2月 282010
 

今回はとても優しい物語ながらも、後半は結構生々しいこの作品です。
SF作家で音楽家。
そんな人の書くミステリはやはりひと味違います!

歌の翼に – ピアノ教室は謎だらけ (菅浩江) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 菅浩江
発行元 : 祥伝社
新書版発行 : 2003.5 NON NOVEL

SF作家・菅浩江先生の「日常の謎」ミステリ短編集。

街のピアノ教室で子ども達を相手にピアノを教える亮子先生が、彼らの抱える様々な謎を、深い洞察力で鮮やかに解決しながら、自分自身が抱える過去の傷からの脱却へ向かう、連作短編集。

掲載作品
  • 第一話 バイエルとソナチネ
  • 第二話 英雄と皇帝
  • 第三話 大きな古時計
  • 第四話 マイウェイ
  • 第五話 タランテラ
  • 第六話 いつか王子様が
  • 第七話 トロイメライ
  • 第八話 ラプソディ・イン・ブルー
  • 第九話 お母さま聞いてちょうだい
こんな人にお薦め
  • 日常の謎系のミステリが好きなあなた
  • 音楽家の紡ぐミステリ世界を経験したいあなた
  • ミステリで感動してもいいじゃない、なあなた

 

詳しいレビューはコチラからどうぞ

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー
歌の翼に – ピアノ教室は謎だらけ (菅浩江) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

10月 182009
 

さて今回はSF作家にして音楽家、日舞の名取りと、まさに才媛、お嬢様という言葉がぴったりの菅浩江先生の珠玉の連作短編集です。

著者 : 菅浩江
発行元 : 早川書房
単行本発行 : 2000.7
文庫版発行 : 2004.3 ハヤカワ文庫JA

「ベストSF2000」国内編第一位
「第32回 星雲賞 国内長編部門」
「第54回 日本推理作家協会賞 長編並びに連作短編集部門」
などを受賞した連作短編集。

地球衛星軌道上にある人工の「博物館惑星」で膨大なデータベースと直接接続された学芸員、田代孝弘の元に舞い込むさまざまな芸術、自然にまつわる事件を描いた作品。

詳しくは下のリンクからご覧いただきたいのですが、SFとノスタルジックな雰囲気が非常にうまくまとまっています。
普段SFを読まない人にこそ、ぜひ読んでいただきたい作品です。

 

収録作品
  • Ⅰ 天上の調べ聞きうる者
  • Ⅱ この子はだあれ
  • Ⅲ 夏衣の雪
  • Ⅳ 享ける形の手
  • Ⅴ 抱擁
  • Ⅵ 永遠の森
  • Ⅶ 嘘つきな人魚
  • Ⅷ きらきら星
  • Ⅸ ラヴ・ソング
こんな人にお薦め
  • ふだんSFなんて読まないあなた
  • 芸術に関するリアルな描写が好きなあなた
  • ノクターンの調べのような優しい空気の物語が好きなあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「永遠の森 博物館惑星」 書評ページ