7月 032010
 

まんだら探偵 空海 いろは歌に暗号 [かくしごと](鯨統一郎) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

意外な良作。

鯨先生の歴史新解釈ものが好きな方はぜひ!!

著者 :鯨統一郎
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2004.8 ノン・ノベル
文庫版発行 : 1994.7 祥伝社文庫

とんち探偵一休さんシリーズに続く、陰陽師・六郎太と白拍子・静のコンビが歴史の謎に挑むシリーズ。

今回の謎はいろは歌に隠された暗号。

時の帝・上皇・藤原薬子・坂上田村麻呂らが絡む壮大なミステリを空海・最澄のライバルが紐解く。

こんな人にお薦め

  • 歴史ミステリが好きなあなた
  • 鯨流歴史新解釈がお好みのあなた

 

とにかく、タイトルのB級っぽさに騙されないで、読みやすく仕立ててあるものの、史実を大切にした良質の歴史ミステリです!

詳細レビューは↓からどうぞ

まんだら探偵 空海 いろは歌に暗号 [かくしごと](鯨統一郎) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

5月 092010
 

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

 

いい歳になってくると、なかなか本屋で手に取りにくいこのシリーズです。

著者 : 西尾維新
発行元 : 講談社
新書版発行 : 2002.5 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2008.6 講談社文庫

戯言使いの「ぼく」を語り部とする「戯言シリーズ」第二弾。

今回は「ぼく」と殺人鬼・零崎人識の出会いと、その周辺で起きた「ぼく」のクラスメート達の殺人劇。

こんな人にお薦め

  • ひと味違う。それでもあくまでも本格ミステリな本をお望みのあなた
  • 本屋さんであの派手な表紙がこっぱずかしくて迷ってしまっているあなた
  • 萌えキャラがヒドイ目にあってもミステリだから仕方ないと言える

とにかく食わず嫌いはもったいない。
確かに好き嫌いは分かれるでしょうが……

読むなら前作(クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎)からでしょうが、ミステリとしても、戯言シリーズとしてもより深く、洗練された感じですので、前作ではまりきれなかった人も読む価値あると思います。

 

詳細なレビューはこちら ↓

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

 

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

5月 042010
 

稀覯人の不思議 (二階堂黎人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

今回は、「手塚治虫」+「古本収集」×本格ミステリな珍品なこの作品をお届けします。

著者 : 二階堂黎人
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2005.4 カッパノベルス
文庫版発行 : 2008.10 光文社文庫

ライト感覚が売りの水乃紗杜瑠(みずのさとる)シリーズ、学生編第3作。

「手塚治虫」「古本収集」を中心に据えた蘊蓄と物語を、自身手塚治虫と古本マニアの二階堂先生がマニアックに、しかも本格ミステリとして描いた作品。

こんな人にお薦め

  • 手塚治虫好きなあなた
  • マニアな世界が好きなあなた
  • それでもやっぱりミステリは本格命なあなた

なんというか、一読するとミステリというより手塚治虫と古書収集の蘊蓄本です。

しかし、二読するとやっぱり二階堂先生らしい王道の本格ミステリなのです。

読む価値ありですよ!

 

詳細なレビューはこちらから!

稀覯人の不思議 (二階堂黎人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

 

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

4月 152010
 

伯方雪日(はかた ゆきひ)先生。

ご存じでしょうか?

「誰もわたしを倒せない」

2004年に東京創元社から発売された連作短編集。
プロレス、格闘技の世界を描いたミステリという、かな~り異色な作品でして、ミステリとしては荒削りな感があるものの、異様に印象に残る作品でした。

……が、それから文庫版は発売されたものの、その後とんと音沙汰がないまま(ケータイ小説の連載などはあったようですが)だったのですが、今年になって「蝦蟇倉市事件1」というアンソロジーで、伊坂幸太郎先生、道尾秀介先生などのビッグネームと競演という形で大復活を遂げた伯方先生。

そんな先生の初の長編が近々出る!(らしい)

 

その名も

『我が血を嗣ぐもの アオテアロアの死闘館』

「いったん完成した懸案の長編(仮題「我が血を嗣ぐもの ~アオテアロアの死闘館」)ですが、編集さんのご指摘を受け、改稿中です。」(伯方先生のブログ、2007年4月5日分より引用)

もう出ないと思ってました(失礼)

これは楽しみです。

どんな内容なんだろな?
見ようによっては、館ものにも、格闘ものにも思えてきます。

ちなみに「アオテアロア」とは「白く長い雲のたなびく地」「ニュージーランド」といった意味もあるほかに、そういう名前の小惑星もあるとか。

ニュージーランドの孤島にある館で格闘家が殺し合い……。
それともSF……?

まさかね。

東京創元社によると6月以降の近刊となっておりますので、詳細を待ちたいと思います。

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

4月 102010
 

ついに読む時が来てしまいました。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 西尾維新
発行元 : 講談社
新書版発行 : 2002.2 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2008.4 講談社文庫

西尾維新先生のデビュー作で、第23回メフィスト賞受賞作。
戯言遣いの「ぼく」を中心として展開する「戯言シリーズ」の第一作でもある。
萌えとミステリーの融和を目指して書かれた物語は、竹先生の鮮美な色彩のイラストと渾然とした鮮烈な印象を持つ。

こんな人にお薦め

  • 深い萌えセカイを徘徊したいあなた
  • ひと味違う。それでもあくまでも本格ミステリな本をお望みのあなた
  • 「うにー」「あうー」とか「僕様ちゃん」(一人称)なんて台詞回しを受け入れられるあなた

ミステリとして,無茶苦茶斬新なトリックが使われているとかではないけれど、独特の世界観とミステリ要素が融合することで、他の作品にはない新しいミステリに仕上がっています。

詳細なレビューはコチラへ!

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

3月 142010
 

今回は何年も積んでいましたコチラの書評です!

霧越邸殺人事件 (綾辻行人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 綾辻行人
発行元 : 新潮社
単行本発行 : 1990.9
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2002.6 ノン・ノベル
発行元 : 新潮社
文庫版発行 : 2005.1 新潮文庫

「館シリーズ」で有名な綾辻先生渾身の本格推理。

信州の山奥の湖畔にたたずむ巨大な洋館「霧越邸」
その大正時代に建てられたという謎めいた洋館で起こる連続殺人事件。

綾辻先生が10年の構想を経て発表した、本格推理のあるひとつの到達点たる作品です。

(Amazon書影は文庫本ですが、ワタシが読んだのは単行本です)

こんな人にお薦め
  • 本格ミステリを本格的に味わいたい気分のあなた
  • いわゆる館ものが好きなあなた
  • 綾辻ワールドが好きなあなた

うーん。

ナイス読み応えでしたよ。
ただし、綾辻先生らしく現実的な論理のみでは量れない作品となっておりますので、そのあたり綾辻先生の作品だということを意識して読まれる方がよいでしょうね?

 

それでは詳しい書評はコチラからどうぞ!

霧越邸殺人事件 (綾辻行人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

 

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ