【倭国】ひみつショップ in 大行商

みなさんこんにちは。

FLIPPYです。

昨日は倭国大行商 in Vesperでした。

大行商スタート!

大行商スタート!

普段仕切っていらっしゃるLaura首長の代打として、開催地VesperのGura首長による進行でした。

ワタシは大行商はまだ二度目の出店です。前回はおとなしく備え付けのテーブルで探偵リヒトシリーズ第一巻を販売していたのですが、そろそろ本来のスタイルを倭国にも持ち込もうと気合充分で臨みました。

そう。

ひみつショップ。

会場がVesper銀行前と言うことで……銀行カウンターを占拠することに。

ひみつショップ「そうだ、お金下ろして本買おう」開店です。

ステージ横とは言え、室内ですから最初はなかなか気付いてもらえず、退屈な時を過ごします。

お? 誰か入って来ました!

「らっしゃい! ひみつショップ『そうだ、お金下ろして本買おう』へようこそ!」

「なにここwww銀行占拠してるwww」

「ここは銀行です。お金を下ろして本を買って下さい」

「えー」

なんと言っても銀行ですから、お金も下ろし放題ですし「今ちょっと荷物が多すぎて……」なんて言い訳も通用しません。我ながらナイスアイデアです。

そうこうしている間に、宣伝の甲斐あって、はじめからお目当てにしてくださっていた方々がお越しになり、お買い上げいただきます。その合間にはもちろん、たまたま銀行に入ってしまって断り切れずに……な方もいらっしゃいましたが、ワタシは情けなどかけません。

銀行で本を買わされる犠牲者のみなさま

銀行で本を買わされる犠牲者のみなさま

すでに第一巻を入手されている方もいらっしゃれば、今回が初めてで、まずは第一巻をという方もいらっしゃいます。これは早々に倭国支店を立ち上げて、ラインナップを揃えないといけないと、強く思いました。

そして気がつけば、まだ大行商も中盤といったところで、見事に完売!

お買い上げいただいた皆さま、本当にありがとうございました!

その後、キノコを買わせていただいたり、デザイナーさんに洋服を誂えていただいたり、MoonWalkerをいただいたり、モンバット様から本を買わせていただいたり、ステージ上で行われたゲームを見て「エクシールさん、スゲェ!」と感動したり。

参加者の数はそれほど多いとは言えなかったと思いますが、それでもとても和気あいあいなマーケットを堪能させていただきました。主催者、参加者の皆さま、ありがとうございました。

 

今日はついに、第二回短文館の結果発表!

本来勝ち負けを競うものではないと思いますが、やはり他シャードから「本屋やってるんだぜ?」みたいな肩書きでやって来ただけに、どうしても結果も気になってしまう俗物根性たっぷりのワタシです。

良い結果が出たら、桜の探偵事務所でLichtの事件記録を物語に書き起こし中のNaominに、伝えてあげようと思います。

他シャードとはいえ、ライブイベントと重なっているのでアレですが、できれば皆さんもお越し下さいね! 本日22時よりユーゲート南へすぐのイベントホールにて開催です!

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

第26回倭国大行商 in Vesper に出店予定!

こんにちは、FLIPPYです。

さて、本日投票締切の「第二回ムーングロウ短文館」ですが、皆さまもう投票はすまされましたか?

ワタシに限らず、おそらく参加者の皆さまも投票はもちろんのこと、感想を書き込んでいただけることを心待ちにされているのではないかと思います。まだの方はYewゲートから南にすぐのイベントホールへGO! ちなみに明日が結果発表ですよ~!

Yewゲートから南へすぐ!

Yewゲートから南へすぐ!

それはさておき、今日は倭国大行商ですね。

こんなステキな本イベントに参加しておきながら、大行商に出店しないなどあり得ない。

ということで、現在製本作業を急ピッチで進めております。

製本係長の作業風景

製本係長の作業風景

以前の大行商で探偵Lichtシリーズの第一巻を発売しましたので、今回は第一巻と第二巻をひっさげてはせ参じようと作業をしております。

……でも、間に合わない可能性もなきにしもあらず。

大行商にお越しの皆さま、冷やかし歓迎ですので、どうぞ立ち寄ってくださいね!

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

 

倭国へ……

こんにちは、営業部長兼製本係長のFLIPPYです。

さて、本屋の再開準備を進めている最近ですが、せっかくなら過去作品の改訂もやってから製本作業を再開しようとのんびり作業をしております。

しかし一度ついたサボり癖は簡単に抜けるものではなく、どうしたものかと思案しておりましたところ、目に飛び込んできたのは「第21回倭国大行商 in Britain」のニュースでした。

ちょうど他鯖への出店を目論んでいたところでしたが、サボり癖を矯正するにはやはり期限のあるマーケットへの行商参加ではなかろうかと思い、行商参加の準備を始めました。(当日の朝に……)

ずいぶんと古い作品になってしまいますが、やはりLicht&FLIP BOOKSHOPといえば、探偵Lichtシリーズですのでまずは第一巻からの販売とすることに決定。早速倭国用の原版作成に取りかかります。表記ミスや気に入らない表現を最低限修正して原版を作成。まえがきやあとがきなどにも倭国向けの内容を追記します。

それにしても、愛にはあふれているものの、やはり古い作品です。Naominの処女作ですから、今読み返すと、読みにくいこと読みにくいこと……。いっそのこと彼女に全編書き直しのオーダーを出そうかと思いましたが、まあ稚拙なのも歴史ですし、そもそもそんなこと始めたらいつまでたってもお店の本格再開が出来なくなりそうなので、今回は見送りました。

倭国のFLIPPYはまだ書写も見習い段階で、製本用の100Pガゴ本の製作にも苦労する有様だったり、インク定着用の赤い葉っぱがまったくなくて途方に暮れたりと、かなりてんやわんやの製本作業となりましたが……いやぁ、なかなか楽しい。

やはりワタシは本屋さんなのだと改めて実感。

そして夜になり、ギリギリで会場に作品を搬入、ついに倭国大行商が始まりました!

倭国大行商 in Britain スタートです!

倭国大行商 in Britain スタートです!

ワタシの桜での行商スタイルと言えば、マーケットの喧噪から少し離れた場所でひっそりと開く「ひみつショップ」ですが、出だしの人通りがそれほど多くなかったことと、倭国本格出店の足がかりの場であることを考慮し、ほんの少し中央から離れた場所で素直に開店することにするという何とも弱気なスタートとなりました。

さあ、お客さん……来るかな?

営業部長、出動!

営業部長、出動!

キター!

第一号のお客様!?
「おいくらですか?」
「3000gpです」
「高い……」

「ごめんなさい」

とてもとても買ってほしかったのですが、桜でも決して割引販売をしなかったことを思いだし、泣く泣くお見送り。

まあ、分量があるとは言え、高いのは昔からわかっています。でも、この価格で勝負できなければ、本屋としての生活が立ちゆかないことも桜での経験からわかっていること。そう、ワタシは製本係長兼営業部長。利潤を追求しなくてはならないのです。

そうして悲壮な覚悟を固めたその時、次のお客様が。

「推理小説?」
「はいそうです」
「本格?」
「……だったらいいなぁというレベルです」
「ふぅん……で、おいくらですか?」
「……3000gpです……スミマセン」

二連敗の予感。

「分量は?」

……!

そうだ。

うちの本は(質はともかく)量では自信を持って3000gpいただける商品じゃないか! ワタシは胸を張って答えます。

「本編は100ページガゴ本3冊になります!」

緊張の一瞬が過ぎ。

「じゃあ、いただきます」

こうして、倭国での最初のお客様に無事商品を手渡すことが出来ました。やはり嬉しいものですね。

それが呼び水になったのでしょう。お客様が列をなして下さいます。多めに準備した在庫も残りわずか。大繁盛です!

商売繁盛の図

商売繁盛の図

ワタシが市民として在籍する、ニューマジンシアのぽん太郎首長もその本来のおタヌキ姿で並んで下さいます! これからも市民として貢献いたしますよ!

そして大行商も終わりが近付く頃……怪しげな本が会場にばらまかれました。

SS001391

この本にはこうも書いてありました。

「銀行北の絵画工房地下に集結せよ」

これは本屋として、潜入取材しないわけには参りません。早速檄文に指定されている場所へ向かいます。

そして……

―――――一部報道規制―――――

気がついた時には、ワタシは閉会式の会場で……。

なぜこんなことに……

なぜこんなことに……

なぜか倭国新党なる怪しげな組織の一員として、閉会式に殴り込みをかけていたのでした……。

評議会の面々のやり方に異を唱え、倭国の隆盛のため「なにか」を起こそうとしているらしいこの団体。これからもイベントなどで賛同者を募ってしてゆくようで、目が離せません。

こんなアクシデントもありつつ盛りだくさんだった倭国大行商、運営、出店、ご参加の皆さま、おつかれさま&ありがとうございました!

ワタシFLIPPYもこれをきっかけに本屋さん活動を加速してゆきたいと思います!

SS001402

p.s.

その後、メゾンタヌジェラ第五回コンテスト「ヴェスパーゆるキャラコンテスト」開会式にお邪魔しました。

毎回のことですが、すごい出来映えです。

ここではあえて詳しくは触れませんが、ぜひとも皆さま直接ご覧になって、投票を!

某G首長さまの作品には、BPAでこれほど笑ったことがないと言うくらい大笑いさせられたことは、ここだけの話です。

うーん。

倭国、ステキです。

 

Licht&FLIP BOOKSHOP 店長
営業部長兼製本係長
FLIPPY

 

 

ひみつショップ「肉は肉屋、本は本屋」 於 Pop Up Market In Moonglow

こんにちは、FLIPPYです。

昨日、緊急告知させていただきましたとおり、Pop Up Market In Moonglowにて新刊の先行販売をさせていただきました。

Naominの執筆と校正作業が当日昼までかかり、そのあとワタシがイベント直前まで製本作業に没頭するという強行スケジュールでしたが、何とか間に合って一安心でございました。

一週間前、(差入れがもらえるから)お気に入りのニューヘイブン銀行バックヤードで執筆を開始した時は、こんな感じで余裕だったNaominも

2013UO001580

今朝11時には、作家っぽい悲鳴をあげつつ、本気の締切前モードに!(でも、差入れは募集中)

2013UO001588

そんなこんなで、なんとかお菓子時には執筆&構成を完了させたのでした。

下の画像でおわかりの通り、たくさん差入れをいただきました。ありがとうございます!

2013UO001590

で、そのあとはワタクシFLIPPYの独壇場。

製本平社員のあんずっこを招集し、必死の製本作業が続きます。

なんと言っても、今回はこの日のマーケットに合わせたムーングロウでの物語になっているため、何が何でも販売にこぎ着けなくてはなりません。

2013UO001593

そんな苦難を経て、なんとか製本も完了。

ワタシは久しぶりのひみつショップ営業に心躍らせ、ムーングロウに向かったのでした。

ひみつショップとは、マーケットなどのイベントの動員をあてにしつつ、あえて会場からつかず離れずな場所で隠れるように営業するという、マーケット中心部を盛り上げたいと願う主催者様からすると迷惑極まりない行商スタイルであります。

が、2011年春「サクラサク♪お花見大宴会2011」の片隅で「マル秘温泉秘密ショップ」を営業し、長い眠りから覚め行商を再開、その後数々のひみつショップを続けて参りましたので、あえて空気は読まない方向で。

 

*~*~なつかしのひみつショップ写真館~*~*

sg000842

マル秘温泉秘密ショップ

sg000890

サスペンスショップ「ダンガイ&ゼッペキ」

UO000043

ひみつショップ「路地裏の散歩者」

UO000146

ひみつショップ「海の家の管理人は見た?」

2012UO000279

ひみつショップ「陸の孤島」

 

……というわけで、独りよがりなノスタルジーは置いといて、今回のひみつショップの場所を物色するワタシでしたが、ムーングロウの街の中心部は、かなりシンプルなんですよね。建物の配置も、建物の構造も。なかなか隠れ場所が見つからず、焦るワタシ。

しかし、開催の時間は刻々と迫ります。

というわけで、肉屋を占拠しました。

2013UO001600

ひみつショップ「肉は肉屋、本は本屋」堂々のオープンです!

肉屋と本屋の夢のコラボが実現です。

とまあ、バカなことをやってるうちに、マーケット開催です。

ワタシが知る限り、Sakuraでの大々的なマーケットはずいぶん久しぶり。ワクワクしつつ会場に駆けつけますが……。

2013UO001603

出だしは人もまばらで、正直不安な幕開けでした。

ですが、ひみつショップはそれなりに順調です。実は開店前、時間がないところわざわざうちの新刊を買うためにインして下さった方のご来店もあり、それが呼び水となったのでしょうか? なかなか順調です。

あんず社員も宣伝のルーン撒きに走り回り

ヘイブンの闇商こと、ちゃんさまも姿を変えてお忍びにいらっしゃったり

2013UO001604

いっつも、こっちが恥ずかしくなるくらい熱烈に応援してくれるしおりさんもやって来たり

2013UO001607

マーケット運営の合間に来て下さる方があったり、たまたまこの魔窟に飛び込んでしまって、買わざるを得ない雰囲気に負けてしまう方があったりと、(残りを店頭用にと思って)たくさん印刷した新刊も、在庫わずか!

もちろん、ひみつショップ名物の、覗いた瞬間固まって微妙な笑顔と共に去って行かれる方もそれなりに……。

でもまあ、それも含めて、久しぶりのひみつショップ営業を満喫させていただきました。

そして、こんな一幕も……。

2013UO001608

↑ 遅れて絵描き行商として参戦のギルドABBの大ボス、クリスサンと、さわやかに描いてくれと無茶な要望を出すヘイブンの闇商。

唯一残念だったのは、お金が足りなくて買えないという方も複数いらっしゃったこと。

しかし、当店も本の売り上げで一族郎党生活しておりますし、今までにもたくさん「お金を貯めて買いに来る!」と言ってくださった方もいらっしゃいますから……ここは定価販売の方針をあえて貫きました。ぜひお金を貯めて再びご来店いただけることを夢見ております。

……と、ここで聡明なワタシは気付きました。

なんか……妙に繁盛しすぎてないか?

もしや!

というわけで、会場中心部へ駆けつけてみると……まあ見事に人でごった返しています。

不覚にもSS撮り忘れましたが、行商もたくさん、くじには長蛇の列……まさに祭り!

やはりみんな、お祭りが好きなんですねぇ。素敵な光景です。

しかも、ワタシ的に嬉しいのは、本文化の普及に熱心な庭梅さんが催事請負されているだけあって、本屋さんの出店も目立っていたこと。あまり会場内をゆっくり見る時間はなかったのですが、とりあえず戦利品!

2013UO001617

kobutorijiisanさん著 : WildFancy Story

2013UO001618

Yumemiさん著 :

  • AIは恋心を抱くのか
  • ブリタニア恋愛帳
  • いろは忍法帳

読ませていただくのはこれからですので、感想は書けませんが、タイトルや装丁を見ただけで、作者さんや作品のタイプが浮かんでくるような、魅力的は作品達です。

やはり、本文化はこの世界には欠かせません。ライバルが増えると、うちの売り上げも下がりそうですので、手放しで喜んでばかりもいられないわけですが!

そして、ついにマーケットもフィナーレへ。

新たに始まった首長制度に基づき、ムーングロウ首長からの依頼という形で実現したこのイベント。やはりブリタニアの世界はこうでなくっちゃと思わせてくれる、素晴らしいイベントでした。世界の仕組みに乗っかるのも乗っからないのも自由。でも、乗っかってこその楽しさがあるのは間違いない。そう思わせてくれるイベントでした。

2013UO001615

画像は切れていますが、上の方には例のごとくくじに並ぶ長蛇の列もあったりします。

市政よりも、自分の市のイベントよりも、我が子の世話に心奪われている首長さまと、首長さまの数倍堅苦しいごあいさつを披露される庭梅小路町長さまの見事なコントラストでイベントは締めくくられました。

お疲れさまでした!

 

ワタシはそっと会場を離れ、ひみつショップの撤去作業を開始。

スカスカになった在庫入れをのぞき込み、ため息ひとつ。

「こりゃまた……増刷大変だなぁ」

でも、やっぱり、笑顔は隠せないワタシでした。

 

というわけで、この日先行発売いたしました探偵リヒトの事件簿シリーズ最新刊「とけない魔法」

近日中に店頭での販売を開始いたします。

それに合わせて当サイトでの告知と内容紹介も掲載いたしますので、お楽しみに!

 

ではまた。

 

FLIPPY

【緊急告知】本日の「Pop Up Market In Moonglow」にて新刊先行発売!

こんにちは、お久しぶりのFLIPPYです。

いきなりの告知ですが、本日8/10、21時より開催の「Pop Up Market In Moonglow」にて、探偵リヒトシリーズ新刊を緊急発売いたします。

とは言え、おそらくいつものひみつショップ形式で店を構えますので、見つからなかったらごめんなさい。

本日はこの新刊と「BRITANNIA 孤島大辞典」のみ持参いたしますので、他の作品がご希望の場合はお店までお越し下さい。

 

なお、店頭ではまだ最新刊は発売開始しておりません。

だって、ついさっき製本が完了したところなんですもの。

ムーングロウでのマーケットに合わせた、ムングロでの物語になっておりますので、店頭販売開始前に、まずは今日のマーケットでの先行発売とさせていただきました。

 

後日、店頭販売開始に合わせて、作品詳細などはこちらのサイトに掲載させていただきます。

では、みなさまのお越しを、こっそりとお待ちしております!

 

FLIPPY

今日のひみつショップは『陸の孤島』です

こんにちは。FLIPPYです。

先ほど前の記事で告知いたしましたとおり『BRITANNIA 孤島大辞典』発売開始いたしました!

また、それに伴い、販売開始記念ひみつショップを現在オープンしております。

場所はヘイブンの……え? ヘイブン? ちっともひみつじゃないじゃん! なんて言わないのです。

ヘイブンはヘイブンでも、さらに人が一番集まる銀行前……!?

……ではなく、銀行の中です。

2012UO000280

改めて銀行の中から外の様子をうかがっておりますと、実に……実にみなさん中に入ってこない!

銀行員さんは泣いています。

というわけで本日のひみつショップは『陸の孤島』と命名しておおくりしております。

まず一番目のお客様は、ヘイブンの豪商こと、ちゃんさま。

制作段階から色々と励ましていただきましたので、記念に差し上げようかともチラッと思わないでもありませんでしたが、やはりそれは商売人のちゃんさまにはかえって失礼! 第一号のお客様になっていただきました!

……それにしても誰も入ってこない。

皆さん壁にへばりついていらっしゃる。

2012UO000284

わざわざ北極からご来店……と思いきや、くまタンも中には入ってきません。

2012UO000282

業を煮やしたワタシはいつもの手に打って出ます。

2012UO000278

矢印ルーン暗号作戦です。

大丈夫。ひみつです。

そんなことをしておりますと、ようやくお客様が来られるようになってきました。

複数のお客様からユー大滝の湖の真ん中の島が入っていることを喜んでいただきました。どちらさまも歴戦の強者とお見受けしましたが……そんなに出回っていないのですかね? ワタシ的にはルーンブックよりも解説の本がメインな気持ちだったので、ちと意外な思いでございました。

中には大辞典が入っている袋にサインをしてくれとおっしゃっていただく方もあり、うれしはずかしなワタシです。

なかなか順調になって参りました。

で、一度お店に戻り、売り子のGeoffrey氏に調子を尋ねると……やばい。売り切れ寸前。

ブログ記事書いてる場合ではなかったようです。

んなわけで、本日のひみつショップはあっさり閉店!

ひみつショップ分の在庫を持ち帰り、Geoffrey氏に渡しますが……現在のこり1セット……。

結構たくさん作ったので、余裕しゃくしゃくで構えておりましたが……夜は狩りにいこ-! とか思ってましたが。

どうやら補充の夜。製本の夜になりそうです。

まさしくうれしい悲鳴です……が、どうぞ引き続き「探偵リヒトシリーズ」もよろしくお願いいたします!

最近複数のお客様からご自分の家や店舗での展示許可の申請があったり、本屋さんルーンブックに入れていただいていたりと、活動の成果が見えてきております。これはやはり、当店の基幹商品である「探偵リヒトシリーズ」、ひいては探偵のリヒトと助手にして事件簿の執筆者であるナオミンの頑張りのたまものであります。

現在、この本屋の店長として、新規事業や新規顧客開拓を考えているワタシではありますが、やはりこの店がこの店である限り、看板商品は探偵リヒトシリーズ以外にはあり得ません。

きっとリヒトもナオミンも、この孤島大辞典の好評に、発奮してますます活躍してくれることでしょう!

そんな発売初日でございました。

とうとう完成! 探偵リヒトシリーズ第五作 & さくらぱーく 8

こんにちは、FLIPPYです。

最終的な構想がまとまったとか言ったのは、そう8月21日の記事でした。

あと1~2週間くらいで刊行できそうだなんて妄想していたのは、そう9月4日の記事でした。

そして、完成時期を発表するのをあきらめ、事務所の全面改築に現実逃避した乗り出したのは、そう9月25日

 

さらにひと月が経過し。

Sakuraのお祭「さくらぱーく 8」で新刊を発売することもかなわず、既刊のみひっさげてニュジェルムビーチに出現。
監視員小屋を海の家と偽って、ひみつショップ「海の家の管理人は見た?」をオープンしていたのは良い思い出です。

UO000146

もはやひみつでもなんでもなくて、ただ祭会場から離れた寂しい場所で営業していただけという。

でも、わざわざ探して駆けつけてくださった、フラーリさんとのお話しで盛り上がって、来て良かったと心底思いました。

それまで通行人の皆さんは、近づいては逃げ、近づいては全速力で退散、という感じだったのですが、フラーリさんの人徳でしょうか? 後半やたら盛り上がり、在庫分はだいたいお買い上げいただくことに成功。結局楽しい楽しいお祭になったのでした。

UO000150

また、今回はひみつショップ以外でもなかなか楽しめました。

最近のイベントでの行商は、いわゆる本気商売の方が多く、しがない本屋のワタクシとしては指をくわえてきてるだけだったのですが……

UO000166

こんな可愛いのとか!

UO000168

こんな素敵すぎる絵本が格安だったり!

良い買い物ができました^^

しかし……うちの本。

高いですかね……?

 

と、まあ、脱線はこのくらいにいたしまして、本題!

先程、ようやく探偵リヒトシリーズ 第五巻 「ひだまりの記憶」校了いたしました!

UO000165

出来はともかく……本当に難産でした。

Naominが毎日うなっておりました。

そして、悪いお知らせです。

 

長いです。

ぶっちゃけ、過去最長です。

 

文字が小さくて読めない人は、気にしないでください。

緑ガゴ本(100ページ)6冊です。大丈夫。読める。

まあ、できてしまったものは仕方ありませんので、このまま発売に踏み切ります。

あとは、現場検証用ルーンブックとか、まえがき、あとがきの本を鼻歌交じりに準備するだけです。

 

というわけで。

2011年11月5日(土)!

いや、6日かも……?

新刊発売です!

店頭での販売はもちろんですが、あなたの町に出没(行商)するかもしれません。

 

作品の詳細は、発売時に改めて発表いたしますのでお楽しみに!

ひみつショップ 路地裏の散歩者 in さくらまーけっと

こんにちは、FLIPPYです。

昨日の日記でお伝えしたとおり、今回も満を持して当店自慢の小説達をゴキちゃんに詰め込み参戦して参りました!

「第59回さくらまーけっと with 第7回桜納涼花火大会ぜんとでぽん!」

アンズ師匠の命令で黒着物に着替えたワタシは、無理矢理持たされた青扇子を両手に、まだ人のいない禅都を走り回って今回のひみつショップ候補地を探します。

UO000040

扇子をオカマっぽくフリフリしつつ走るその姿には、我ながら幻滅です。

禅都は言うまでもなく、和風情緒漂う町。NPCもいっぱいだし広大なお屋敷も多い……のですが、かえってどこに店を開いても町の風景に紛れてしまう感じで納得できません。途方に暮れるワタシでしたが、ひらめきました。

和風の町 → 京都 → 路地(京都中心部は車の入れないような細い路地が至るところにあるので有名です)

そして、ふと辺りを見回すと……

そこには禅都を周回する壁と武具を販売するお屋敷の隙間にある細~い路地があるではないですか。しかもその路地は、花火大会が催される禅都大橋へ続く町の出口のすぐそば。

「これだ!」

会場と微妙に離れつつ、しかも花火会場の近くで人通りは見込める……そして何より「ひみつ」な場所!

そんなわけで早速お店のセッティング!

UO000043

そして、満を持して、ひみつショップ「路地裏の散歩者」営業開始です!

………………

…………

人が来ません。

いや、花火会場とマーケット会場の間に位置しますので、人通りは予想以上に多いのです。が、気付いてもらえない。写真ではワタシの姿が見えていますが、実際この路地から出ると、左側のお屋敷の屋根と、右側の禅都外周の屋根のため、全く見えません。というか、路地があることすらみただけではワカリマセン。

お一人、たまたま気付かれた方はいらっしゃいましたが、何か妙に哀れむような優しいごあいさつを残して去ってゆかれました。

これはいかん。

ひみつショップは、気付いてもらってこそひみつショップなのです。

そこで一計を講じました。

なんと言っても当ひみつショップは推理小説を売るお店。道行く人に暗号で手がかりを与えようではないか!

…………できた。

UO000041

地面に残された、謎のルーン!……しかし、よく見るとその形は何と矢印に!!

もちろんこの矢印の下、白い屏風の右側から入った路地の中がお店です。

なんて素晴らしい矢印……いや、暗号!

こうして見事な仕掛けを施し、ご満悦のワタシは、再び路地の中でお客様を待つ。

待つ。

……待つ。

通りすがりの人が立ち止まります。

ルーンを拾ってどこかへ行きます。
ワタシは泣きながらルーンを並べ直します。

通りすがりの人が立ち止まります。

矢印に沿って近づいてきます。「うわ。怪しいw」と言い残し走り去ります。

通りすがりの人が立ち止まります。

矢印に気付き、お店に気付き、なぜか遠回りして走り去ります。

すでにやさぐれたワタシは、合同酒場で奮闘するアンズ師匠からの物資の依頼にも「もうお店開いてるから動けん」とつれない返事を返します。まだ見ぬお客様を夢見ながら、ふてくされて座り続けます。

そんなワタシも、路地の湿った空気に嫌気がさし、しばし路地から外へ出て、辺りを見回し、深呼吸。続いてため息。

肩を落として路地に戻ったワタシ。

ですが。

そこにはなにやらみどり色の物体……?

「ケロ」

かえるさんです。

この際、人間でなくても!(失礼)

潤む瞳で見つめるワタシのプレッシャーに耐えきれなくなったのか、第一巻お買い上げ! ありがとうございます!

 

そして、これが呼び水になったのか、このあとはやたら繁盛いたしました。おかげさまで最終的にはほぼ売り切れ状態に。

途中、フラーリさんが寄って下さって、物書きについて色々お話しできたのも大収穫でした! スモーキーなお酒も売っていただきましたしね^^

そうこうしているうちに、宴もたけなわ。花火大会です。

我らABBのメンバーも集まって、その風情を堪能します。

 

UO000055

UO000057

うーん。

きれいだった。

ひたすらあがり続ける花火を見上げるワタシのそばを、涼やかな風が通りすぎたような気がします。

ニッポンの夏。

運営の皆様、お疲れ様でした。

さくらまーけっと 2011年5月

こんにちは。FLIPPYです。

先月のお花見に続き、先日行われました「さくらまーけっと」に行って参りました。

もちろん目的は行商。

前回のマル秘温泉秘密ショップに続き、今回は……

ミステリといえばサスペンス、サスペンスといえば、みんな大好き断崖絶壁!

というわけで開店です!

sg000891

サスペンスショップ ダンガイ&ゼッペキ

……というわけで、今回も旧作三作品を販売いたしました。新作はギリギリ間に合わなかったです。残念。しかし、こんな体たらくなのに、あちらこちらからお客様が! 事前に製本していたのですが、本店から在庫を引っ張ってくる羽目に。

途中で、わたしの座っている横の方に、サンダルが揃えておいてあったり(!)、横でクリスさんが似顔絵行商を始めたりととても楽しく商売させていただきました!

まあ、その後、ギルドが詐欺の片棒を無理矢理かつがされたりする事件がありましたが、その後も最近アクトの多い四人でまったり過ごすことができて、楽しかったです。

さあ、今度こそ本当に新刊でます!

今週中には出版できるように、今、Naominが缶詰状態で執筆中。原稿が上がったらわたしが一気に製本してすぐに出版しますので、ぜひお買い求め下さいね!

では、さくらまーけっと恒例のこれで今日はお別れです。

sg000895

桜咲け!

サクラサク♪お花見大宴会2011

こんにちは。FLIPPYです。

ちょっと今さらですが。

おなじみ、さくらいべんとさぽーたーずさん主催のイベント「サクラサク♪お花見大宴会2011」に、Anzu師匠に引きずられて連れて行っていただきました。

詳細はこちらのイベントレポートをご覧いただくといたしまして。

あまり人前には出たくないと思うワタシでしたが、Anzu師匠にかかるとこの通り。

bagball

観客ではありません。

なぜか観衆の前に姿をさらしてバッグボール初体験。

何せ初めてですのでそもそもよくわからん、という状態でしたが、ウマい方がいらっしゃったおかげでいべさぽチームとも対戦させていただいた上に、気がつくと勝っていました。いえい。

しかし、その後は会場の隅っこに引き籠もり、実に数年ぶりのイベントでの本売りの行商。FLIPPYの得意とするところです。

毒々しい温泉の湯煙の向こうで開始です。

sg000842

やはり腐っても、本格推理小説の専門店です。

サスペンスといえば……そう、温泉ですよね……というわけで、ここで女性の入浴客読書好き紳士のご来店を待ちます。このお店を見つけた方の半分以上は、実に気まずそうに帰って行きます。一部近づいてお品書きをご覧になる方もいらっしゃいますが、やはり気まずそうに帰って行かれます。

隠れているから名店……というわけではないのです。残念ながら。

とか何とかいいながら、何と3セットも売れてしまいました。ありがとうございます。

で、そんな中にひとりの紳士が。

どうやらまだUO歴は浅い方のようです。毒々しいお湯の中からワタシに話しかけてくださいます。

「お金を貯めて買いに行きます!」

と、実に嬉しいお言葉。

そんな感激に浸っていると、あら不思議。毒湯に浸った紳士が死体に。

sg000837

事件です。なんといいますか、見事な浮かびっぷりです。

事件が起こると嬉しくなってしまうのが探偵の悪いところですが、今日は我が事務所が誇る探偵Lichtはきておりませんので早々に回収していただくことに……と思いきや、どうやらこの温泉、非常にたくさんのオブジェクトによって作られているようで、うまく回収できません。そうはいっても将来のお客様候補である、前途有望な若者の未来をここで奪うわけにはいきませんので、素にかえってあたふたしつつ何とか回収していただくことに成功いたしました。

そんなこんなで、結局良い出逢いにも、売り上げにも恵まれた今回のイベントは終わりを告げました。

運営の皆様、本当にお疲れ様でした!