8月 232010
 

私が運営しているサイトに、ミステリ書評やPCゲームレビューを書いている「SIDE_FLIP あかずの書斎」というサイトがあります。

元のサイトはXHTML+CSS で作成していたのですが、新サイトはこのブログと同じWordpressで作成しているので、コンテンツ移行が手作業です。

なかなか死ねます。

一応自分なりに工夫をして効率化をしております。

私はブログ投稿にWindowsのLive Writer を使っています。カテゴリ、タグ指定やスラッグ指定にトラバ、pingまでほぼ完璧なので、ブログ投稿にはこのソフトが欠かせません。

しかし、元サイトが独自のCSS設定をしてデザインをしていたのをある程度流用したいのですが、classにCSS設定をしているケースが多いので、そうなるとLive Writerの場合、ソースにいちいち直接クラスを書き込まないといけないので、ちょっと煩雑すぎます。

また、これは今までにも思っていたのですが、Live Writerの場合、テンプレート機能がないので、同じ構成の記事を多数投稿するにも少々不便です。でなくても、アフィリエイトやブログランキング用ボタンなどを毎回挿入するのも結構めんどくさかったりいたします。

そこで、この機会にDreamweaver とLivewriter の連携を試してみました。

まず、Dreamweaver側でテンプレートを作成します。これを新サイトとして登録しておき、同サイト内にWPのCSSファイルをローカルに落としておいてリンクさせることで、DW上で独自クラスなども簡単に指定できるので便利です。

通常はサイト登録をしたら、アップロードのための設定もするのが普通ですが、今回はその必要はありません。

で、記事を基本的にDW上で書いたあと、そのソースをそのままLivewriterにコピーして、カテゴリなどの設定をした後にアップロードするだけです。

この手順は、新記事を書く時のものですが、旧記事の移行の際も、このテンプレに沿って元記事からコピペしていくことで、かなり機械的に楽にできます。

一つ一つの記事が独立しているブログならよいのですが、書評/レビューサイトということで、記事ごとのフォーマットや書式を統一感のあるものにしたいわけです。そうすると、例えば文字の強調や、ネタバレ注意の書式など、どうしてもタグに対するCSS指定だけでは追いつかない場面が出てきますので、独自クラス指定が楽にできるDWを使うのがとっても便利なのですね。

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Tipsへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

1月 042010
 

たいした設定無しで、おしゃれなポップアップPhotoを演出できるWordpressプラグイン「FancyBox
Lightbox2などのように<a>タグ内の属性指定の必要もなく、管理画面以外から投稿した記事の写真も自動でポップアップさせてくれるという優れものです。

では、Live WriterからFlickr Imageプラグインを使ってFlickr内の写真を入れるとどうなるか試してみようと思います。

the western skies in the end of year

こちらはデフォルトのまま。

画像にFlickrの該当ページへのリンクが貼られていますので、当然そちらへ飛んでしまいます。

これで、Flickr内の写真がポップアップで出てきたら最高なんですけどね~。

ただ、Flickrの該当ページには色々写真の情報やdescriptionがあったりするので、人によってはその方が好ましいかも知れません。

The JIZOS

こちらは上と同じようにFlickrから貼り付けてから、画像を指定しての右側のメニューから、リンク先をFlickrの該当ページではなく、イメージファイルそのものに設定しました。

すると、見事にFlickr内の元画像がポップアップで表示されました。

めでたしめでたし。

ちなみにLive Writerお得意の写真表示の特殊効果はFlickr写真には使えないようです。

ちょっとだけ残念。

でも、完全に実用的です。