5月 052010
 

とにかく新しいモノと見たら飛びつくワタシです。

しかもiPhoneを持ってから、いろんなサービス間の連携を図る上で、海外のサービスを活用しないとダメダメであると実感してきたので、より一層いろんなサービスを試しまくっています。(例えば、Twitterと連携できるサービスやソフトは山ほどあるが、Mixiボイスやアメーバなうなどと連携しているサービスは少ないですよね?)

しかし、色々試しすぎてごちゃごちゃになってきたので少しまとめてみようと思います。

なぜ、そのサービスを利用しているのかも書きますので、良かったらご参考にして下さいね。

iPhoneを持ってから便利さを実感したサービスもありますので、iPhoneの方にも良いと思います。

※ 今回紹介したものの多くは、英語サービスだったり、マニュアルが不親切(Google!お前のことだ!)だったりして、一見敷居の高そうなものも多いです。が、どれも慣れてしまえば手放せないレベルのサービスばかりです。もしご要望があれば、個別に基本的な使い方の特集記事を書いたりするかも知れませんので、ご希望の方はコメントお願いします!

では、以下長文ですが、お付き合いください!

メール

元々はプロバイダがYahooだったので、ずっとYahooメールを使ってました。

が、やはり今はGmailでしょう!
これはGmailの使い勝手もさることながら、Googleの各種サービスと一体化して使えるのがとにかくポイントです。
もう中国では暮らせません。

また、Googleの開発力によるサービスの迅速な進化も魅力です。

ただ、ネットにあまりなじんでいない人にはYahooの方が分かり易いとは思います。

あと、せっかく独自ドメインを持っていますので、自分が運営しているサイトに合わせたメアドや、すてメアドなどを作ってはいますが、管理はGmailで一括管理しています。

ブログ系

基本はWordpressです。
レンタルサーバを借りてインストールできる程度の知識があれば、基本的なサイト構築は簡単ですし、当然カスタマイズは思いのままです。
やはり出来合いのものとは愛着が違いますよね。

ちなみに少し前まではMovabletypeも使っていましたが、プロユースとしては知りませんが、素人が使いこなすにはカスタマイズも難易度が高く、オススメできません。
また、CMSツールのGeeklogも使っていましたが、やはりある程度詳しい人でないと自由に運用するのはむずかしいと思います。そもそも日本語での情報量が少ないですしね。

WordPressの利点

  1. テーマ(デザイン)が豊富に配布されていて、導入も簡単
  2. テーマのカスタマイズは能力に合わせて自由にできます
  3. 追加機能のプラグインが豊富で、導入も簡単
  4. 本体やプラグインのアップデートが簡単。これは熟練者でない方が、独自インストールタイプのブログシステムでサイト運営をする上でとても重要です!
  5. 固定ページ機能も装備されているので、ブログに留まらず、通常のサイト構築も可能 (一例として、ワタシが運営しているこちらのサイトをご覧下さい → – 立川こしらと古原奈々のこしらにフルな!? ファンサイトNEO

WordPressの弱点

  1. 自分でサーバー(レンタルサーバー)などを準備して導入する必要があります
  2. トラブルに自分で対処しないといけないです
  3. レンタルサーバーを借りている場合、状況によって移転を考えなくてはならない。もちろん移転作業もご自分で。
  4. 検索にはよく引っかかるが、ブログサービス内で簡単に読者を得るような仕組みは、当然、ない。

激オススメレンタルサーバ

管理人もずっと使ってます!

レンタルサーバー Xserver

月1,050円で容量20GBで、メアド、FTPアカウント、ドメイン、サブドメインは無制限、MySQLも30個まで作成可能と、はっきりいって無敵です。

また、Wordpress、Movabletype、Pukiwiki、Xoopsなどの自動インストールもOKで、PHPなどの運用の自由度も抜群です。

ここでこんなにオススメするのは、優れているからなのですが、大切なのは「優れているから運営も安定しているだろう」ということです。

上に書いた通り、サービスが不安定だったり、レンタルサーバ会社がつぶれたりすると、否応なしに移転しなくてはなりません。だから、良いレンタルサーバ会社を選ぶことはとても重要なのです!

間違えても、安さだけが取り柄のようなところは選ばない方がよいでしょう!

あと、アメブロは登録だけしてまだ使っていませんが、テストくらいはしてみようと思っています。
なかなかコミュニティが活発なようですので。

それと、以前使っていたのですが、機能面でいえばFC2ブログはかなり良いと思います。

プロフ

iddy

自分のWEB上での活動を集約するのに便利なサービスですが、まあ自己紹介ページということで、自分の運営しているサイトからリンクしたらいいのでしょうね?

プロフィールなどの他、各種ブログのRSSやFlickrの表示にも対応しています。

写真管理

プライベート(身内、知り合いとの共有など)

一般公開用

オンラインアルバムサービスについては、こちらの記事で詳細に分析していますのでご覧下さい。

オンラインアルバムを比較した – SIDE_FLIP blog

ただ、今回プライベート用にPicasaを入れているのには訳があります。

上記記事を書いた時には気付いていなかったのですが、Flickrは会員「外」の特定の方「だけ」に写真を共有することはできないので、例えば知人達とのパーティの写真を参加者だけに閲覧できるようにする、ということがやりにくいのです。

参加者にFlickr会員になってもらえればできないこともないですが、そもそも英語サービスの上、米国Yahooアカウントも必要なのでむずかしいですよね。

そこで、Picasaです。

パスワードロックではありませんが、公開範囲を限定すると認証キー付きのURLが発行されるので、それが記載されたメールを送付すればOKです。
もちろんメール送信はGmailとシームレスですので、やっぱりGmailはあった方がいいですね。

なお、この公開範囲の限定ですが、認証キー付きとはいえ、そのアドレスを入力すれば誰でも見れてしまいますので、ご注意を。一応さらにセキュリティをあげるために、Gmailでのログインも必須にできます。

SNS

  • mixi
  • Facebook

まあ、やっぱりmixiですよね。

コミュニティは規模が命。多くは語りません。

FacebookはMyspaceとならんで世界最大規模のSNSということで登録してみました。
……やっぱり日本ではまだまだのようです。
でも外人さんは積極的なのか、よくフレンド登録依頼が来ますが、おそらく自分のフレンドのフレンドに対して依頼を送っているのでしょう。
やたら中国、香港のフレンドが増えてしまいました。
で、よくアプリ(Mixiアプリみたいなもの)のご招待をいただくのですが、当然それも海外版のものが多く、困り気味w

つぶやきなど

まあ、TwitterはOKですよね?

とにかくいろんなサイトやサービスと連携しまくってます。
iPhoneの大辞林アプリからもつぶやける……って! もうわけがわかりせん。

ワタシの場合は、直接つぶやくこともあれば、ブログやTumblr、Flickrなどの更新情報も配信されるようにして使っているほか、面白いところでは、ラジオのファンサイトのコミュニティをTwitter上で作っていたりします。
もちろん別アカを作って運用しています。

参考までに、ここがそのコミュニティです。

立川こしら&古原奈々友の会 (koshira_fan) on Twitter

で、FriendFeedも似たようなサービスですが、ワタシはTwitterやFlickr、Googlereader、はてぶなどでの自分のアクティビティを集約しておく器になっていますね。
少なくともFFから発信することはないです。

また、Googleバズですが、対Twitterの本命として登場しましたが、使ってみると全くの別物ですね。
これも、他のブログやサービスでの更新記事が自動配信できるのですが、文字制限がないので、記事がそのまま転載されますし、画像や動画もそのまま掲載されます。(画像はもちろんサムネですが)

今のところそんなに活用できてませんが、今後の展開によっては面白いことになるかもと思うので、一応使い続けるつもりです。

ソーシャルブックマーク ・ オンラインブックマーク ・ オンラインRSSなど

Googleブックマークはいわゆるお気に入り。
サイト自体をお気に入り登録したい時に使っています。
これを使う時は、Googleツールバーがほぼ必須。なければ、Googleの該当ページで閲覧することになりますが、お世辞にも使い勝手が良いとは言えません。
ですので、マイナーなブラウザを使う人にはお薦めできないかもです。

ただし、Googleツールバーさえあれば、マジ便利。
このためにツールバーを導入しても損はしませんよ!

で、以外と便利なのがGoogle readerです。

もちろん基本RSSリーダーなので、ブログなどの更新記事をチェックするのが主な用途なのですが、実は「メモ」機能が秀逸なのですよ。

20100505174613

※ 画像はぼかしてます

ブックマークがサイト自体を登録するモノなら、メモ機能はサイトの中でたまたま有用なコンテンツに出会った時に、そのコンテンツ(ページ)を登録しておくものなんですが……チョー便利!!

上の画像を見ていただければ、ぼやけていてもGmailのインターフェースと似ているのはおわかりいただけると思います。
閲覧しやすいのはもちろんですが、登録するにもブックマークレットなどが出回ってますし、とにかく快適です。

またいずれ詳細は紹介いたしますが、とにかくGoogle reader は使うべきです。
iPhoneなどでの対応アプリにも秀逸なものがありますので、その観点からもオススメです。

また、Firefoxをお使いであれば、Read It Later :: Add-ons for Firefox を導入することで、オフライン閲覧の神サービス「Read it later」ともワンタッチで連携がとれるようになります。
これは特にiPhone使いの皆様には重宝すること請け合いです。

あと、いわゆるソーシャルブックマークのはてぶとdeliciousについては、試験運用中です。

その他情報共有系

著作権の敵、Tumblrです。

何でも収集です。
画像なんかもそのままTumblr上で見られます。
pixivからも、ガンガンイラストが流れてきてます。

しかも、コメントも無しでとにかくどんどん収集するのが一般的な使い方になっている感じですのですが……以外と楽しいから困ってしまうサービスですw

う~ん。
ちょっと説明しにくい。

まあ一度使ってみると良いです。
でも、初めのうちは面白さがわかりにくいかも知れません^^;

読書系コミュニティ

自分の読んだ本、読みたい本などをどんどん登録できるサービスです。

読み終わった本の累積ページ数がグラフ表示されるのがなにげに嬉しかったり。

あと、読んでいる本や、読み終わった本を表示するブログパーツも準備されており、私は書評サイトでそれを使わせていただいております。(下のリンク先、サイトの左サイドバー下の方をご覧下さい)

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

……え?

読書メーターにもiPhone アプリでたんか!?

20100505181858

創作系コミュニティ

deviantart。それはとっても巨大なクリエイターズコミュニティ。(英語)

やはり英語サービスだと日本での知名度は一気に落ちるようです……が!!
スゴイッスよ?

絵や写真だけではなく、もうあれもこれも(手抜き)WeB上で公開できるありとあらゆるアートが公開されています。

コミュニティとしても活発で、ワタシもつたない写真やイラストなどをほんの数点投稿したのですが、きっちりコメント(英語)がついてきたり、お気に入り登録してくれたり。

また、外人さんが描く、日本アニメ風のイラストも多くてそれはそれで楽しいです!

でも、やっぱりアニメ絵はPixivですよねぇw
コミュニティとしては断然deviantARTの方が巨大ですが、下手くそにとっては、なぜかpixivの方が投稿するのに敷居が高い気がいたします。

そして、多少小説を書いたりするワタクシになくてはならないのが「小説家になろう」です。
ここもコミュニティが大きいので、作品を読んでもらいやすいという点で、素晴らしいです。

でも、ワタシはまだここに投稿したことはありません。
今、投稿用の小説を書いてます。

オンラインストレージ

これは、まさに両雄ですね。
どちらも、自分のPC上でファイル操作をする感覚でオンラインにあげたり、オンラインからファイルを持ってくることができるのが秀逸です。

Dropboxは基本的に、オンラインにあげたデータはローカルにもあり、常に同期がとられている状態になります。
sugarsyncの方も同じ運用方法が基本ですが、ネット上のみにファイルを保存しておくこともできます。

機能的にはsugar syncの方が多機能な感じですが、dropboxはiPoneの神アプリ「GoodReader」に対応しているのが素敵すぎます。
まあ、両方使えばいいじゃないってことで。

単なる倉庫としてなら、他にもよいサービスはあると思いますが、複数のPCで同期しながら気軽にファイルを使えるこの二つは、ワタシにとってもう欠かせません。
工夫次第でいくらでも便利に使えます。
(スケジュールソフトのスケジュールデータ本体を入れておけば、会社と家どちらでいじっても、常に両方で最新の状態に同期されたり、とか)

オンライン文書管理

  • Google ドキュメント

これも、今まではあまり使ってませんでしたが(だって普通にWordとかで文章作ってオンラインに上げればすむ話なので)、iPhoneを使うようになって、俄然重要になってきました。

なぜならば、iPhoneのメモアプリなどでは、このGoogleドキュメントを使って同期をとったり、バックアップをとったりという機能を持っているものが多いからなのです。

そういう意味で私はサブ的用途にしか使っていませんが、なくて困るのは確かです。

う~む。

まだあるような気がしますが、今のところメインで使っているのはこんな所でしょうか?

また、カテゴリごとに詳細なレビューが出来ればと思っております。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*