10月 172010
 

みなさんブラウザは何ですか?

ワタシが会社などで周りを観察していると、やはり30代以上でPCに詳しくない方はことごとくIE、要するに買ったときのままのデフォルトであるように思います。実際世界各国のブラウザシェアの統計を取っている StatCounter Global Stats によると2010年9月現在で日本におけるIEのシェアは59.94%と、一年前の66.84%に比べ多少そのシェアを落としているものの、世界平均の49.87%(一年前は58.37%)と比較すると、まだまだIEのシェアが高いことがわかります。

statc_japan拡大できます

もともと日本人がメーカーが提供するもの=みんなが使っているものを安心して使う国民性であるところに、本格的に家庭用PCが普及しはじめた1980年代後半あたりから今に至るまで、ゲーム市場が完全に既製品を楽しむしかできないコンシューマー機に支配されたことと、玩具としての携帯の急発達などの要因が、国民平均としてみたときのPC技能の低さに影響しているものとワタシは思っております。

やっぱり、熱中して何かを覚えるのって、入口は遊び(アダルトコンテンツもそうですけどw)であることが一番効率よいでしょうし。

それはさておき、それでもIEのシェアが下がってきているのは確かです。すると当然、その分のシェアは近年一般的にも浸透してきたFirefoxにいったんだろう、と思うのが人情ですが……先の表を見ていただくとお分かりの通り、伸びているのはGoogle Chromeなのです。

……ということは、IEユーザーがChromeに? と思いたいところですが、必ずしもそうは言えません。すなわち、IEユーザーはFirefoxにも流入しているが、FirefoxユーザーもChromeに流出しているのではないか? ということです。

先の日本人観からするに、今までIEを使っていたタイプの人が移行先として選ぶのは、普通に考えてまずFirefoxではないでしょうか? (少なくとも表面上は)解説なども含み日本語対応もなされていて、ここ数年で日本でも大きくシェアを伸ばしてきたという事実。それに比べてChromeはまだまだマイナーな上に、Googleの伝統通り、Chromeの紹介ページが何とも情報不足かつ不親切ですから、おそらく一般日本人ユーザーにはまだ少々敷居が高いものと思われます。

そして、もうひとつ面白い統計があります。WEB関連の技術情報を発信するアメリカのサイトTechmeme が、発表した、自サイトの訪問者のブラウザ分布の統計です。(2010年10月版)

サイトの性質上、訪問者はWEB関連の技術者や、そうでなくてもPCもしくはWEBに詳しい人が多くを占めているようですが、なんと……!

  • IE : 12%
  • Chrome : 34%
  • Firefox : 30%
  • Safari : 21%

IEのシェアの低さも、Safariのシェアの高さも想定の範囲内ですが、なんとChromeがFirefoxを上回ってしまっているのです!

このサイトのユーザー層を考えると、Firefoxをまったく触らずにChromeを使っている方は少ないと考えられます。そうすると、少々乱暴ではありますが「プロはFirefoxではなくChromeを選んでいる」ともいうことができます。

そんなGoogle Chrome

実際どうなんでしょう? これから先の記事は「発表当時に一度Chrome使ってみたけど、もうひとつだったのでやめちゃった」という方にこそ見ていただきたい!

chromedt01

というわけでいきなりでました、Chrome全景。

やっぱシンプルですよね~。発表当初もとにかく「早くてシンプル」が売りだったような気がします。……が、実はこの状態で、すでにかなりの拡張機能が動作しておるのですよ! が、ちょっとその話は後に回して、ワタシがFirefoxからChromeに乗り換えた経緯を簡単に。

Firefoxの高機能さが好きだったワタクシは、拡張機能(アドオン)を当然導入していったわけですが、入れすぎると重くなるという噂を聞いていたので、結構厳選していたつもりです。導入したのは主に外部WEBサービスとの連携を図る系統のものが多く、中核にGoogleツールバーがあり、ページごとにIEエンジンへの切り替えが可能なIETab、Evernoteとの連携のためのもの、1PasswordのWindows版、MSOnenoteの連携用アドオン、Twitter用のアドオン、Firebugなどでしょうか。あと細かいのが少々あるはずですが。

で、そのようにカスタマイズしたFirefoxは、安定時にはとても素晴らしい使い心地です。クラッシュはそれなりにありましたが、復元もしっかりしているし。

ただ……電源ONのあとの起動が無茶苦茶重いのと、起動後も、複数タブを開いて長時間使っているとどんどんメモリを食っていくので、他のソフトの動作に支障があったところが不満点でした。

そこで、発表当時に一度試したChromeをもう一度冷やかし半分に使ってみたのですが。

サイコーです

  • 早い・軽い・安定

これはもう圧倒的ですな。ワタシは少なくても7~8つくらいのタブは開いたまま、しかもそのうちのひとつではブラウザゲームなどでガンガンFLASHが動いている状態が通常で、その他にiTuneで音楽が流れ、AdobeCSのソフトで作業をしたり、ゲームをしたりと、まさにやりたい放題なのですが、Chromeはまったく動じない。もちろんこれはマシンパワーに依存することですが、少なくともFirefoxではこの状態でしばらく使っているとマシンの挙動が明らかにヤバい感じになってきていましたのでw

ちなみに、上記のような使い方をしているにもかかわらず、使い始めてひと月以上になるのにクラッシュは皆無です。

しかし、Firefox好きの方は、やはり機能面に目が行く方も多いのではないでしょうか?

ところが、先のブラウザ全景写真をもう一度ご覧下さい。右上にアイコン並んでますよね?

これと、元からの本体機能で、今までFirefoxでしていたことの80%くらいはできているのです。下のSSが導入した拡張機能の一覧です。

chromedt

これで、Gmail、Googleブックマーク、Twitter、Delicious、Evernote、Office WEB App(オンラインで編集できるOffice)、その他のSNSやスクラップ系SNS(Tumblrなど)などとの連携は万全で、ほとんどは閲覧だけではなく、WEBページノスクラップなど情報取得にも対応しております。さらに、IETabもあり、高機能なSSアドオンもあります。ちなみに本体のブックマークバーにブックマークレットを入れていますのでGoogle Readerへの情報取り込みもOKです。まあ、アドオン系の大きな弱点は、国産ではないアドオンが多い(日本語環境で使うこと自体は通常問題ない)ことと、1PasswordがまだWindows版のChromeは対応していないこと、日本限定のサービス(Mixiとか)には強いとは言えないことくらいでしょうか?

しかし、WEBサービスも、GoogleはもちろんTwitterやFacebookの台頭を見ればわかる通り、グローバル化の時代です。その流れに乗り遅れていない人であれば問題ないレベルでしょう。1PasswordもMacではChromeに対応していますので、時間の問題でしょうし。

あと、Evernoteを使っている人に朗報ですが、上記SSの中にあるEvernoteアドオンを入れて、オプションで該当箇所にチェックを入れると、Googleの検索結果に自分のEvernoteの中のデータも引っかかるようになりますので、かなりEvernoteの価値が上がります。今までは、Evernoteのデータにアクセスしたければ、結局Evernoteに入らなければいけなかったので、まずは探したい情報がEvernoteにあることを覚えてないといけませんでしたしね。何気なくGoogleで検索したときに、以前スクラップしていたEvernoteの情報が引っかかってくれるというのは、非常に素晴らしい。

あと、特筆すべき点といえば、Chrome内のブックマークはおろか、アドオン本体をもGmailアカウントを通じて他PCにも同期出来るという点でしょう。すんごい便利です。

そして、あえて苦言を呈すると、Chromeはアドレスバーにそのまま検索語を入れて検索をかけることができるのですが、Googleツールバーでは最近の履歴をマウス操作で選択できるのが、こちらではできないので、常に最低途中までは入力しないといけないということでしょうか。そして、検索して飛んだ先で、自分の検索したキーワードへ飛んだり、ハイライトする機能がないということも不便です。

もしかしたら、アドオンで対応しているものがあるかもしれませんが、そもそもGoogleのツールバーでできていたことなので、デフォルトで対応していただきたいものです。

まとめると……

  • シンプルさはもちろん、早さ、軽さを求める人には間違いなくお薦め
  • 機能重視派の方には、Firefoxよりは現状劣りますが、開発者レベルの方が大勢Chromeに移行していることを考えると、先は明るいような気がしますし、現状でも充分お薦めできるレベル
  • 使うWEB上のサービスが国内のものに偏っている人にはあまりお薦めできない
  • 同じく日本語で説明していないものは使う気になれないという人にもお薦めできない(ただし、Chrome本体は完全に日本語化されているので、これは拡張機能の話です)

まあ、しばらく見ていないうちにかなり進化したように思います。

とりあえずは使ってみることをお薦めします。

Google Chrome OS ~最新技術と戦略を完全ガイド~

新品価格
¥2,520から
(2010/10/17 21:15時点)

 にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Tipsへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

8月 232010
 

私が運営しているサイトに、ミステリ書評やPCゲームレビューを書いている「SIDE_FLIP あかずの書斎」というサイトがあります。

元のサイトはXHTML+CSS で作成していたのですが、新サイトはこのブログと同じWordpressで作成しているので、コンテンツ移行が手作業です。

なかなか死ねます。

一応自分なりに工夫をして効率化をしております。

私はブログ投稿にWindowsのLive Writer を使っています。カテゴリ、タグ指定やスラッグ指定にトラバ、pingまでほぼ完璧なので、ブログ投稿にはこのソフトが欠かせません。

しかし、元サイトが独自のCSS設定をしてデザインをしていたのをある程度流用したいのですが、classにCSS設定をしているケースが多いので、そうなるとLive Writerの場合、ソースにいちいち直接クラスを書き込まないといけないので、ちょっと煩雑すぎます。

また、これは今までにも思っていたのですが、Live Writerの場合、テンプレート機能がないので、同じ構成の記事を多数投稿するにも少々不便です。でなくても、アフィリエイトやブログランキング用ボタンなどを毎回挿入するのも結構めんどくさかったりいたします。

そこで、この機会にDreamweaver とLivewriter の連携を試してみました。

まず、Dreamweaver側でテンプレートを作成します。これを新サイトとして登録しておき、同サイト内にWPのCSSファイルをローカルに落としておいてリンクさせることで、DW上で独自クラスなども簡単に指定できるので便利です。

通常はサイト登録をしたら、アップロードのための設定もするのが普通ですが、今回はその必要はありません。

で、記事を基本的にDW上で書いたあと、そのソースをそのままLivewriterにコピーして、カテゴリなどの設定をした後にアップロードするだけです。

この手順は、新記事を書く時のものですが、旧記事の移行の際も、このテンプレに沿って元記事からコピペしていくことで、かなり機械的に楽にできます。

一つ一つの記事が独立しているブログならよいのですが、書評/レビューサイトということで、記事ごとのフォーマットや書式を統一感のあるものにしたいわけです。そうすると、例えば文字の強調や、ネタバレ注意の書式など、どうしてもタグに対するCSS指定だけでは追いつかない場面が出てきますので、独自クラス指定が楽にできるDWを使うのがとっても便利なのですね。

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Tipsへ ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン

7月 252010
 

っていうか、このブログのことです。

ちまちまちまちま記事を重ね、ようやく検索エンジン経由のご来訪者も増えてきたところですが、サイトを密かに移転してしまいました。

WordPress3の導入に際して自分のドメイン内でのサイト構成を考えた末のことですが。

※ この記事は、単純なHTML(+CSS)で構成されたサイトの引っ越しや、同じブログシステム間での引っ越しの場合が対象です。異なるブログサービス間での引っ越しには使えないと思いますのであしからず。

(以下、旧記事のアドレスはリダイレクト設定済なので、クリックしても新サイトが表示されます)

旧アドレス

http://blog.flip365.net/ 

新アドレス

http://flip365.net/

で、上記のアドレス以下に各記事のアドレスが付くわけですね。

例えば http://blog.flip365.net/2009/11/29/muramasa_review/のような感じですが、そのそれぞれの旧記事にアクセスがあった時に、新サイトの同じ記事にリダイレクトしたいわけです。

なんだかMETAタグに記述するとか方法はあったのですが、これだけでOKでした。

旧サイトのルートディレクトリにある.htaccess ファイルに以下のように書き込むだけ。

Redirect permanent / http://flip365.net/

permanent のあとの 「/」は、ルートディレクトリだからそうなっているだけで、例えば元サイトが、サブディレクトリ「aaa」に置いてあるのなら、「permanent/aaa」となるわけです。

これで、旧サイトのすべての記事が、新サイトの「flip365.net」以下の同じアドレスの記事にリダイレクトされます。逆に言えば、旧サイトと新サイトのディレクトリ構成が異なる場合、この手は使えません。

このブログはWordpressで作られていますので、管理画面の「パーマリンク設定」で、同じタイプのアドレスを選んでおくとよいでしょう。

ですからHTMLによるサイトや同じブログシステム間の移行なら非常に楽なのですが(同じディレクトリ構造で引っ越せばよいので)、例えばレンタルブログから他のブログに移行する場合などはディレクトリ構造が異なってしまうでしょうから、この方法は使えません。(レンタルブログだと.htaccessをそもそもいじれないかもですが)

にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Tipsへ ブログランキング・にほんブログ村へ

7月 182010
 

WordPressでは、サイドバーに自分のでも他人のでもブログ記事のRSSを掲載することはウィジェットで可能ですが、記事の中にRSS一覧を掲載するのってどうすれば良いんだろう? なんか良いプラグインないかな~、と思って探していたのですが。

よくよく考えるとプラグインである必要性が全くないことに気付きましたw

基本的すぎて涙が出てきます。

そうです。

ブログパーツなるものがたくさん出回っているではありませんか!

そこで探してみたのですが、これがオススメ!

RSS表示用ブログパーツ | FeedWind

表示のカスタマイズが細かくできるのはありがたいですが、そのBOXサイズを縦横自由に編集できるところ、表示文字数を設定できるところが特に便利です。ブログパーツって基本的にサイドバーに表示することを念頭に置いていることが多いので、BOXサイズが変更できないと、いかにもサイドバー用のヤツを本文に貼り付けましたって感じになってしまうんですよね。

で、ワタシが運営する別サイトのトップページに、自サイトの最新記事のRSSを表示させてみました。(拡大できます)

20100718102346

ページ中心左側の薄緑の部分がそうです。

ちなみに、それぞれの記事タイトルと一緒に、概要も表示できるのですが、この場合は自サイトの最新更新情報を流しているだけなので、表示しないように設定しております。

別に目新しい情報ではなかったのですが、どうもWPを使っていると、何でもかんでもプラグイン! ってな意識になってしまうので、ちょっと書いてみました。

ちょっとだけ宣伝。

上のSSのサイトは本格ミステリの書評やPCゲームのレビューなどを掲載しています。(2010年7月18日現在では、旧サイトからのコンテンツ移行作業中ですが)
よかったら見てみてくださいね。

SIDE_FLIP あかずの書斎


にほんブログ村 IT技術ブログへ にほんブログ村 IT技術ブログ Tipsへ ブログランキング・にほんブログ村へ

5月 052010
 

とにかく新しいモノと見たら飛びつくワタシです。

しかもiPhoneを持ってから、いろんなサービス間の連携を図る上で、海外のサービスを活用しないとダメダメであると実感してきたので、より一層いろんなサービスを試しまくっています。(例えば、Twitterと連携できるサービスやソフトは山ほどあるが、Mixiボイスやアメーバなうなどと連携しているサービスは少ないですよね?)

しかし、色々試しすぎてごちゃごちゃになってきたので少しまとめてみようと思います。

なぜ、そのサービスを利用しているのかも書きますので、良かったらご参考にして下さいね。

iPhoneを持ってから便利さを実感したサービスもありますので、iPhoneの方にも良いと思います。

※ 今回紹介したものの多くは、英語サービスだったり、マニュアルが不親切(Google!お前のことだ!)だったりして、一見敷居の高そうなものも多いです。が、どれも慣れてしまえば手放せないレベルのサービスばかりです。もしご要望があれば、個別に基本的な使い方の特集記事を書いたりするかも知れませんので、ご希望の方はコメントお願いします!

では、以下長文ですが、お付き合いください!

Continue reading »

4月 112010
 

おおお。

どんなモンでしょうかね?

Adobe Contribute

高いだけのことはあるのか?

設定は簡単でした。
りんくはどうかな?

まあ、普通にできますが、Target要素の選択はできないのかな?

テキストをいじるのはそれなりに快適


ん?
タグが記事のトップに表示されたぞ?

さすがに高機能のようで、添付ファイルもいろんな形式が可能みたいだし、細かい設定もできそうだ。

動画は各種ムービーやSWFがOKで、PDF、MSOfficeドキュメントなんかも添付OKみたい。

そもそもブログに特化したソフトじゃなくて、各種ホームページの簡易編集ツールなので、設定項目はブログ投稿ツールよりも充実しているようです。

ただ、細かいことですが、Wordpressのカテゴリ階層が反映されない。
全てのカテゴリは表示されるし、複数カテゴリを選ぶことも可能ですが、階層に関係なく全カテゴリが並列に表示されます。

まだとりあえず使ってみた段階なので、断定は避けますが、通常の文章主体のブログ記事投稿なら、Windows LiveWriter の方が使い勝手いいかな?

ただ、固定ページの作成、編集にはイイかも。

……ってか、ここに来て気付いたけれど。
ソース表示はどうするん?
挿入メニューの「HTMLスニペット」か?
とりあえずAmazonのiframeを入れてみよう。
この下に表示されていなければ間違いだ。

どうかな?
表示されたかな?

あ。iframeがダメだったんだ……。

(ちなみに投稿後は表示されていましたが、この記事のWordpressの編集画面に行った際に、強制的に消されました。したがって、HTMLスニペットを使うという方法自体は正しかったということです。)

ふぅむ。
やはりブログ特化型ではないので、ブログ投稿に頻繁に使う機能ばっかりが前面に出ているわけではないのね。

やっぱり文章主体の普通のブログにContribute様ほどのものを使うまでもないってかんじかなぁ?

まあ、通常のWEBページノ編集も含め、高機能であることは確か。
ただ、よくよく考えればこれってサイト管理者が複数の編集者を管理して、編集者が簡易的に自分の編集すべき場所を編集できるようにするツールだったような気がしてきた。

管理者が一人の我がサイト達で使うものではない……のか?
ブログ記事なら上述の通りLiveWriterでOだし、普通のWEBページならDreamweaverで決まりだし……。

いや、でもやはりブログ的接続でWEBページ的構成をつくるWordpressの固定ページ編集には威力を発揮……しそうなそうでもないような。
まあ、いずれまた気が向いたらやってみます。

4月 022010
 

現在のところ、話題になった割に浸透してない感が強烈なGoogle Buzz。

なぜでしょう?

思うに、バズは前評判ではTwitterの対抗馬的な扱いをされていたと思うのですが、いざ使おうとしてみるとなんだか取っつきにくい。
140文字という制約を逆手にとって非常に取っつきやすいサービスとなっているTwitterに比べて、とかく敷居が高く感じてしまうのですね。
さらにそこへもってきて、知らないうちに本名や居場所が公開されてしまっていた! なんてことが報道されたりしたモノですから、より一層手を出しづらい雰囲気が……。

要は、事前報道が「Twitter的な気軽なソーシャルメディア」というイメージを作ってしまったけれど、実体が全く違った、というところにバズの第一のつまずきがあるのではないかということです。

でも、それは裏を返せば「バズはTwitterとは違うのだよ!」という風にも考えることが出来るということかも知れない。
というように、とりあえず前向きにとらえることにして、今回はまず「Googleバズって結局なんなの?」と題してお送りします。

Continue reading »

1月 042010
 

たいした設定無しで、おしゃれなポップアップPhotoを演出できるWordpressプラグイン「FancyBox
Lightbox2などのように<a>タグ内の属性指定の必要もなく、管理画面以外から投稿した記事の写真も自動でポップアップさせてくれるという優れものです。

では、Live WriterからFlickr Imageプラグインを使ってFlickr内の写真を入れるとどうなるか試してみようと思います。

the western skies in the end of year

こちらはデフォルトのまま。

画像にFlickrの該当ページへのリンクが貼られていますので、当然そちらへ飛んでしまいます。

これで、Flickr内の写真がポップアップで出てきたら最高なんですけどね~。

ただ、Flickrの該当ページには色々写真の情報やdescriptionがあったりするので、人によってはその方が好ましいかも知れません。

The JIZOS

こちらは上と同じようにFlickrから貼り付けてから、画像を指定しての右側のメニューから、リンク先をFlickrの該当ページではなく、イメージファイルそのものに設定しました。

すると、見事にFlickr内の元画像がポップアップで表示されました。

めでたしめでたし。

ちなみにLive Writerお得意の写真表示の特殊効果はFlickr写真には使えないようです。

ちょっとだけ残念。

でも、完全に実用的です。

12月 052009
 

WordPressに押されっぱなしのMovabletypeの命運をかけた? version5がついに正式リリースされましたので、新しもの好きのわたしはとりあえず入れてみました。

20091205214406

 

導入は対話式インストーラーのおかげで、非常に楽。

……だったのですが、新規作成したブログを見てみると、CSSが全く反映されていない。

なぜだ……。

Continue reading »

9月 122009
 

このBlogはmovabletype4で運用していたのですが、(※注 : 執筆時はMTでしたが、現在はWordpressにて運用しています)常にもっと使いやすいものがないか探求中です。
で、やはり今やXOOPSなどに代表されるCMSツールを使ってインタラクティブなサイトを作りたいと思うのは漢の性。で、今回Geeklogというツールを実験的に導入してみましたので、他のツールと比べた簡単なレビューをお届けします。

今までの主なツール遍歴 

といっても、2009年7月のサーバートラブルにより、だいぶん閉鎖してしまいました。

私のメインサイト「SIDE_FLIP あかずの書斎」 → ちょっと前までPukiwikiで運営していました。現在は通常のXHTML + CSSスタイルに移行。

個人的ポータル&実験サイト「SIDE_FLIP Terminal」 → 現在XOOPS Legacyで運営中。

メインブログ「SIDE_FLIP blog」 → FC2 blog(レンタル)で運営中。

SIDE_FLIP PC-Tips → Movabletype4で運用していました。この記事も元はこのブログに掲載していたものです。

鯨統一郎ファンサイト「くじら学習塾へようこそ!」 → 同じくMovabletype4ですが、静的Webページや、コミュニティソリューションを利用して、掲示板を作ってみたりして運営していました。

Continue reading »