5月 282010
 

好きな作家さん、好きなシリーズなのですが、今回はちょっと誉めてばっかりもいられない……。

今宵、バーで謎解きを (鯨統一郎) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 鯨統一郎
発行元 : 光文社
新書版発行 : 2010.4 カッパ・ノベルス

バー「森へ抜ける道」に集うヤクドシトリオの三人と桜川東子(はるこ)の安楽椅子探偵型短編集第三弾。

海外童話、日本昔話に続き、今回はギリシア神話とミステリのコラボレーションに桜川東子が挑む。

収録作品

  • 第一話 ゼウスの末裔達
  • 第二話 アリアドネの糸
  • 第三話 トロイアの贈り物
  • 第四話 ヘラクレスの棺
  • 第五話 メデューサの呪い
  • 第六話 スピンクスの問い
  • 第七話 パンドラの真実

こんな人にお薦め

  • 安楽椅子探偵物が好きなあなた
  • ギリシア神話が好きなあなた
  • ワインとチーズと昭和うんちくに目がないあなた

せっかくの桜川東子シリーズなのに、新解釈がないっていうのは残念なのですよ。

あと、もっと桜川さんの描写を。

詳細なレビューはコチラへ

今宵、バーで謎解きを (鯨統一郎) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

 

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*