5月 052010
 

とにかく新しいモノと見たら飛びつくワタシです。

しかもiPhoneを持ってから、いろんなサービス間の連携を図る上で、海外のサービスを活用しないとダメダメであると実感してきたので、より一層いろんなサービスを試しまくっています。(例えば、Twitterと連携できるサービスやソフトは山ほどあるが、Mixiボイスやアメーバなうなどと連携しているサービスは少ないですよね?)

しかし、色々試しすぎてごちゃごちゃになってきたので少しまとめてみようと思います。

なぜ、そのサービスを利用しているのかも書きますので、良かったらご参考にして下さいね。

iPhoneを持ってから便利さを実感したサービスもありますので、iPhoneの方にも良いと思います。

※ 今回紹介したものの多くは、英語サービスだったり、マニュアルが不親切(Google!お前のことだ!)だったりして、一見敷居の高そうなものも多いです。が、どれも慣れてしまえば手放せないレベルのサービスばかりです。もしご要望があれば、個別に基本的な使い方の特集記事を書いたりするかも知れませんので、ご希望の方はコメントお願いします!

では、以下長文ですが、お付き合いください!

Continue reading »

5月 052010
 

Powered by Twitter Tools

5月 042010
 

稀覯人の不思議 (二階堂黎人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

今回は、「手塚治虫」+「古本収集」×本格ミステリな珍品なこの作品をお届けします。

著者 : 二階堂黎人
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2005.4 カッパノベルス
文庫版発行 : 2008.10 光文社文庫

ライト感覚が売りの水乃紗杜瑠(みずのさとる)シリーズ、学生編第3作。

「手塚治虫」「古本収集」を中心に据えた蘊蓄と物語を、自身手塚治虫と古本マニアの二階堂先生がマニアックに、しかも本格ミステリとして描いた作品。

こんな人にお薦め

  • 手塚治虫好きなあなた
  • マニアな世界が好きなあなた
  • それでもやっぱりミステリは本格命なあなた

なんというか、一読するとミステリというより手塚治虫と古書収集の蘊蓄本です。

しかし、二読するとやっぱり二階堂先生らしい王道の本格ミステリなのです。

読む価値ありですよ!

 

詳細なレビューはこちらから!

稀覯人の不思議 (二階堂黎人) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

 

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ