籠もる者、さすらう者

こんにちは、FLIPPYです。

Naominは相も変わらずヘイブンの銀行を臨時の書斎として執筆に励んでいるようです。前作に引き続きなかなか難産のようで、公共施設なのに勝手に缶詰状態になっております。ごはんを食べに行く余裕もないようで、日々みなさまに食べ物や飲み物を差し入れていただきながら頑張っているようですので、完成までもうしばらくお時間をくださいませ。

2012UO000346

↑ 差し入れの豚の丸焼きをもりもり食べつつ執筆に精を出すNaomin先生と、いつも応援してくれるステキ女子・Sさま

 

というわけで、新作発売まではもう少しかかりますので、情報を。

今度の作品が完成していないにもかかわらず、次の企画が水面下で進行中でございます。細かくは申せませんが、探偵リヒトシリーズの番外編もしくはまったく別のものとして発表することになるでしょう。推理小説ではなく、なんていうのかな……難しいのですが、ブリタニアの世界観や歴史に興味がある方には楽しんでいただけるのではないかとワクワクしております。

また、現在他シャードへの書店の進出を目論み中です。

とりあえず現状では飛鳥に店舗付きで進出することを考えておりますが、レンタルベンダーのみでの進出は他鯖についても検討中です。ただ、Sakura以外ではまったくキャラが育っておりませんので前途多難でございます。メインシャードでないことをご理解の上、本屋さん活動をサポートしてやろうという奇特な冒険者さま、ギルドさま、よかったら声をかけてやってくださいませ。

 

ところで、Naominが缶詰状態の今、我らが探偵Licht氏はどうしているのでしょうか?

 

……どうやら自慢の船で、ブリタニア大航海を満喫中のようです。

ブリ近郊の事務所前から出港し、各地の宿に宿泊しながら見聞を広めているようです。

ヘイブンにしばらく寄港したのち、ニュジェルムの豪華な宿の居心地の良さに一週間も逗留し、一路北の果てへ。

2012UO000355

思い立って立ち寄った献身の神殿では自分は誰のために生きているのか、しばし考えにふけり

2012UO000356

北極デシート島では、かの有名なかまくらに……あえて入らず上に乗って叫んでみたり

気ままなものです。

その後東回り航路をとったLicht探偵は、ユーを眺めつつスカラブレイに入港、滞在ののち南下して、現在はジェロームの港に寄港している模様です。まだしばらく時間をかけつつ、このあとは南海に存在する名誉・武勇・謙譲の各神殿を巡り、海上マーケットやヘイブン、マジンシア辺りを周遊ののち、帰途につくつもりのようです。おそらくNaominの執筆が終わる頃には戻ってくるのではないでしょうか?

2012UO000357

↑ なぜかスカラブレイの港でLicht探偵を出迎えるギルドABBのネズミ姫・あんずさん

本当に、事件がないときの探偵ほど、社会不適格な人種はいないものだと、山のように仕事を抱えているワタクシFLIPPYは思うのでした。

 

最後にそんなわたしの近況ですが……え? いらん? いや、まて……まってください。

最後まで読んでください。

 

ギルドABBにも活気が戻ってまいりました。

ネズミ姫ことあんずさまがようやく復調の兆し。やはりあんさまが戻ると活気が出ますね。

もうIRCのお留守番をする生活には疲れたのです。

嬉しかったので、彼女の一族の戦士・のすたる君にちょっと装備を提供してみたり。

 

あとは酒場の復活までこぎ着けることができればいうことなし。

 

以上でした。

それでは新作の完成を楽しみにお待ちくださいね!

(今さら)はじめてのMLボスとか出逢いとか

こんにちは、FLIPです。

もうすぐお正月休みも終わりですね。

まあ、すぐに三連休が待っているわけですが。

ワタシの今年のお正月と言えば、UO漬け。普段のお正月は自宅にいないことも多いのですが、今年はたまたまどっぷり引きこもれる感じに。

 

しかし、普段仲良くしている方々は、皆さんそれぞれ正しいお正月の過ごし方をされているようで、全く出会いません。そこで、一族の中で唯一戦闘がメインとも言えるワタシ、FLIPは思い切っていろいろ装備を揃えることに。

そう思い立って一時間後……レアフェスの尋常ではない価格帯にすっかり金銭感覚が狂ってしまったワタシは、すっかり見違えたお姿に。

早速今まで散々骸の山を築いてきたベドラムに……レッドデスが他のを引き連れてくるとまだ厳しいものの、何とかなる! 最奥の赤ネームネクロマンサーもナントカ倒し、鼻高々!

実はいきなり戦闘に励むようになったのは、その前の日、Steezさんご一行に初MLボスに連れて行っていただいたからなのですが、いくら鍵を集めても、一人でボスに突入するなどという変態的行動には踏み切れません。そんなわけで一人ヘイブンに戻ったところ、またしてもSteezさんが! 結局鍵集めをお手伝いいただき、魔法使いFLIPPYと交代してお仲間さん達とボス戦へ!

なんで図書室に鹿の化け物がいるのかとか、激しく燃えさかる炎に引火しない本の根性に感服してみたり、いろいろの思いが胸をよぎるうちに終了。とりあえずGドラ・マツコの回復は頑張った。

さらに今日は、鍵など集めるつもりは毛頭なかったにもかかわらず、かってに集まってしまった光晶洞。

とりあえず必要な人がいたら差し上げよう、というくらいの気持ちでヘイブンに戻ると、そこにはやはりStee……以下略

そんなわけで、今日もWispの親玉みたいなヤツを討伐! 本当にお世話になりました。今回はワタシが名誉を取って突撃……とのご指示だったのですが……名誉は間違えて普通のWisp相手にとってしまうわ、何度も死ぬわ、まさに戦力外の大活躍。それでも皆さんは優しく、初挑戦のワタシに戦利品を下さいます。ぜひまた違うところの鍵を集めてヘイブンを徘徊いたしますので、よろしくお願いします。

ワタシは実際のところ、強いボスを倒すということよりも、珍しい生産素材がほしいんですね。それをホームセンターのNANAに横流しすることで、ちょっとは高級な生産品を作ってほしいのです。だって今のままだとあまりにショボイ品揃えなんですもの……。

で、話は戻って、昨日の朝。

さっき述べた、ワタシの装備強化の途中。どうしても人間着用可能の回避足が見つかりません。

疲れ果ててヘイブンに立ち寄ったワタシのそばに忍び寄る怪しい人影……Sakuraはヘイブンの豪商といえばこの人、ちゃんさまです。売買リストにはないもののおそるおそる尋ねてみます。……が、やはりお持ちでないご様子。……が、なんと後ほどお会いしたときにはすでに見つけて入手済!

さすが豪商です。おかげさまで目指す装備の最後のひとピースがはまったのでした! ありがとう、ちゃんさま! 他にも我がBOOKSHOPの他鯖出店計画のご相談にも乗っていただいたり……まさか途中まで冗談だと思われていたとは……。うはは。

なんだかとめどない活動日記になってきましたが、最後にひとつ。

これも昨日の夜の出来事です。

Steezさんに連れられてのボス退治の帰り、ヘイブンの街に一人佇むナイスガイ。

彼の名はアヴァロン。ピカピカのヤングマンタグがまぶしい。

なんとなく話しかけてみます。

で、ワタシが本屋をしていることをお伝えすると、お店に来たいとのこと。

獲物です。(嘘)

早速お連れして、作品の概略をお伝えすると、買いたい! でもお金が……と、よくある展開です! 当然きちんと 逃げられないように 付き添ってヘイブンの銀行まで戻ってきます。が、ここで異変が……。

「ちょっと待っててくださいね~」

そういって駆け出すアヴァロンさん。

……ヤングだから家はないだろうし、復帰組でもないみたいだし…………逃げた?

寒空の下、疑心暗鬼にとらわれるワタシ。

……5分以上は待ったでしょう……もうだめか?

しかし、そんなワタシの目の前を駆け抜けるアヴァロンさん! ……そしてNPC。

もしかして……エスコート?

慌てて追いかけるワタシが目にしたのは、罪もない動物たちを次々に狩っては皮をはぎ、売り飛ばし、頃合いを見ては嫌がるNPCを強引にエスコートするアヴァロンさんのお姿でした! そうです。本を買うお金を稼いでいたのです!

これはこちらも礼を尽くさねばなりません。

無事本代を稼いだ彼を連れて、あえてゲートは出さずに、ブリゲートから徒歩で本屋に向かいます。

そして無事第一巻お買い上げです。ヤングさん相手なんだからあげたらいいのに、というご意見もあろうかと思いますが、二つの理由で「否」です。

まずは自分の書いた本の価値を自分で下げたくないということと、今まで買ってくださった多くの方のためにも定価販売を貫きたいということ。そしてもうひとつはやっぱり……ねぇ? ヤングさんだからこそ、ほしいものを手に入れるための努力……という楽しみに水を差したくないということ。

そのかわり、アヴァロンさんには、うちの中を案内したり、お手製のT街RBを差し上げたりいたしました。

これからも仲良くできるといいなぁ……。

 

ワタシがこの文章を書いている最中……FLIPPYはレアフェス会場付近、というよりさくらまーけっと予定地でひみつショップを開いています。

露店予定地のど真ん中でやってるみたいですが……お祭当日以外のお祭会場ほど「ひみつ」な場所はないようです。

2012UO000232

レアフェスにはひとが一杯なのに、見事に人が流れてこないようです。

たまたま近づいていらっしゃった方は、無言で走り去ることもしばしば……。

まあ……毎度のことですけどね……。

しかし、何人かは話しかけて下さり、FLIPPYも喜んでおりました。特にイベントスタッフのブレンドさま……「ひみつすぎるw」とのお誉めのお言葉とステキな差し入れ、ありがとうございました。

 

それにしても、新年早々、楽しい、嬉しい、ステキな出逢いがたくさんすぎて……感謝!

あとはいつも仲良くしている方のご帰還を待つばかり。

そんなFLIPのお正月でした。