なんとか落語会と呼べる感じに……

皆様のアツい支援のおかげさまで、残席も10いくつくらいとなって参りました。

定員が30名なこととか、10いくつには19も入るということからはすっかり目を背けております。

平和な事務局です。

チラシの方もボチボチ配りはじめております。基本、貧乏興行ですので、安い紙で作成しておりますが、近所の有名な紙屋さん、楽紙舘の京都文化博物館店で、半端になった紙を裁断して安く売っているものを購入してきました。半端とは言え、ちゃんとA4サイズですので問題ありません。

20101107162327

ただ、当然量は揃いませんので、その分色とりどりの紙を買うことになりましたが、元が質のいい紙ですのでそれもまたいいかもしれませんね。

あと三週間あるとは言え、ネット上で立川こしらに注目してくださっている方がすでにご予約してくださったと考えれば、これからが大変そうですねぇ。

そうそう、洛紙館の支店が入っている京都文化博物館ですが、リニューアルのため2010年12月6日から半年ほど休館となるようです。町中の気軽な博物館として人気のスポットですから、これはこしら京都落語会の前にふらっと行ってみるなんていかがでしょう?

うん! それはいいアイデアだ!

それでは失礼します。

 

なんだかんだでお客様を呼ぶのに必死な事務局でございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*