大倉崇裕(おおくら たかひろ)

略歴

大倉崇裕. (2010, September 1). In Wikipedia. Retrieved 02:19, December 12, 2010

大倉崇裕(おおくら たかひろ、1968年 – )は日本の推理作家。1968年生まれ、京都府出身。学習院大学法学部卒業。

出版社勤務を経て、1997年、「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞佳作を受賞。1998年「ツール&ストール」で小説推理新人賞を受賞。2001年にデビュー。

怪獣や特撮、フィギュアなどにも造詣が深く、これらを題材にした作品(『無法地帯 -幻の?を捜せ』)も発表している。また、ウルトラマンマックスの第7話の脚本や、『刑事コロンボ 殺しの序曲』『刑事コロンボ 死の引受人』などの翻訳(ノベライズ)も手掛けている。

以上引用終わり

関連リンク

無法地帯
大倉崇裕先生の公式サイトですが、現在は更新はおこなわれていません。現在は下の「Muhoの日記」にて更新がおこなわれています。
Muhoの日記
大倉先生の公式ブログ。小説のことだけではなく趣味のことや日々の記録が記されています。

読んだ作品リスト

「季刊落語」シリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*