サクラサク♪お花見大宴会2011

こんにちは。FLIPPYです。

ちょっと今さらですが。

おなじみ、さくらいべんとさぽーたーずさん主催のイベント「サクラサク♪お花見大宴会2011」に、Anzu師匠に引きずられて連れて行っていただきました。

詳細はこちらのイベントレポートをご覧いただくといたしまして。

あまり人前には出たくないと思うワタシでしたが、Anzu師匠にかかるとこの通り。

bagball

観客ではありません。

なぜか観衆の前に姿をさらしてバッグボール初体験。

何せ初めてですのでそもそもよくわからん、という状態でしたが、ウマい方がいらっしゃったおかげでいべさぽチームとも対戦させていただいた上に、気がつくと勝っていました。いえい。

しかし、その後は会場の隅っこに引き籠もり、実に数年ぶりのイベントでの本売りの行商。FLIPPYの得意とするところです。

毒々しい温泉の湯煙の向こうで開始です。

sg000842

やはり腐っても、本格推理小説の専門店です。

サスペンスといえば……そう、温泉ですよね……というわけで、ここで女性の入浴客読書好き紳士のご来店を待ちます。このお店を見つけた方の半分以上は、実に気まずそうに帰って行きます。一部近づいてお品書きをご覧になる方もいらっしゃいますが、やはり気まずそうに帰って行かれます。

隠れているから名店……というわけではないのです。残念ながら。

とか何とかいいながら、何と3セットも売れてしまいました。ありがとうございます。

で、そんな中にひとりの紳士が。

どうやらまだUO歴は浅い方のようです。毒々しいお湯の中からワタシに話しかけてくださいます。

「お金を貯めて買いに行きます!」

と、実に嬉しいお言葉。

そんな感激に浸っていると、あら不思議。毒湯に浸った紳士が死体に。

sg000837

事件です。なんといいますか、見事な浮かびっぷりです。

事件が起こると嬉しくなってしまうのが探偵の悪いところですが、今日は我が事務所が誇る探偵Lichtはきておりませんので早々に回収していただくことに……と思いきや、どうやらこの温泉、非常にたくさんのオブジェクトによって作られているようで、うまく回収できません。そうはいっても将来のお客様候補である、前途有望な若者の未来をここで奪うわけにはいきませんので、素にかえってあたふたしつつ何とか回収していただくことに成功いたしました。

そんなこんなで、結局良い出逢いにも、売り上げにも恵まれた今回のイベントは終わりを告げました。

運営の皆様、本当にお疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*