4月 102010
 

ついに読む時が来てしまいました。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

著者 : 西尾維新
発行元 : 講談社
新書版発行 : 2002.2 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2008.4 講談社文庫

西尾維新先生のデビュー作で、第23回メフィスト賞受賞作。
戯言遣いの「ぼく」を中心として展開する「戯言シリーズ」の第一作でもある。
萌えとミステリーの融和を目指して書かれた物語は、竹先生の鮮美な色彩のイラストと渾然とした鮮烈な印象を持つ。

こんな人にお薦め

  • 深い萌えセカイを徘徊したいあなた
  • ひと味違う。それでもあくまでも本格ミステリな本をお望みのあなた
  • 「うにー」「あうー」とか「僕様ちゃん」(一人称)なんて台詞回しを受け入れられるあなた

ミステリとして,無茶苦茶斬新なトリックが使われているとかではないけれど、独特の世界観とミステリ要素が融合することで、他の作品にはない新しいミステリに仕上がっています。

詳細なレビューはコチラへ!

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (西尾維新) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*