4月 022010
 

現在のところ、話題になった割に浸透してない感が強烈なGoogle Buzz。

なぜでしょう?

思うに、バズは前評判ではTwitterの対抗馬的な扱いをされていたと思うのですが、いざ使おうとしてみるとなんだか取っつきにくい。
140文字という制約を逆手にとって非常に取っつきやすいサービスとなっているTwitterに比べて、とかく敷居が高く感じてしまうのですね。
さらにそこへもってきて、知らないうちに本名や居場所が公開されてしまっていた! なんてことが報道されたりしたモノですから、より一層手を出しづらい雰囲気が……。

要は、事前報道が「Twitter的な気軽なソーシャルメディア」というイメージを作ってしまったけれど、実体が全く違った、というところにバズの第一のつまずきがあるのではないかということです。

でも、それは裏を返せば「バズはTwitterとは違うのだよ!」という風にも考えることが出来るということかも知れない。
というように、とりあえず前向きにとらえることにして、今回はまず「Googleバズって結局なんなの?」と題してお送りします。

Continue reading »