1月 032010
 

歴史ミステリといえばこのシリーズ、高田崇史先生の「QED」シリーズ。

今回は第2作のこの作品です。

著者 : 高田崇史
発行元 : 講談社
新書版発行 : 1999.5 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2003.3 講談社文庫

歴史マニアの桑原崇(くわばら たかし)とその後輩棚旗奈々(たなはた なな)の薬剤師コンビが歴史の謎にまつわる事件の謎に迫るシリーズ第二弾。

今回は七福神と六歌仙に隠された真実と現代の殺人事件が見事に融合。

前作がマニアック&古文上等すぎてもう一つだった方にもお薦めできる逸品です。

こんな人にお薦め

  • 歴史ミステリが好きなあなた
  • 古文は苦手だけど歴史には浪漫を感じるあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「QED 六歌仙の暗号」 書評ページ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*