ひみつショップ 路地裏の散歩者 in さくらまーけっと

こんにちは、FLIPPYです。

昨日の日記でお伝えしたとおり、今回も満を持して当店自慢の小説達をゴキちゃんに詰め込み参戦して参りました!

「第59回さくらまーけっと with 第7回桜納涼花火大会ぜんとでぽん!」

アンズ師匠の命令で黒着物に着替えたワタシは、無理矢理持たされた青扇子を両手に、まだ人のいない禅都を走り回って今回のひみつショップ候補地を探します。

UO000040

扇子をオカマっぽくフリフリしつつ走るその姿には、我ながら幻滅です。

禅都は言うまでもなく、和風情緒漂う町。NPCもいっぱいだし広大なお屋敷も多い……のですが、かえってどこに店を開いても町の風景に紛れてしまう感じで納得できません。途方に暮れるワタシでしたが、ひらめきました。

和風の町 → 京都 → 路地(京都中心部は車の入れないような細い路地が至るところにあるので有名です)

そして、ふと辺りを見回すと……

そこには禅都を周回する壁と武具を販売するお屋敷の隙間にある細~い路地があるではないですか。しかもその路地は、花火大会が催される禅都大橋へ続く町の出口のすぐそば。

「これだ!」

会場と微妙に離れつつ、しかも花火会場の近くで人通りは見込める……そして何より「ひみつ」な場所!

そんなわけで早速お店のセッティング!

UO000043

そして、満を持して、ひみつショップ「路地裏の散歩者」営業開始です!

………………

…………

人が来ません。

いや、花火会場とマーケット会場の間に位置しますので、人通りは予想以上に多いのです。が、気付いてもらえない。写真ではワタシの姿が見えていますが、実際この路地から出ると、左側のお屋敷の屋根と、右側の禅都外周の屋根のため、全く見えません。というか、路地があることすらみただけではワカリマセン。

お一人、たまたま気付かれた方はいらっしゃいましたが、何か妙に哀れむような優しいごあいさつを残して去ってゆかれました。

これはいかん。

ひみつショップは、気付いてもらってこそひみつショップなのです。

そこで一計を講じました。

なんと言っても当ひみつショップは推理小説を売るお店。道行く人に暗号で手がかりを与えようではないか!

…………できた。

UO000041

地面に残された、謎のルーン!……しかし、よく見るとその形は何と矢印に!!

もちろんこの矢印の下、白い屏風の右側から入った路地の中がお店です。

なんて素晴らしい矢印……いや、暗号!

こうして見事な仕掛けを施し、ご満悦のワタシは、再び路地の中でお客様を待つ。

待つ。

……待つ。

通りすがりの人が立ち止まります。

ルーンを拾ってどこかへ行きます。
ワタシは泣きながらルーンを並べ直します。

通りすがりの人が立ち止まります。

矢印に沿って近づいてきます。「うわ。怪しいw」と言い残し走り去ります。

通りすがりの人が立ち止まります。

矢印に気付き、お店に気付き、なぜか遠回りして走り去ります。

すでにやさぐれたワタシは、合同酒場で奮闘するアンズ師匠からの物資の依頼にも「もうお店開いてるから動けん」とつれない返事を返します。まだ見ぬお客様を夢見ながら、ふてくされて座り続けます。

そんなワタシも、路地の湿った空気に嫌気がさし、しばし路地から外へ出て、辺りを見回し、深呼吸。続いてため息。

肩を落として路地に戻ったワタシ。

ですが。

そこにはなにやらみどり色の物体……?

「ケロ」

かえるさんです。

この際、人間でなくても!(失礼)

潤む瞳で見つめるワタシのプレッシャーに耐えきれなくなったのか、第一巻お買い上げ! ありがとうございます!

 

そして、これが呼び水になったのか、このあとはやたら繁盛いたしました。おかげさまで最終的にはほぼ売り切れ状態に。

途中、フラーリさんが寄って下さって、物書きについて色々お話しできたのも大収穫でした! スモーキーなお酒も売っていただきましたしね^^

そうこうしているうちに、宴もたけなわ。花火大会です。

我らABBのメンバーも集まって、その風情を堪能します。

 

UO000055

UO000057

うーん。

きれいだった。

ひたすらあがり続ける花火を見上げるワタシのそばを、涼やかな風が通りすぎたような気がします。

ニッポンの夏。

運営の皆様、お疲れ様でした。

華麗なる推理小説家の裏側

ごめんなさい。

華麗だなんて嘘をつきました。FLIPPYです。

相変わらず、よく買っていただいております、うちの探偵リヒトの推理小説。まことに有難うございます。

しかし、おかげさまで本日さくらマーケットに出店予定だというのに、在庫が底をついており、大至急増刷の手配をはじめます。というかその辺の仕事は全部ワタシの役割なのですけれど。

うちの作品は長編ですので、ちょっと書写して終わりというわけにはいきません。

まずは一冊100ページのガーゴイル本を作るところから始まります。

材料は……一冊あたり、白紙スクロール×40とミツロウ×2

白紙スクロール40が地味に堪えます。材料費もさることながら、スクロ1あたり、重量も1ですので、一度にあまりたくさん持てません。ということは最大数作成を実行しても、結局つきっきりでスクロを自分のバックパックに移動し続けなくてはなりません。

で、完成したガゴ本と、前書きなどの付録用赤本、青本を、作品ごとに決まったレイアウトで、所定の色に染め上げた商品袋に配置してゆきます。ワタシ、この作業と次の書写作業だけは2Dクライアント使うんです。並べる精度はやはり2Dの方が格段に上ですので。

UO000036

なかなかに辛うございます。

そして、並べ終わったまっさらの本達に、原版から書き写してゆきます。

これは意外と楽な作業ですが、今回は4作品×6セットという大量生産だったため、なかなかに骨が折れるものの、心地よい疲労です。

 

が、そんなとき、思い出します。

探偵リヒトシリーズのセールスポイント。現場検証用ルーンブックの存在を。

時間も無いけど気力もない。そんなワタシには頼れるこの人が!

毎度おなじみアンズ師匠です。

実にお気軽に引き受けてくださいます……っていうか、むしろ嬉しそうなのが不思議です。よっぽどヒマだったようです。

 

ご存じない方のために説明すると、うちの作品はだいたいルーンブックが付属しておりまして、そこには作中の事件現場や当事務所、本屋のルーンなどが入っているのです……が、焼いたルーンはそれぞれ名前を書き換えてルーンブックに入れているので、急造のお手伝いさんではなかなかのお手間がかかるはずなのです。

しかし、そんなことはものともせず、我らがアンズ隊員は頑張ってくれました!

UO000039

こうして頼もしい仲間の協力の下、準備は完了。

店頭販売分を陳列した残り、各巻三セットを携え、本日のさくらマーケットに臨みます!

今回もちょっと変な場所で営業予定ですので、ぜひお探しの上お立ち寄りくださいね。

 

あ、そうそう。

ギルドABBが運営する酒場「Bar NKT」も今回のマーケットの合同酒場に参加させていただくようですので、色々話しかけてやってください。喜びますので。

さくらまーけっと 2011年5月

こんにちは。FLIPPYです。

先月のお花見に続き、先日行われました「さくらまーけっと」に行って参りました。

もちろん目的は行商。

前回のマル秘温泉秘密ショップに続き、今回は……

ミステリといえばサスペンス、サスペンスといえば、みんな大好き断崖絶壁!

というわけで開店です!

sg000891

サスペンスショップ ダンガイ&ゼッペキ

……というわけで、今回も旧作三作品を販売いたしました。新作はギリギリ間に合わなかったです。残念。しかし、こんな体たらくなのに、あちらこちらからお客様が! 事前に製本していたのですが、本店から在庫を引っ張ってくる羽目に。

途中で、わたしの座っている横の方に、サンダルが揃えておいてあったり(!)、横でクリスさんが似顔絵行商を始めたりととても楽しく商売させていただきました!

まあ、その後、ギルドが詐欺の片棒を無理矢理かつがされたりする事件がありましたが、その後も最近アクトの多い四人でまったり過ごすことができて、楽しかったです。

さあ、今度こそ本当に新刊でます!

今週中には出版できるように、今、Naominが缶詰状態で執筆中。原稿が上がったらわたしが一気に製本してすぐに出版しますので、ぜひお買い求め下さいね!

では、さくらまーけっと恒例のこれで今日はお別れです。

sg000895

桜咲け!