11月 152009
 

「最後の一行」が話題なような、そうでもないような、この作品です。

著者 : 森博嗣
発行元 : 講談社
単行本発行 : 1999.9 講談社ノベルス
文庫版発行 : 2002.11 講談社文庫

瀬在丸紅子・保呂草潤平・小鳥遊練無・香具山紫子の4人組が事件に挑むVシリーズ第2作。

本作から紅子さんの元夫の現愛人、祖父江七夏さんも登場。

正直事件としては、ちと微妙。
でも、その分他の仕掛けで楽しめます。
しこさんは相変わらずサイコーです。

 

こんな人にお薦め
  • シリーズを通してつながりのある構成が好きなあなた
  • ミステリには入り組んだ人間関係が必要だというあなた
  • 関西弁=がさつ。でもそれがいい!と言えるあなた

この作品の詳しい書評はコチラ↓
SIDE_FLIP あかずの書斎
「人形式モナリザ Shape of Things Human」 書評ページ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)


*