3月 072010
 

シクラメンと、見えない密室 – 魔女の花だより(柄刀一) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

今回は花に彩られた連作短編集です。
なかなかに奇抜な状況と謎ですが、謎解きの過程は「超人系」ですw

著者 : 柄刀一
発行元 : 実業之日本社
新書版発行 : 2003.10 ジョイ・ノベルス
発行元 : 光文社
文庫版発行 : 2006.11 光文社文庫

様々な花に彩られた喫茶店に持ち込まれた事件もまた花と関わりを持つ。

そんな事件を喫茶店のミステリアスな女主人が鮮やかに解決する短編集。

収録作品
  • 勿忘草のプロローグ
  • 3月 傷とアネモネ
  • 4月 連続殺人とハシバミの葉
  • 5月 シクラメンと、見えない密室
  • 6月 クリスマス・ローズの返礼
  • 7月 オークの枝に、誰かいる
  • 8月 おとぎり草と、背後の闇
  • 9月 夾竹桃の遺言
  • 勿忘草のエピローグ
こんな人にお薦め
  • 花、花にまつわるエトセトラが好きなあなた
  • 奇抜なシチュエーションや謎が好きなあなた
  • 魔法とか魔女に目がないあなた

 

詳しい書評はコチラへどうぞ
SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー
シクラメンと、見えない密室 – 魔女の花だより(柄刀一) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

 

にほんブログ村 小説ブログへにほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ にほんブログ村 IT技術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2月 282010
 

今回はとても優しい物語ながらも、後半は結構生々しいこの作品です。
SF作家で音楽家。
そんな人の書くミステリはやはりひと味違います!

歌の翼に – ピアノ教室は謎だらけ (菅浩江) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 菅浩江
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2003.5 NON NOVEL

SF作家・菅浩江先生の「日常の謎」ミステリ短編集。

街のピアノ教室で子ども達を相手にピアノを教える亮子先生が、彼らの抱える様々な謎を、深い洞察力で鮮やかに解決しながら、自分自身が抱える過去の傷からの脱却へ向かう、連作短編集。

掲載作品
  • 第一話 バイエルとソナチネ
  • 第二話 英雄と皇帝
  • 第三話 大きな古時計
  • 第四話 マイウェイ
  • 第五話 タランテラ
  • 第六話 いつか王子様が
  • 第七話 トロイメライ
  • 第八話 ラプソディ・イン・ブルー
  • 第九話 お母さま聞いてちょうだい
こんな人にお薦め
  • 日常の謎系のミステリが好きなあなた
  • 音楽家の紡ぐミステリ世界を経験したいあなた
  • ミステリで感動してもいいじゃない、なあなた

 

詳しいレビューはコチラからどうぞ

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー
歌の翼に – ピアノ教室は謎だらけ (菅浩江) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ