドウなのですが、これも「重量」などのタイトル部分が文字化けしてます。そこで、我が調査班は○○のひとつ覚えでやってみた!

(※ ワタシは実際のところ、この手の情報は画面左側に縦のホットバーをだして、そこに全部表示しているので、この機能はなくても問題ありません。多分ホットバーの方が見やすいです。念のため)

 

そして……

解決!

前回と同じ

\Electronic Arts\Ultima Online Enhanced\UserInterface\Pinco’s UI\Mods

の中の、今回は……コレ!

「QuickDetailsWindow」

このフォルダを開けまして、その中の「QuickDetailsWindow.lua」をテキストエディタで開きます。

結構最後の方にあるこの部分

function QuickDetailsWindow.UpdateLabelFonts()
    if QuickDetailsWindow.DetailLabelsCreated then
        local basename = “QuickDetailsWindow”
        local fontSetting = “font_verdana_italic_small

の「font_verdana_italic_small」を「UO_DefaultText」に変更すると……。

UO000026

このとーり!

奉納ポイントがずれてますが、それははじめからそうだったので、気にしません。

フォントは自分でお好みのものを入れることもできそうですが、面倒なのでデフォルトのもので統一しております。

しかし、英語でもいいからマニュアルほしい!

 

ちなみに今日の記事は、エロトーク渦巻くこちら

UO000025

カフェぽよさんで飲みながらかいておりました。

デスパのすぐ近くという立地ですが、いざお店に足を踏み入れると、ご覧の通り岩肌から流れ出す清流と、その水をたたえる沼がとってもいい感じ!

お気に入りの酒場になりそうです!