2月 062010
 

今回はこれ!

著者 : 高田崇史
発行元 : 講談社
新書版発行 : 2000.1 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2003.9 講談社文庫

歴史マニアの桑原崇(くわばら たかし)とその後輩棚旗奈々(たなはた なな)の薬剤師コンビが歴史の謎にまつわる事件の謎に迫るシリーズ第三弾。

今回は趣向を変えて、シャーロックホームズの隠された謎に迫る。
QEDシリーズにしては、本格ミステリ成分比率が高い作品。

こんな人にお薦め
  • シャーロックホームズが好き(すぎない)あなた?
  • 堅苦しそうなQEDシリーズ入門編をお探しのあなた
  • シャーロキアンの世界を覗いてみたいあなた

詳しい書評はコチラからどうぞ~

QED ベイカー街の問題 (高田崇史) 書評 – SIDE_FLIP あかずの書斎

SIDE_FLIP あかずの書斎 – ミステリ書評とPCゲームレビュー

にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 小説ブログ ミステリー・推理小説へ ブログランキング・にほんブログ村へ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*