華麗なる推理小説家の裏側

ごめんなさい。

華麗だなんて嘘をつきました。FLIPPYです。

相変わらず、よく買っていただいております、うちの探偵リヒトの推理小説。まことに有難うございます。

しかし、おかげさまで本日さくらマーケットに出店予定だというのに、在庫が底をついており、大至急増刷の手配をはじめます。というかその辺の仕事は全部ワタシの役割なのですけれど。

うちの作品は長編ですので、ちょっと書写して終わりというわけにはいきません。

まずは一冊100ページのガーゴイル本を作るところから始まります。

材料は……一冊あたり、白紙スクロール×40とミツロウ×2

白紙スクロール40が地味に堪えます。材料費もさることながら、スクロ1あたり、重量も1ですので、一度にあまりたくさん持てません。ということは最大数作成を実行しても、結局つきっきりでスクロを自分のバックパックに移動し続けなくてはなりません。

で、完成したガゴ本と、前書きなどの付録用赤本、青本を、作品ごとに決まったレイアウトで、所定の色に染め上げた商品袋に配置してゆきます。ワタシ、この作業と次の書写作業だけは2Dクライアント使うんです。並べる精度はやはり2Dの方が格段に上ですので。

UO000036

なかなかに辛うございます。

そして、並べ終わったまっさらの本達に、原版から書き写してゆきます。

これは意外と楽な作業ですが、今回は4作品×6セットという大量生産だったため、なかなかに骨が折れるものの、心地よい疲労です。

 

が、そんなとき、思い出します。

探偵リヒトシリーズのセールスポイント。現場検証用ルーンブックの存在を。

時間も無いけど気力もない。そんなワタシには頼れるこの人が!

毎度おなじみアンズ師匠です。

実にお気軽に引き受けてくださいます……っていうか、むしろ嬉しそうなのが不思議です。よっぽどヒマだったようです。

 

ご存じない方のために説明すると、うちの作品はだいたいルーンブックが付属しておりまして、そこには作中の事件現場や当事務所、本屋のルーンなどが入っているのです……が、焼いたルーンはそれぞれ名前を書き換えてルーンブックに入れているので、急造のお手伝いさんではなかなかのお手間がかかるはずなのです。

しかし、そんなことはものともせず、我らがアンズ隊員は頑張ってくれました!

UO000039

こうして頼もしい仲間の協力の下、準備は完了。

店頭販売分を陳列した残り、各巻三セットを携え、本日のさくらマーケットに臨みます!

今回もちょっと変な場所で営業予定ですので、ぜひお探しの上お立ち寄りくださいね。

 

あ、そうそう。

ギルドABBが運営する酒場「Bar NKT」も今回のマーケットの合同酒場に参加させていただくようですので、色々話しかけてやってください。喜びますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*